BS時代劇
「妻は、くノ一 ~最終章~」

初回放送

2014年5月23日(金)から放送[連続5回]
金曜 午後8時  BSプレミアム

ストーリー

元平戸藩士・雙星彦馬は、平戸藩の内偵の為に彦馬に嫁いできたくノ一・織江を追いかけ、江戸までやってきた。誠実に自分を愛し続ける彦馬に織江は恋心を募らせ、ついには母・雅江が自分の命と引き替えに織江を忍びから抜けさせることに成功。だが、お庭番・川村真一郎は、忍び の掟を破った織江を捕まえようと執拗に追っ手を差し向ける。そして、彦馬を愛しながらも、自分が生きていては彦馬に迷惑をかけると思い始める織江。それぞれの想いが絡み合いもつれ合うなか、夫婦の愛を賭けた最後の決戦の日を迎える!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「彦星の涙」
彦馬(市川染五郎)への愛を貫くため、掟を破って忍びを抜けた織江(瀧本美織)は、上司のお庭番・川村(和田聰宏)が放った追っ手に追いつめられようとしていた。一方、平戸藩の前藩主・松浦静山(田中泯)は国禁を犯して外国との貿易に乗り出そうと難破船を外洋船に改造していた。彦馬の養子・雁二郎(梶原善)は外国の港で見せるためのカピタンの紹介状を長崎から持ち帰るが、彦馬とともに川村の手下たちに囲まれてしまう。

第2回「織姫の行方」
外国への寄港を求める書状が川村(和田聰宏)の手に渡ったため、彦馬(市川染五郎)は静山(田中泯)から書状の偽造を命じられる。静山の娘・静湖(マイコ)は下屋敷に頻繁に出入りする彦馬に興味を持ち始めていた。一方、追っ手に深手を負わされた織江(瀧本美織)は漁村でおつる(松尾れい子)という女に匿われていた。そんな折、彦馬は織江の母の墓前で会った川村こそ織江を追いかける集団の首領と確信、その胸倉に掴みかかる。

第3回「届かぬ想(おも)い」
幕府の動きを見た静山(田中泯)は天竺丸の出航を急ごうとしていた。船に織江(瀧本美織)を乗せたい彦馬(市川染五郎)は瓦版などを使って織江探しを始める。一方、織江はひょんなことから知り合った静湖(マイコ)が彦馬のことを深く愛していることを知ってしまう。彦馬に相応しいのは静湖ではと揺れる織江は、彦馬が自分を探しているのを知っても姿を現すことをためらう。そんな折、彦馬は静山から平戸へ向かうよう命じられる。
第4回「運命の奔流」
彦馬(市川染五郎)は織江(瀧本美織)が姿を現したことを静山(田中泯)に告げるが、天竺丸の出航を遅らせるわけには行かないと、静山は荘助(宅間孝行)を平戸に送り、彦馬には半月の猶予のみ与えた。一方織江は、幼い頃に良く預けれられた浜路(中島ひろ子)が彦馬の長屋の近くに店を出したことを不審に思い、川村(和田聰宏)が送り込んだ刺客ではと問い詰める。その場を取り繕った浜路だが、川村から彦馬暗殺を命じられる。

第5回「海の彼方(かなた)」
彦馬(市川染五郎)を助けに織江(瀧本美織)が現れ、浜路(中島ひろ子)ののど笛に刃を突きつけるが、「もう殺さないでくれ」と叫ぶ彦馬に、織江は「私よりも相応しい人が」と謎の言葉を残して姿を消す。一方、平戸を出航した天竺丸は静山(田中泯)の計らいで伊豆沖に回ってきていた。織江が追いかけてくることを信じて伊豆に向かう彦馬だが、織江は動かない。すると静湖(マイコ)が現れ、彦馬を追いかけるよう織江に命じる。

キャスト

雙星彦馬(市川染五郎)
織江(瀧本美織)
松浦静山(田中 泯)
雅江(若村麻由美)
西海屋千右衛門(堀部圭亮)
川村真一郎(和田聰宏)

脚本・主題歌など

【原作】
風野真知雄
【脚本】
金子成人

ページトップへ