時代劇シリーズ
「夏雲あがれ」

初回放送

2007年6月7日(木)から放送[連続5回]
毎週木曜午後8時  総合

ストーリー

青春まっさかり、友情あつき三人の若者が、藩主暗殺を企む一派と雄々しく戦い、明日を切り開いていく物語。
東海の小藩から花のお江戸へ。
仙之助と太郎左は出世の糸口を掴んで旅立つが、
無役の新吾は一人取り残されて、好きな志保に嫁に来いとも言えない。
だが突然! 新吾は重大な役目を背負って江戸へ行く!

もっと読む

各回のあらすじ

第1回 「旅立ちのとき」
筧新吾(石垣佑磨)と花山太郎左衛門(青山草太)、曽根仙之助(崎本大海)は、友情あつき3人組。太郎左と仙之助は出世の糸口をつかみ、江戸へ。1人残った新吾は、無役の次男坊。好きな志保(安倍なつみ)に「嫁に来い」とも言えない。ある日、彼らの剣の師、鉢谷十太夫(堺正章)が、お家転覆をたくらむ蟠竜公(竜雷太)一派に襲われ、新吾が救う。一方、江戸では太郎左が花魁(おいらん・森口瑤子)を助けようと、一騒動に…。

第2回 「風雲うごく」
江戸へと急ぐ筧新吾(石垣佑磨)の役目は2つ。花山太郎左(青山草太)の代役で御前試合に出ることと、藩政転覆を謀る蟠竜公(竜雷太)一味の動きを探ることだ。新吾は道中、鉢谷十太夫(堺正章)に託された密書を狙われるものの、無事に江戸で太郎左と曽根仙之助(崎本大海)に再会する。太郎左の処分が軽いのは花魁(森口瑤子)のお陰と知り、礼を言いに行くが、3人の前で新造の梅(葵)が天野重蔵(青木伸輔)にさらわれる。

第3回 「迫りくる影」
おいらんの関屋(森口瑤子)がかわいがる、新造の梅(葵)が、旗本の息子・天野重蔵(青木伸輔)に誘拐される。新吾(石垣佑磨)らが調べると、蟠竜公(竜雷太)と旗本の天野家のつながりが分かる。しかも重蔵の用心棒は太郎左(青山草太)が剣の師と仰ぐ安富左右兵衛(中原裕也)だった。安富が蟠竜公の一味だと信じたくない太郎左は新吾とけんかになる。一方、鉢谷十太夫(堺正章)は志保(安倍なつみ)を連れ、江戸に来る。
第4回 「戦いのまえに」
蟠竜公(竜雷太)が将軍に会う日が迫るなか、天野重蔵(青木伸輔)が味方の安富左右兵衛(中原裕也)に命を狙われる。筧新吾(石垣佑磨)と花山太郎左(青山草太)は、かたきのはずの重蔵をかばい、花魁(おいらん)の関屋(森口瑤子)の寮にかくまって看病する。そんな新吾の熱意が通じ、重蔵の父の天野能登守(寺田農)が我が子を見舞う。そして新吾たちは、跡取りの篤之介(南圭介)に毒を盛った土屋白楽(真夏竜)を捕らえる。

第5回 「明日に飛べ!」<終>
蟠竜公(竜雷太)は藩主吉長(長谷川哲夫)の命をいつ狙うのか。新吾(石垣佑磨)と十太夫(堺正章)はその鍵を握るのは江戸家老の梅原監物(西村和彦)だと考えた。そこで、花魁(おいらん)の関屋(森口瑤子)と遊女に化けた志保(安倍なつみ)が待つ茶屋に、天野能登守(寺田農)が監物を招き、暗殺の決行日を探る。そして暗殺の決行日、吉長は篤之介(南圭介)と2人だけで会食をする。新吾らは吉長の警護につく。

キャスト

筧 新吾(石垣佑磨)
恩田志保(安倍なつみ)
曽根仙之助(崎本大海)
花山太郎左衛門(青山草太)
花魁関屋(森口瑤子)
吉原者銀次(平山広行)
花山弥生(黒川芽以)
梅原監物(西村和彦)
おようの方(多岐川裕美)
天野能登(寺田 農)
蟠竜公(竜 雷太)
鉢谷十太夫(堺 正章)

脚本・主題歌など

【脚本】
宮川一郎
小金丸大和
【原作】
宮本昌孝「夏雲あがれ」より
【主題歌】
TULIP「青春の影」
【演出】
山田髙道

ページトップへ