土曜ドラマ
「ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~」




初回
放送

2007年10月6日(土)から放送[連続5回]
毎週土曜午後9時  総合

ストーリー

鹿児島県の南に浮かぶ大美島、その地方(家庭)裁判所支部に、三沢恭介(西島秀俊)が支部長として転勤してくる。妻の麗子(戸田菜穂)と娘と共にであったが、どこか夫婦のかわす表情はぎこちない。恭介の前任地は大阪地裁、高度な専門知識を要求される知的財産を扱う部署で、激務の日々を送っていた。その代償として妻は娘を連れ実家に帰り、家庭は崩壊しかけていたのだ。恭介はこの転勤を機にやり直そうと、なんとか妻を説得し島につれて来たのだ。

支部長・恭介は、この島のたった一人の裁判官となった。家事、少年から民事、刑事まで、全てを一人で担当する。今までとはまったく勝手の違った日々が始まる。久々の刑事事件の法廷に現れた島の弁護士・平(寺田農)は、被告の前科すら間違えた。離婚調停の当事者は直接、支部長室まで怒鳴り込んでくる。この調停を巡っては家裁調査官の谷川(的場浩司)とも対立したあげく、思わぬ失態を演じてしまう。また東京の弁護士事務所所属でありながら、なぜか島の企業の民事再生を手がける弁護士・畑夏海(浅野温子)も、恭介にとって気になる存在となる。

なんとか島のペースを慣れ始め、さらに夫婦の仲も取り戻せたかと思ったのもつかの間、娘がイジメにあっているのが判り、その原因が恭介を愕然(がくせん)とさせる…。

各回へのあらすじはこちら

キャスト

三沢恭介(西島秀俊)
三沢麗子(戸田菜穂)
野見山修(小野武彦)
谷川淳一(的場浩司)
鈴元久美子(市川実和子)
平 正明(寺田 農)
池田里見(国生さゆり)
畑 夏海(浅野温子)

脚本・主題歌など

【脚本】
中園健司
【主題歌】
『旅の途中』歌:中 孝介 作詞:沢村直子 作曲:酒井陽一 編曲:松岡モトキ

page top