特集ドラマ
「極北ラプソディ」

初回放送

2013年3月19日(火)・3月20日(水)放送[前後編]
午後10時  総合

ストーリー

全国の地方都市が直面する医療崩壊の危機。北海道にある破綻寸前の公的病院を舞台に、医療の原点を目指し、奮闘し成長していく青年医師の1年を、地元の女性との純粋な愛のゆくえを織り交ぜながら描きます。

もっと読む

各回のあらすじ

【前編】「ドクターモンスター降臨」
北海道の海沿いにある極北市。財政難にあえぎ、医師が今中(瑛太) ひとりになった極北市民病院に、再建請負人・世良(小林薫) が院長として赴任し、赤字削減のため、入院病棟の閉鎖、緊急患者受け入れの拒否の方針を打ち出す。今中は恋人・梢(加藤あい)の祖父・彰吾(高橋昌也) に退院を促す役目を押し付けられ、実は梢が世良の娘と知り驚く。
そんな中、市民病院に来た田所(徳井優) が後に死亡したのは、世良の診療拒否が原因ではないか、と報道され騒ぎとなる。

【後編】「名医の条件」
雪見救命救急センターに着任した今中(瑛太) は、速水副センター長(山口祐一郎) のもとで、ドクターヘリを擁するセンターの救急医療に没頭しつつも、極北市民病院のこと、そして気まずい別れをした恋人・梢(加藤あい) のことが気になっていた。ある日、今中は世良(小林薫) から極北市に出張してくるよう言われる。彰吾(高橋昌也) の最期に立ち合わせようという世良の配慮であった。ところが、世良は自動車事故を起こし、今中がひん死の世良を緊急手術することになって…。

キャスト

今中良夫(瑛太)
並木梢(加藤あい)
世良雅志(小林薫)
田所豊作(徳井優)
飯島ミヨ(りりィ) 
神名るみ子(曽川留三子) 
今中万里子(松坂慶子)
速水晃一(山口祐一郎)
並木彰吾(高橋昌也)

脚本・主題歌など

【原作】
海堂尊
【脚本】
宮村優子

ページトップへ