特集ドラマシリーズ
「破獄」

初回放送

1985年04月06日(土)放送
午後9時  

ストーリー

戦前から戦後にかけ無期懲役で服役するうちに、脱獄不可能と言われた網走刑務所をはじめ、4度にわたり脱走したある囚人の一生を描いた長時間ドラマです。

もっと読む

各回のあらすじ

昭和11年、雪の降りしきる青森刑務所に一人の無期懲役囚が入所しました。男の名は佐久間清太郎(緒形 拳)。素裸にされ入所検査をされる佐久間は、看守の鈴江(津川 雅彦)に激しく抵抗し、手荒く取り押さえられます。この日から佐久間と鈴江の長い戦いの日々は始まりました。そしてある夜、佐久間は独房から忽然と姿を消します。
このドラマの原作となった吉村昭の小説「破獄」は、昭和20年を前後して脱獄を繰り返した、実在の囚人の話をもとに書かれました。吉村氏は、囚われるものと、それを監視するものの人間関係を通して、戦中から敗戦を特殊な視線で見つめることに創作意欲をかき立てられたと言います。

キャスト

佐久間清太郎(緒形 拳)
鈴江圭三郎(津川雅彦)
マキ子(中井貴恵)
網走刑務所長(佐野浅夫)
安藤看守(織本順吉)
青森刑務所副看守長(なべおさみ)
秋田刑務所保安課長(川 良一)
札幌刑務所長(田武謙三)
戒護課長(綿引勝彦)
井原吾一(趙方 豪)

脚本・主題歌など

【原作】
吉村 昭
【脚本】
山内 久

ページトップへ