ザ・プレミアム
「おそろし~三島屋変調百物語」

初回放送

2014年8月30日から放送[連続5回]
毎週土曜 午後8時  BSプレミアム

ストーリー

ベストセラー作家・宮部みゆき原作の時代劇幻想ミステリー。悲しい過去を背負った少女の元に、江戸中から集められる数々の怪異・不思議譚。恐ろしく、切なく、美しい物語。

もっと読む

各回のあらすじ

第1夜「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」
17歳になるおちか(波瑠)は、ある事件をきっかけに心を閉ざしてしまった。そして、事件のあった実家の川崎宿を離れ、叔父・伊兵衛(佐野史郎)の住まう江戸の袋物屋・三島屋に居候することになった。女中頭のおしま(宮崎美子)の指導のもと、女中として暮らしはじめたおちかだが、ふとしたことから、三島屋を訪れる客・藤吉(豊原功補)の相手をしなければならなくなった。しかし、その客が語りだしたのは、曼珠沙華にまつわる、なんとも奇妙で恐ろしい話であった...。

第2夜「凶宅」
叔父・伊兵衛の提案で始まった百物語。今回の客人は、おたか(小島聖)という妙齢の女性であった。おたかは、おちかにある屋敷で起こった不思議な話をするが、なぜかおちかの素性を知っているような口ぶりで、おちかをその屋敷へと誘おうとする。そこへ、おたかの身元引受人である清太郎(川口覚)が飛び込んでくる。おたかを連れ帰った清太郎は、後日、おちかと伊兵衛を、屋敷の跡地へ連れて行き、そこにまつわる因縁を明かす...。

第3夜「邪恋」
期せずして、おちかは女中頭のおしまに自らの陰惨な過去を語ることになる。川崎の旅籠に生まれたおちかは、拾われ子の松太郎(満島真之介) と兄妹のように育った。長じて、おちかに縁談の話が持ち上がったとき、ちょっとした行き違いから松太郎が婚約者の良助(松田悟志) を惨殺し、自殺を遂げるという事件が起きる。それは、松太郎の歪んだ育ち方が、積年の恨みとなって噴出した事件であった...。

第4夜「魔鏡」
おちかの境遇を知って同情したおしまは、次の語り部に、かつて自分が奉公していた店のお嬢さんを呼んだ。お福(佐藤江梨子) というその女性は、自分の姉兄におきた、鏡にまつわる因縁話をする。恐ろしい体験に心をふさいでいるのは、おちかばかりではないと慰めるお福。しかし、おちかの心の闇は深く、おしまやお福に感謝しながらも、わだかまりが解けるわけではなかった...。

最終夜「家鳴り」
兄・喜一(石垣琢磨) と久しぶりに再会したおちか(波瑠)。しかし、喜一がもたらした話は、奇妙なものだった。実家の旅籠に松太郎(満島真之介)の幽霊が出始めたというのだ。松太郎の幽霊は、どこかへ向かうと言うので、もしやと思い、おちかのもとを訪ねたのだった。その頃、越後屋の清太郎(川口覚)は、おたか(小島聖)の様子がおかしなことに気づき、おちかを、越後屋の座敷牢にいるおたかと会わせる。おたかの瞳の中に異様な人影を見たおちかは、ひとり不思議な別世界へと迷い込む...。

キャスト

おちか(波瑠)
三島屋伊兵衛(佐野史郎)
お民(かとうかず子)
おしま(宮崎美子)
灯庵(麿赤兒)
松田屋藤兵衛(豊原功補)
おたか(小島聖)
謎の男(村上淳)

脚本・主題歌など

【原作】
宮部みゆき
【脚本 】
江良至

ページトップへ