鳥取発地域ドラマ
「ちょっとは、ダラズに。」

初回放送

2014年1月29日から放送[全1回]
午後10時  BSプレミアム

ストーリー

シングルマザーの真帆(26歳)は、東京で働く看護師。
女手ひとつで自分を育ててくれた母を手本に、仕事も家事も育児も、生真面目に頑張ってきた。しかし、一人娘の愛歌(6歳)は病気がちで、真帆は職場の同僚へ迷惑をかけてばかり…。
ある日、鳥取県米子市にある大学病院が、働くお母さんに対して手厚い支援を行っていることを知る。わらにもすがる思いで、真帆は縁もゆかりもまったくない米子へやってくる。

だが、そこは「きっちり生きよう」とする真帆とは180度違う大胆かつチャレンジ精神旺盛、人生を楽しく生きることこそが第一という“ダラズもん”(何事にも前向きに挑戦する人、自由かったつで開放的な人)ばかりの町だった。
一見、向こう見ずだが人情味あふれる米子の“ダラズもん”との心の交流を通して、女性として母親としてシングルマザーの真帆は、いったいどうなる!?
今も色濃く下町情緒豊かなたたずまいを残す米子市の風景と共に描く。

キャスト

若水真帆(黒川智花)
尾関昭二(古谷一行)
淀江充子(森 昌子)
若水愛歌(小林星蘭)
杉原幸三(竜 雷太)

脚本・主題歌など

【原作・脚本】
安田真奈
【音楽】
やまだ豊

ページトップへ