プレミアムよるドラマ
「嘆きの美女」

初回放送

2013年1月12日から放送[連続8回]
毎週土曜午後11時15分  BSプレミアム

ストーリー

容姿のコンプレックスで引きこもった耶居子(森三中・黒沢)がネットで美女(矢田亜希子)達を攻撃するはずが、なぜか一緒に同居するはめに!?黒沢かずこが連ドラ初主演!  

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「ブスVS美女」
容姿のコンプレックスで引きこもりになった池田耶居子(森三中・黒沢かずこ)はある日、美女のための美女たちによるウェブサイト「嘆きの美女」を発見。ウェブサイトの管理人が近所にいるとにらんで盗撮に行くと、美女ユリエ(矢田亜希子)を狙うストーカーと遭遇し、逃げるドサクサの中で、両手片足骨折の大けがを負う。偶然にも耶居子とユリエは小学校の同級生。勘違いしたユリエの提案で、ブスと美女たちが同居するはめに!?
第2回「美女の悩みは蜜の味」
美女たちとの思わぬ同居生活を始めた耶居子(森三中・黒沢かずこ)は、彼女たちが美のことばかり考えて暮らすのについていけない。しかも美女たちは、耶居子の美女化計画を宣言し、食事以外にもヨガや肌のチェックなど、毎日美女になるための生活を耶居子に強制する。そんな折、ユリエ(矢田亜希子)の恋人である有名カメラマン・エイジ(和田聰宏)が現れ、ユリエはモデルの仕事そっちのけに。耶居子はそんなユリエをしったする。
第3回「やいこ探偵の事件簿」
新聞受けにナゾの人物写真が投かんされたが、美女のユリエ(矢田亜希子)たちは「知らない人だ」と気にも留めない。常々、美女たちの化けの皮をはがしたい耶居子(森三中・黒沢かずこ)は、ひそかに調査を開始する。だが、聞きこみだけでは何の成果もあげられない。年下の優子(中村静香)からうまいことパソコンを借り、投かんされた写真の制服の情報を集める。そんな折、耶居子は寝室に不審な男を発見。写真の犯人と疑うが…。 
第4回「ブスと美女の意地」
モデルを続けていく限界を感じたユリエ(矢田亜希子)は、バラエティータレントとしての道を開こうと、トーク番組で恋人のつっこみどころを暴露して奮闘する。玲子(横山めぐみ)たちはこれを高く評価するが、耶居子(森三中・黒沢かずこ)は心配。案の定、エイジ(和田聰宏)とユリエの間に火種が生まれ、さらには耶居子がエイジをこてんぱんにけなした揚げ句、ユリエと耶居子が大げんかに!? 2人のバトルの行方は…。 
第5回「私だって輝きたい!」
耶居子(森三中・黒沢かずこ)たちは、看護師からいきなり芸能界への転職宣言をした優子(中村静香)に驚がくする。優子は、とあるモデル事務所のマネージャーに誘われたようで、自身は「看護師の仕事は母から勧められてやってるだけで不満だった」と言う。芸能界の先輩であるユリエ(矢田亜希子)は、心配して考え直すよう助言するが、優子は逆に反発し…。なぜか耶居子が敬愛する、あの荒俣宏さんがゲスト出演!?
第6回「とんだミス・コン」
耶居子(森三中・黒沢かずこ)は、玲子(横山めぐみ)の娘・真奈美(大沢南星)がリトル・ミス・ピーチ・コンテストへの出場で悩んでいることを知る。地元特産の桃のイメージにふさわしい少女を選ぶコンテストだ。玲子はシンデレラのようなふん装で出るように促すが、母のような美人でも女らしくもない真奈美は、複雑な気持ちに。耶居子は「出場をやめたら」と言うが、真奈美はあくまで出場すると言う。そして2人はタッグを組む。
第7回「狙われた美女とブス」
突然、ユリエ(矢田亜希子)が部屋にひきこもり、耶居子(森三中・黒沢かずこ)たちは原因がさっぱり分からず、あたふたする。誰のせいかとうちわもめするうち、各人の料理で誘い出すことを玲子(横山めぐみ)が提案。結局、ユリエは耶居子の作った料理には手をつけず、優子(中村静香)たちは耶居子のせいだと責める。怒った耶居子は、部屋のドアに突進。ついにドアが開くが、驚いたことに部屋は散らかり放題で…。
第8回「いい日旅立ち」
ユリエ(矢田亜希子)たちのサイト「嘆きの美女」に攻撃的な書き込みをしていたのが耶居子(黒沢かずこ・森三中)だと分かり、玲子(横山めぐみ)たちは、耶居子につらくあたる。耐えかねた耶居子は、とうとうユリエの家を出ていく。それからまもなく、玲子と優子(中村静香)も自分の新しい活路を求め、ユリエの家を出る。にわかに独りになったユリエもまた…。ついに迎える最終回! 耶居子と美女たちの行方は?

キャスト

池田耶居子(黒沢かずこ)
浜島ユリエ(矢田亜希子)
沢山玲子(横山めぐみ)
水木優子(中村静香)

脚本・主題歌など

【原作】
柚木麻子
【脚本】
李正姫

ページトップへ