よるドラシリーズ
「理想の生活」

初回放送

2005年10月10日(月)から放送[連続20回]
毎週月~木曜午後11時  総合

ストーリー

主人公・等々力勝利(60歳)は、自宅を「理想の二世帯住宅」にリフォームし、定年後は家族団らんの生活を夢みていましたが、息子が家を出て行ってしまい、大ショック。妻と2人きりの暮らしはケンカばかり。勝利の「理想の生活」はもろくも崩れてしまいます。定年後の生き方を模索する勝利は…。

会社人間だった勝利が、定年になり、あらためて家族を見つめなおし、これからの人生の生き方を必死に探す姿を、時にほろ苦く、時にコミカルに描きます。見終わった後に、じんわりと心があたたかくなるドラマです。

もっと読む

各回のあらすじ

第1週(第1回~第4回) 「ああ、マイ・パティオ!」
大手の商社マンだった主人公・等々力勝利(堺正章・60)は、郊外の自宅を定年後の生活に備えて二世帯住宅にリフォームした。定年を迎えた日、家族全員でお祝いの食事会を行う。その席で、長男の秀樹(鈴木浩介)が、子連れの年上女性(吉本多香美)との電撃結婚宣言をし、同居はしないと出て行ってしまう。勝利は、定年を迎えた日に、夢みてきた自分の理想の定年後の生活が崩壊してしまい、がく然とする…。

第2週(第5回~第8回) 「家族って何だろう」
勝利(堺正章)は美奈子(森口瑤子)に、地区センターで「男性むけの料理教室」を開いてもらいたいと提案する。定年チームは盛り上がり、早速料理教室を始めることになる。一方、雅美たちは、タップダンスの発表会をすることになり、合宿の計画をたてるなど大張り切り。ある晩、秀樹(鈴木浩介)が泥酔してタクシーの運転手に、間違って前の家を言ってしまい、突然帰ってきてしまう。そんな秀樹をみて心配になった勝利は、こっそり秀樹のマンションを訪ねる…。

第3週(第9回~第12回) 「最悪のバーベキュー!」
おじさんのアイドル・美奈子 (森口瑤 ) が一人で公園で泣いているのを見かけた勝利(堺正章)は、角川(竜雷太)たちに報告する。それを聞いた吉野(真夏竜)が「不動産屋が美奈子の家を買い取ろうとして脅迫まがいのことをしてるんじゃないか」という。角川たちは、美奈子を自分たちの力で守ろうとして…。
第4週(第13回~第16回) 「第4週「もういちど、夢を!」(10月31日~11月3日放送)
美帆(吉本多香美)の息子・純(広田亮平)が家出して勝利(堺正章)の家に一人で来てしまう。純は、秀樹(鈴木浩介)と美帆の結婚に反対している仲間として、勝利に親近感を感じているようだった…。勝利は秀樹のマンションにでかけ、「覚悟を決めてから純君の父親になれ」とアドバイスする。

第5週(第17回~第20回) 「バラ色の人生!」<終>
秀樹(鈴木浩介)は家出して実家まで来るが、勝利(堺正章)たちおじさん定年族がパティオで盛り上がっていたので、家の中には入れずに去っていく。亜樹(高野志穂)は仙台への転勤が決まり、等々力家の家族はいよいよバラバラになってしまう。家族みんなが集まっているところへ美帆(吉本多香美)から亜樹に電話がかかり、秀樹の家出は家族全員に知られてしまう。

キャスト

等々力勝利(堺 正章)
等々力雅美(風吹ジュン)
有田美奈子(森口瑤子)
等々力秀樹(鈴木浩介)
五十嵐亜樹(高野志穂)
牧野美帆(吉本多香美)
牧野 純(広田亮平)
五十嵐友則(近江谷太朗)
坂梨澄子(沢田雅美)
坂梨 滋(松山政路)
角川 勉(竜 雷太)

脚本・主題歌など

【作】
相良敦子
【主題歌】
「咲いた」Xuelian(シュエリエン)

ページトップへ