特集ドラマシリーズ
「ハルとナツ」

初回放送

2005年10月2日(日)から放送[連続5回]
午後9時  総合

ストーリー

昭和9年。北海道からブラジル・サンパウロ州への移民となった姉・ハル(9歳)とその家族。そして出発の地・神戸で眼病のため、ひとり日本に残された妹・ナツ(7歳)。激動の時代を困苦のブラジル移民として耐え抜いた姉。日本で戦争と復興を経て、経済成長の中をひとりで生きた妹。70年間引き裂かれた姉妹。その人生の歳月を、スケール豊かに浮き彫りにする、壮大な大河ロマン―。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回 「姉妹」
2005年。70年ぶりに帰国したブラジル移民の高倉ハル(森光子)は、生き別れていた妹・ナツ(野際陽子)(78歳)を捜しあてる。しかし、「自分は家族に捨てられた」と冷たく言い放つナツ。失意のハルは孫の大和(今井翼)に昔のことを語る。1934年、北海道からブラジルへの移民を決意したハル(斉藤奈々)一家。しかし、ナツ(志田未来)が目の病気・トラホームと診断され一人残らざるをえず、姉妹は涙の別れとなる。

第2回 「南と北の大地に別れて」
昔のナツ(志田未来:子役)の手紙を手にしたハル(森光子)。ハルの手紙を読み返すナツ(野際陽子)。昭和9年、北海道に戻ったナツは伯母(根岸季衣)たちからいじめにあう。唯一の味方、祖母・ノブ(渡辺美佐子)が急死し、ナツは家出を決行。そして牛飼いの徳治(井川比佐志)に拾われ、仕事を手伝い始める。ブラジルのハルたちは苦難を極めていた。今年の収支は赤字で借金しか残らないと聞き、がく然とする一同。

第3回 「流転の青春」
昭和10年、ハル(斉藤奈々:子役)一家は仲間の山下(斉藤洋介)一家と農園から夜逃げを図る。叔父(吉見一豊)らが監視に見つかり連行され、兄の実(椿直)とも別れ、ハルと父母(村田雄浩・姿晴香)の3人だけになる。6年後、アメリカ人地主の土地でハル(米倉涼子)たちは順調に綿花を栽培していた。翌年、日本に帰るめどがついた矢先に日米が開戦。ナツ(仲間由紀恵)も、戦争の時代を牛とともにたくましく生きていた。
第4回 「日本よ・運命の愛と哀しみ」
突然、姉・ハル(森光子)のもとを訪れたナツ(野際陽子)は、ハルを箱根へと誘う。互いの過去を語り明かす姉妹。戦時中、ハル(米倉涼子)の父・忠次(村田雄浩)は、村のリーダーの中山耕太郎(柄本明)を目の敵にしていた。日本の敗戦を信じない「勝ち組」の忠次は、「負け組」の耕太郎に対し乱闘騒動を起こし逮捕される。ハルは耕太郎の長男・隆太(岡田義徳)から求婚されるが、父を思うとあきらめざるをえない。

第5回 「ブラジルへ」<終>
昭和24年、ナツ(仲間由紀恵)は商売にたけた山辺康夫(北村一輝)の才覚を見込んで結婚、会社を拡大していく。一方、ハル(米倉涼子)のもとへ、かつての農園の仲間だった山下拓也(高嶋政宏)が訪ねてくる。そして、彼のプロポーズを受け2人は結ばれる。昭和34年、父・忠次(村田雄浩)が亡くなったあと、一家はサンパウロ郊外に移り、菊作りを本格的に手がける。日本のナツの会社は東京に進出、ナツは大会社の社長に。

キャスト

■現代編)
高倉ハル(森 光子)
山辺ナツ(野際陽子)
高倉大和(今井 翼)
■昭和編)
高倉ハル(米倉涼子)
高倉(山辺)ナツ(仲間由紀恵)
高倉大和(今井 翼)
高倉忠次(ハルとナツの父)(村田雄浩)
高倉シズ(母)(姿晴香)
高倉ハル(子役)(斉藤奈々)
高倉ナツ(子役)(志田未来)
高倉洋三(叔父)(吉見一豊)
高倉キヨ(叔母)(水町レイコ)
高倉与作(伯父)(田山涼成)
高倉カネ(伯母)(根岸季衣)
高倉ノブ(祖母)(渡辺美佐子)
山下拓也(ハルの夫)(高嶋政宏)
山下平造(移民の仲間)(斉藤洋介)
中山耕太郎(入植地日本人会会長)(柄本明)
中山トキ(耕太郎の妻)(由紀さおり)
中山隆太(ハルの友だち)(岡田義徳)
海野(海軍中佐)(石橋 凌)
金太(ナツの仲間)(小橋賢児)
ジョージ原田(日系2世アメリカ人)(大森南朋)
山辺康夫(ナツの夫)(北村一輝)
徳治(牛飼いの老人)(井川比佐志)

脚本・主題歌など

【作】
橋田壽賀子
【演出】
佐藤峰世

ページトップへ