土曜ドラマ
「ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~」

初回放送

2007年10月6日(土)から放送[連続5回]
毎週土曜午後9時 総合

ストーリー

鹿児島県の南に浮かぶ大美島、その地方(家庭)裁判所支部に、三沢恭介(西島秀俊)が支部長として転勤してくる。妻の麗子(戸田菜穂)と娘と共にであったが、どこか夫婦のかわす表情はぎこちない。恭介の前任地は大阪地裁、高度な専門知識を要求される知的財産を扱う部署で、激務の日々を送っていた。その代償として妻は娘を連れ実家に帰り、家庭は崩壊しかけていたのだ。恭介はこの転勤を機にやり直そうと、なんとか妻を説得し島につれて来たのだ。

支部長・恭介は、この島のたった一人の裁判官となった。家事、少年から民事、刑事まで、全てを一人で担当する。今までとはまったく勝手の違った日々が始まる。久々の刑事事件の法廷に現れた島の弁護士・平(寺田農)は、被告の前科すら間違えた。離婚調停の当事者は直接、支部長室まで怒鳴り込んでくる。この調停を巡っては家裁調査官の谷川(的場浩司)とも対立したあげく、思わぬ失態を演じてしまう。また東京の弁護士事務所所属でありながら、なぜか島の企業の民事再生を手がける弁護士・畑夏海(浅野温子)も、恭介にとって気になる存在となる。

なんとか島のペースを慣れ始め、さらに夫婦の仲も取り戻せたかと思ったのもつかの間、娘がイジメにあっているのが判り、その原因が恭介を愕然(がくせん)とさせる…。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回 「新天地」
三沢恭介(西島秀俊)は、大阪地裁で知的財産権の高度な専門知識を持つ裁判官のエースとして、多忙な日々を送っていた。だが、その代償として妻・麗子(戸田菜穂)は、8歳の娘を連れて実家に帰り、家庭は崩壊しようとしていた。そんなある日、鹿児島県の大美島への転勤の内示が出る。島ではたった一人の裁判官として刑事から民事、家事から少年事件まですべてを担当する。恭介は妻を訪ね「いっしょに島へ行こう」と説得するが…。

第2回 「迷走」
三沢恭介(西島秀俊)が下した実刑判決で、被告の息子と同じ学校に通う恭介の娘・麻衣子(桝岡明)が学校の友だちからいじめられる。一方、恭介はお年寄りどうしの金の貸し借りの訴訟を受けるが、貸し手(菅井きん)と借り手(梅津栄)の双方に借用書や領収書などの証拠が無く困惑する。そんなとき恭介は、窃盗を繰り返す少年事件を受け持つ。たび重なる犯行から鑑別所での観護措置を決めるが、少年は裁判所から逃走してしまう…。

第3回 「告白」
三沢恭介(西島秀俊)は、島で起きた殺人事件を受け持つ。それは、長年の介護による慢性的な疲れで思いあまった妻(中原ひとみ)が、寝たきりの夫を殺してしまうという事件であった。恭介は本庁から出張してきた2人の裁判官と裁判を進めることになるが、当初予想していたような単純な事件ではないことに気づきはじめる。一方、弁護士の畑夏海(浅野温子)は、被害者から「殺してくれ」と頼まれた嘱託殺人ではないかと疑う。
第4回 「命」
三沢恭介(西島秀俊)は、島で起きた交通事故の裁判を受け持つ。保育園児を死亡させ、母親に重傷を負わせた新城瞳(ソニン)は、悪質な事故ではなかったため、在宅起訴されていた。瞳にも幼い保育園児が2人いて、夫と離婚して1人で育てていた。恭介は、実刑判決を下した場合に及ぼす被告人の2人の幼い子どもの養育のことと、悲しみに暮れ、被告人を憎む遺族の心情の間で、執行猶予付きの判決にするか実刑判決にするか悩む…。

第5回 「島人(シマッチュ)」<終>
三沢恭介(西島秀俊)は自然観察員の新元みづき(遠藤久美子)から、自然環境を破壊するリゾート建設差し止めの訴訟を受ける。一方、畑夏海(浅野温子)は、東京の弁護士事務所から、そのリゾート開発を進める会社に力を貸すよう依頼される。ホテルの開発を担当する麓一平(岡田浩暉)は大美島の出身で、環境保護に十分配慮した計画であることに自信をもっていた。だが、会社が法廷に提出した証拠書類には偽りがあることに気づく。

キャスト

三沢恭介(西島秀俊)
三沢麗子(戸田菜穂)
野見山修(小野武彦)
谷川淳一(的場浩司)
鈴元久美子(市川実和子)
平 正明(寺田 農)
池田里見(国生さゆり)
畑 夏海(浅野温子)

脚本・主題歌など

【脚本】
中園健司
【主題歌】
『旅の途中』歌:中 孝介 作詞:沢村直子 作曲:酒井陽一 編曲:松岡モトキ

ページトップへ