特集ドラマ
「希望の花」

初回放送

2014年2月25日放送[全1回]
午後10時  BSプレミアム

ストーリー

杉浦大樹(中村蒼)は就職浪人中。なかなか内定がもらえず、一流商社に勤める友人の寛太(中尾明慶)にコンプレックスを抱いている。実家の花屋を一人で切り盛りしている母親の千鶴(藤田朋子)は、大樹が大きな会社に就職することを望んでいる。
そんな杉浦家に祖母・坪内トヨ(渡辺美佐子)が転がり込んできた。亡き夫と築いた会社が倒産し、家を差し押さえられたトヨは行き場がなくなったのだ。
そして、千鶴がぎっくり腰で入院したのをいいことに、勝手に花屋を手伝い始める。元々商売人のトヨは、生き生きと働き始める。
そんな折、トヨが手違いで結婚披露宴の装花の仕事を引き受けてしまうことに・・・。断ろうとする大樹をよそに、新婦・かれん(吉田桂子)の熱意に押されたトヨは、大樹を巻きこみかれんの願いをかなえようと、奔走する。
有名農家のカサブランカを手に入れるために生花市場の競りに参加し、そのカサブランカは競りには出ないことを初めて知るも、知り合った榎本(宇梶剛士)の協力で、カサブランカの仕入れにも成功した。
そして、披露宴の前夜。大樹の元に寛太が自殺未遂を起こしたと連絡が入る。取り乱す大樹とともに病院に向かったトヨは、希望を見失った寛太と大樹に向けてゲキをとばす。トヨ自身、会社が傾いた時に不安でいっぱいだった。そんな時は、出来る ことをコツコツやるしかない、と。
店に戻った大樹とトヨは愕然とする。漏電で停電し、披露宴で使うカサブランカがしおれてしまったのだ。かれんの願いに報いたいと、トヨはかつての特技で本物に負けない造花を作り始める。トヨの執念を見て、大樹もいつしか諦めない気持ちが生きる力と理解し始める。そして披露宴――。

キャスト

杉浦大樹(中村蒼)
坪内トヨ(渡辺美佐子)
杉浦千鶴(藤田朋子)
舟木寛太(中尾明慶)
榎本博(宇梶剛士)
周防かれん(吉田桂子)

脚本・主題歌など

【作】
藤井香織

ページトップへ