よる☆ドラ
「恋するハエ女」

初回放送

2012年11月6日(火)から放送[連続6回]
午後10時55分  総合

ストーリー

女性たちはいつでも夢見ている・・・
ピーターパンのように素敵な誰かが現れ、
私を別の世界に連れて行ってくれないかと・・・
しかし、出会ったのは暴言を吐きまくる謎のオジサン。国家の陰謀に関わるエージェントか、ただのストーカーか?
「おいハエ女!人生を変えたければ、俺の言うことを聞け!」
オジサンの毒舌トークが炸裂し、アラサー女の人生に波乱と変化が巻き起こる!

ノンストップ・ハイテンションな展開で送る、そそのかす男と、そそのかされやすい女の「人生を賭けた」サスペンスラブコメディ。
人生、攻めた方が楽しい!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「人生を、攻めろ!」
小守絵美(ミムラ)は、名古屋の小学校教師。演劇発表会の準備中に、児童をバカ呼ばわりしてしまったために大問題に発展。婚約者・高木(川岡大次郎)にも振られ、人生のどん底。謎の男(筧利夫)からメールが届く「お前はハエ女だ!」。男はネットから絵美の投稿や情報を探し出し、絵美にコンタクトをとってきたのだ。

第2回「八股をかけろ!」
謎の男(筧利夫)は、自分が内閣情報調査室勤務の八重樫修治だということをネットに公開する。そのころ永田町では、首相の愛人問題をでっちあげようとする男たちがいた。絵美(ミムラ)は、八重樫から「8人の男と、つきあってみろ」と言葉巧みにそそのかされる。8人の男たちとデートをしてみる絵美だが…。

第3回「フランス料理を一人で食え!」
絵美(ミムラ)は、別れたはずの高木(川岡大次郎)から、いつものように連絡があり、喜んで会いに行く。しかし八重樫(筧利夫)は、絵美を、つまらない女だと叱り飛ばし、「ひとりで何でもやれる女になれ」と命令する。絵美は、ひとりで遊園地に行ったり、ひとりでキャンプしたり。そして、高木が、別の女といるところを目撃してしまう。

第4回「総理の愛人になれ!」
首相(イッセー尾形)の愛人計画でっちあげを察知した公安警察は、八重樫(筧利夫)がコンタクトをとっている絵美(ミムラ)が、愛人候補の女ではないかと目をつける。絵美が実家に帰ると、母親が主催する懇親会に出席することに。懇親会には、地元出身の首相も来るという。八重樫は、絵美が愛人計画に巻き込まれているのを知り、「逃げろ」と指示を送る。

第5回「俺に惚(ほ)れるな!」
八重樫(筧利夫)に振り回されているうちに、大胆になっていった絵美(ミムラ)は、校長先生や口うるさい親に対して、毅然(きぜん)とした態度で接することができるようになっていた。そんな絵美に、高木(川岡大次郎)が再びプロポーズをする。高木は絵美との二股がバレて有紗(泉里香)にフラれてしまったのだ。脳裏に浮かぶのは八重樫のこと。絵美は意を決して東京の八重樫に会いに行く。

第6回「ミッション・インポルトガル!」
東京で八重樫(筧利夫)のマンションを訪ねた絵美(ミムラ)だが、八重樫の姿は無かった。内閣情報調査室の同僚の真田(升毅)に会いに行った絵美は、八重樫の本当の姿を聞かされる。下っ端公務員だという八重樫の本当の姿を知る。絵美は八重樫が入院していた病院を突き止める。看護士から八重樫の手紙を受け取った絵美が向かったのは…。

キャスト

小守絵美(ミムラ)
八重樫修治(筧利夫)
高木誠也(川岡大次郎)
三田有紗(泉里香)
藤巻総理(イッセー尾形)
重田校長(大嶽隆司)
田端教務主任(木村庄之助)
内村恭子(青木さやか)

脚本・主題歌など

【作】
大島里美
【音楽】
市川淳

ページトップへ