土曜ドラマ
「刑事の現場」

初回放送

2008年3月1日(土)から放送[連続4回]
毎週土曜午後9時  総合

ストーリー

この10年、団塊世代の大量退職で、全国で4割にあたる10万人のベテラン刑事が消える。

本庁を30・40代の中堅が支える中、所轄警察署の半数以上が20代の新米刑事という現実がある。一方、犯罪は増加の一途で、検挙率は30%を切る。

NHK名古屋放送局では愛知県警の取材協力のもと、ベテラン刑事が消える所轄警察署の実情を長期にわたり追い続けた。その取材をベースに誕生した、リアリティーあるオリジナル刑事ドラマが「刑事の現場」である。

若手刑事主体の24時間眠らない所轄警察署を舞台に――

世代も考え方も違うベテラン刑事と新米刑事の対立や葛藤を軸に、真相解明に情熱を傾ける、プロフェッショナルな刑事たちを描く。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回 「苦い逮捕」
加藤啓吾(森山未來)は愛知県警東和署の新米刑事。赴任早々、主婦・聡子が路上で殴打される事件を担当、定年間際のベテラン刑事・伊勢崎彰一(寺尾聰)とコンビを組むことになる。聡子が勤めていた弁当工場社長の証言から、日系ブラジル人スギハラヒロキ(高良健吾)が容疑者として浮上する。通り魔的に市民を襲ったヒロキに怒りをあらわにする啓吾だが、「事件の表面だけを見るな」と伊勢崎はくぎをさす。

第2回 「48時間の壁」
加藤啓吾(森山未來)は不審な男を捕まえる。男の名は鵜飼公平(原田芳雄)、啓吾の小学校の担任であった。鵜飼の挙動を怪しく感じた伊勢崎(寺尾聰)が調べると、1年前のタクシー運転手殺害現場に残っていた指紋の一つと鵜飼の指紋が一致する。だが、鵜飼と事件の接点はない。鵜飼は弁護士を通じて早期釈放を求め、副署長・桐島(真野響子)はこう留期限48時間内での処理を命じる。捜査が進むなか、意外な事実が浮かび上がる。
第3回 「運び屋を追え」
啓吾(森山未來)は瑞穂(池脇千鶴)と覚せい剤の運び屋を張り込む。対象の曽根真理子(葉月里緒奈)は平凡な毎日を送る専業主婦だが、「普通の人なんていない」と瑞穂は言う。一方、伊勢崎(寺尾聰)は啓吾が殉職したかつての同僚・加藤誠の息子と知り、戸惑っていた。伊勢崎には「彼を救えなかった」という大きな後悔の念があったのだ。そんな中、啓吾は覚せい剤の受け渡し現場で、真理子を取り逃がすという大失態を犯す。

第4回<終> 「バスジャック」
伊勢崎(寺尾聰)が殉職した父・誠の同僚だと知った啓吾(森山未來)は、伊勢崎に父について尋ねるが、「あいつを刑事としては認めない」と冷たく突き放される。やがて啓吾は伊勢崎が「勝手に命を落とす奴が許せない」と涙を流して怒っていたと桐島(真野響子)から知らされ、伊勢崎の胸の内を知る。そんな中、伊勢崎が何者かに襲われ意識不明になる。伊勢崎に恨みを持つ者の犯行として、刑事課をあげて捜査を進めるのだが…。

キャスト

伊勢崎彰一(寺尾 聰)
加藤啓吾(森山未來)
野下浩美(石倉三郎)
瀬戸山瑞穂(池脇千鶴)
古川良介(忍成修吾)
岸田 渉(浜田 学)
木島昭太(三浦アキフミ)
守本真二(宇崎竜童)
桐島奈津子(真野響子)

脚本・主題歌など

【作】
尾西兼一
三上幸四郎
【主題歌】
「ありがとう」大橋卓弥(fromスキマスイッチ)
【音楽】
coba
【演出】
柳川 強
土井祥平

ページトップへ