プレミアムよるドラマ
「喰う寝るふたり 住むふたり」

初回放送

2014年5月6日(火)から放送[連続8回]
毎週火曜午後11時15分  BSプレミアム

ストーリー

交際10年、同棲8年のアラサー・カップルの日常を描いた 口コミで人気沸騰の同名漫画をドラマ化。
男女間の些細なすれ違いに「あるある!」と高い共感を呼ぶエピソードが、女性側と男性側の双方の視点で描かれます。同じシーンを再度振り返りながら、男女の思いの違いをモノローグで巧みに描き出し、悩みも喜びも悲しみも、さらには感動まで浮き彫りにします。 ドラマに対して目の肥えた視聴者が、登場人物の同棲カップルの日常を毎週愉しみにし、見終わった後じんわりと幸せになれるドラマです。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「恋人以上、夫婦未満」
町田りつ子(小西真奈美)とのんちゃんこと野々山修一(金子ノブアキ)は、同棲生活8年目のアラサー・カップル。ある日曜日、リつ子は同級生の親友・新沼(前田愛)と家で女子会トークしながら「結婚はまだ?」と聞かれ、「プロポーズされてないし」と答える。そんな折り、釣りから帰ってきたのんちゃんはなぜか機嫌が悪い。そこからドラマは、のんちゃんの日曜日を振り返り...。

第2回「リツコ、合コンへ行く」
りつ子は同棲しているにも関わらず新沼から合コンに参加してほしいと懇願され、行くなと言われると思いながらものんちゃんに相談する。本音は行ってほしくないのに、ここで止めると小さい男と思われるのがしゃくで、のんちゃんはつい、行ってこいと背中を押す。一方りつ子は、女としてもう価値がないと思われたように勘違いして、扮装に気合を入れて合コンへ行くが...。

第3回「のっぴきならぬ事情(前編)」
会社の後輩・森園(逢沢りな)からエッチの頻度を聞かれ、その少なさをまともに言えないりつ子。ここのところセックスレスなのが気になり、その晩のんちゃんを誘ってみるが...。
一方のんちゃんは、自分が草食であることを自覚しつつも愛があればいいんだと思い、ある日行きつけのバーでそんな相談をするが...。

第4回「のっぴきならぬ事情(後編)」
セックスレスに悩むりつ子は、森園からランジェリー・ショップに行こうと誘われる。レスの解消にはランジェリーで男の気を惹くのが一番と勧められ...。一方、セックスレスが別れの原因になることが気になるのんちゃんは、居酒屋で小熊から妙なお説教を受け...。
第5回「バトル・キッチン」
仕事が忙しく毎晩コンビニ弁当なのに嫌気がさしたりつ子(小西真奈美)。そんな彼女を元気にしたいと、のんちゃん(金子ノブアキ)は普段は全くしない料理を自分がやると宣言する。とはいうものの、りつ子から見たのんちゃんの料理は常識はずれで、ついつい小言を連発。言われたのんちゃんも一瞬キレるが...。

第6回「1万円の使い道」
着物の魅力にはまったりつ子(小西真奈美)は、あれもこれもと出費を重ねる中、1万円の名古屋帯を買うか悩む。一方、釣りが趣味ののんちゃん(金子ノブアキ)はルアーのコレクターだが、最近はりつ子を気にして買い控える。そんなある日、りつ子は母(宮崎美子)からのんちゃんの秘密を聞き...。

第7回「お試しファミリー」
のんちゃん(金子ノブアキ)は、若くして子沢山の妹・アズサ(黒川芽以)から、夫と二人きりでお泊りデートしたいから子どもを預かってほしいと頼まれる。りつ子(小西真奈美)が子ども嫌いだから断ろうとするも、逆にこれをきっかけに子どもに慣れてくれればと思い直し承諾。いきなり6歳と4歳の子どもの面倒をみることになったりつ子は...。

第8回「実家へ帰ろう」
りつ子(小西真奈美)は、弟の結婚が決まったので前祝いのため実家に帰って来るよう電話で母(宮崎美子)から言われる。父(佐野史郎)と折り合いが悪く、8年前に家を出て行ったきり実家に帰ってなかったが、仕方なく顔を出すことに...。

キャスト

町田りつ子(小西真奈美)
野々山修一(金子ノブアキ)
新沼三奈(前田愛)
小熊博則(木本武宏(TKO))
森園真理恵(逢沢りな)
アズサ(黒川芽以)
町田美和子(宮崎美子)
野々山明美(山下容莉枝)
町田雄三(佐野史郎)
野々山哲郎(田山涼成)

脚本・主題歌など

【原作】
日暮キノコ
【主題歌】
羊毛とおはな「エピソード」
【脚本・演出】
宮武由衣

ページトップへ