プレミアムよるドラマ
「ラスト・ディナー」

初回放送

2013年3月9日から放送[連続8回]
毎週土曜午後23時15分  BSプレミアム

ストーリー

“運命に引き裂かれた2人が、最後に出会える不思議なレストラン”を舞台にした8つの物語。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「また逢える日」
1年前に姿を消した恋人ヨシオ(山本耕史)を待ち続ける女性ユカ(田中麗奈)の物語。会社の同僚から「きっと死んだんだ」「待ってても仕方ないよ」と言われて不安になっていたユカの元に、レストランからの招待状が舞い込む。疑心暗鬼で待つユカの前に現れたのは、紛れもなくヨシオ。だが、ヨシオの態度は、妙によそよそしい。

第2回「最後の言葉」
父娘の物語。美弥子(木村佳乃)は、ウエイター(小林正寛)に誘われ、父・貴雄(長塚京三)をレストランに招待する。父が全然変わらないことがうれしい一方で、報告しなければならないことがあった。妊娠したのだ。貴雄は、相手がミュージシャンと知って案の定、難癖をつけるが、端々に美弥子の母を気遣う気持ちが感じられる。

第3回「ヒーロー」
レストランで緊張気味に招待客を待つ男A(高良健吾)。子供のころからの憧れだったヒーローと会えるのだ。だが、現れたのは、すっかりくたびれた宇宙戦士フェイス・ファー(渡辺いっけい)。テレビ放送が打ち切りになったことを謝るファーに、Aは変身ポーズをまねて見せ、どれだけファンだったかを切々と訴える。だが、必殺技に難癖をつけるなど次第に常軌を逸し、ついには「なぜ暴力を正義と教えたのか」とファーに殴りかかる。

第4回「True Heart」
アイドルの風間凛(ともさかりえ)がレストランに招待したのは、元恋人。仕事が激減し、もし結婚していたらどうなっていたのか、確かめたかったのだ。そこにトラック運転手・達夫(宅間孝行)がトイレを借りに現れる。達夫こそ凛の元恋人だが、この密会が凛の迷惑になるのではと気遣い、凛のファンを装い続ける。凛を忘れられず、いまだ独身を貫いてきた達夫に、凛は「事務所からAV女優への転向を迫られている」と告げる。
第5回「未来の思い出」
待ち合わせ場所のレストランの高級感に足がすくむ少年(前田旺志郎)。その前に少女(八木瑛美莉)が現れる。両親の離婚で東京に引っ越してしまった少女とは、久しぶりの再会だ。すっかり大人びた少女に背伸びする少年だが、少女の方が一枚も二枚も上手で、なかなかプレゼントを渡す機会をつかめない。「大人になったら俺も東京に行く」と宣言する少年に、少女は「絶対に来ない。私、知ってるもん」と、2人の未来を語り始める…。

第6回「エール」
元陸上選手のリエ(星野真里)は気づくとレストランにいた。なぜ自分がここにいるのか、なぜびしょ濡れなのか、全く思い出せない。そこに憧れのミュージシャン・カイト(高橋一生)が現れる。熱狂するリエだが、待ち合わせ相手を探すカイトは冷たい。と、雷鳴がとどろくや、カイトはおびえながらテーブルの下に潜り込む。その姿を見て、リエはカイトが中学時代の同級生“わたなべんき”だったという衝撃の事実を知ってしまうが……

第7回「私が殺した女」
差出人不明の招待状に誘われて漫画家の綾香(賀来千香子)がレストランに現れる。呼び出したのは古くからの友人・美代子(かたせ梨乃)だったが、既にこの世の人ではない。美代子は綾香の仕事場で自殺をする際、まるで綾香に殺されたかのような痕跡を残し、そのために綾香は警察の取調べを受け、世間の好奇の目にさらされた。が、美代子は「売れなくなった漫画家がスキャンダルのお陰で息を吹き返したでしょ?」と綾香を挑発する。

第8回「永遠(とわ)の想(おも)い」」
老紳士(橋爪功)がウェイター(小林正寛)に「おかしくないですか」と何度も確認する。自分の姿が気になるようだ。そこにマリコ(檀れい)が現れ、「本当にコタロウ?」と絶句する。マリコが家出をして以来18年ぶりの再会だ。しだいに打ち解け、昔のようにからかい始めるマリコに老紳士がレストランに招待された理由を尋ねると、「実家がさら地になっていた」と寂しそうに告げる。あの家を知っている誰かに会いたかったのだ、と

キャスト

ユカ(田中麗奈)
ヨシオ(山本耕史)
美弥子(木村佳乃)
貴雄(長塚京三)
男A(高良健吾)
宇宙戦士フェイス・ファー(渡辺いっけい)
アイドル・風間凛(ともさかりえ)
トラック運転手・達夫(宅間孝行)
少年(前田旺志郎)
少女(八木瑛美莉)
リエ(星野真里)
カイト(高橋一生)
綾香(賀来千香子)
美代子(かたせ梨乃)
老紳士(橋爪功)
マリコ(檀れい)
ウェイター(小林正寛)

脚本・主題歌など

ページトップへ