月曜ドラマシリーズ
「盲導犬クイールの一生」

初回放送

2003年6月16日(月)から放送[連続7回]
毎週月曜午後9時15分  総合

ストーリー

6月からの月曜ドラマシリーズは、一頭の盲導犬が生まれてから一生のうちに経験する、人間たちとの出会いと分かれを綴った「盲導犬クイールの一生」をお届けします。
その誕生から、盲導犬になることを運命付けられたクイール。彼の成長を祈って、親代わりの人間達や視覚障害者との泣き笑いの日々をやさしく描いていくハートフル・ヒューマンドラマです。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「盲導犬クイールの一生」
東京の水戸レン(檀ふみ)の家で生まれた5匹のラブラドール・レトリバーのうち、お腹に翼のような模様のある一匹が、将来の盲導犬に選ばれた。生まれて最初に仲良くなった近所の少女・亜弓は、すぐに来る子犬との別れを受け入れられない。そして、両親の再婚で新しく家族となった兄弟が、その子犬を連れだして隠してしまう…。

第2回「夜泣きと散歩デビュー」
クイール(羽根)と名付けられ、 2人目の親となる仁井家で子育てが始まった。いたずやら夜泣きで、生活はクイール一色となる。1日中話しかけ、その成長に一喜一憂する中で、言葉が通じるはずの夫婦の間から、言葉が消えていることに三都子は気づく。意地と責任で精一杯の姿に、勇はクイールを手放そうと切り出す…。

第3回「旅立ちの時」
毎日の散歩にも慣れたある夜、クイールめがけてボールが投げつけられた。犯人は、いつも窓の外ばかりを見つめている少年だった。三都子は少年に問いかけるが、それから散歩の途中で少年は待つようになる。クイールはボールをくわえて近づき、遊んでくれと彼を見た…。

第4回「犬嫌いのパートナー」
クイールは盲導犬訓練所に入る。多和田によるトレーニングが始まるが、集団生活になじめず、周囲を心配させる。そんな訓練中、アクシデントによりクイールが逃げ出してしまう。一方、視覚障害者の渡辺は、盲導犬の誘いを拒否する。渡辺は犬嫌いだった…。

第5回「青空の記憶」
渡辺とクイールの共同訓練。うまく歩けず苛立つ渡辺が、歩調が合わずに座り込むと、その足下にクイールが寄り添う。二人はパートナーになった。実生活でも互いの足りない部分を補いながら歩くことで、渡辺はクイールを通して、心に青空が浮かんだ気がした。が、進学に悩む息子に、自分のことばかりに懸命だと非難される…。

第6回「もう一度会いたい」
一年後、渡辺は脇腹に激痛を感じ、病院へ。妻の祺子は、腎不全で人工透析が必要だと告げられる。渡辺は、失明前に通っていた繁華街へ足を向け、懐かしむ。自分の病状に気づき始めた彼は、失明直前に「この光景を焼き付けよう」と一人訪れた土手を、クイールと歩く。頬に当たる朝日を感じて…。

第7回「ありがとうクイール」
渡辺の退院をクイールは待った。病状が悪化していく渡辺は、もう一度だけクイールと歩きたい、とセンターへやってくる。クイールは静かに近づき、渡辺に寄り添った。「もうこれでいい」と満足げに言いながら、渡辺はクイールのハーネスを外した…。

キャスト

沢口靖子
勝村政信
檀 ふみ
うじきつよし
玉置浩二

脚本・主題歌など

【脚本】
寺田敏雄
【原作】
秋元良平
石黒謙吾
【音楽】
渡辺雄一
【演出】
岡崎栄(1、5、7回)
渡辺一貴(2、6回)
新田真三(3、4回)

ページトップへ