ドラマ10
「さよなら私」

初回放送

2014年10月14日から放送[連続9回]
毎週火曜 午後10時  総合

ストーリー

少女の頃、永遠の友情を誓いあった友美と薫。20数年後、運命は過酷な試練を用意していた。人気脚本家・岡田惠和が描く、女性たちの本音と真の友情物語。

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「彼だけはやめて」
誰もが羨むような幸せな家庭を築いた友美(永作博美)。独身を貫き映画プロデューサーとして活躍する薫(石田ゆり子)。2人は高校時代のある事件をきっかけに親友になった。春子(佐藤仁美)の呼びかけで久しぶりに同窓会で再会した2人は、すぐに親密な時間を取り戻す。だが友美にひとつの疑念が生まれる。「薫が夫・洋介(藤木直人)と浮気しているのではないか?」その真相を突き止めたとき、信じられない出来事が2人を襲う。

第2回「認めたくない喜び」
心と体が入れ替わってしまった友美(永作博美)と薫(石田ゆり子)。友美は薫として、薫は友美としてそれぞれの役割を果たすべく日常に戻る。薫を演じる友美は、息子・健人(髙橋來)と会えず憔悴するが、夫・洋介(藤木直人)に久々に抱かれ喜びも感じてしまう。一方、友美を演じる薫は、健人の無垢な愛情に接して母性に目覚めていく。そんな中、春子(佐藤仁美)が夫・光雄(尾美としのり)と冬子(谷村美月)の不倫を疑い始める。

第3回「秘密」
入れ替わりの生活に慣れてきた友美(永作博美)と薫(石田ゆり子)。夫・光雄(尾美としのり)に家庭の有難さを伝えたい春子(佐藤仁美)が、2人にホームパーティーを提案。光雄は冬子(谷村美月)との約束をドタキャンしてしぶしぶ参加するが、そこはこれまで誰だか知らずに浮気話を相談していた洋介(藤木直人)の自宅だった。波乱の予感に満ちたパーティーで、薫を演じる友美は息子・健人(髙橋來)と久々の再会を果たすが…。

第4回「別れの予感」
心が入れ替わった友美(永作博美)と薫(石田ゆり子)は、それぞれが抱える秘密を知ってしまう。薫の秘密は、かつて子どもを産もうとしたが出来なかったこと。そして、友美の秘密は、乳がんの疑いがあるということ。薫は、友美の体で病気と闘わなくてはいけないという事実に困惑するが、やがてそれが自分の運命だと思うようになる。一方、春子(佐藤仁美)は夫・光雄(尾美としのり)と冬子(谷村美月)の不倫を突き止めていた。

第5回「罪と罰」
友美(心は薫 永作博美)から乳がんであることを打ち明けられた薫(心は友美 石田ゆり子)は、自分の身代りになってしまう友美を気遣うが、友美は運命を受け入れようとする。なすすべもなく街をさまよう薫がたどり着いたのは、自分の実家だった。母・弘子(りりィ)は、それが本当は娘の友美だとは知らずに、隠してきた心の内を明かす。それは愛情ゆえに友美に厳しくしすぎたことへの後悔だった。

第6回「ママになりたい」
友美(心は薫・永作博美)の病気を知った洋介(藤木直人)は、ついに薫(心は友美・石田ゆり子)との不倫を告白するが、友美に動揺する様子はない。日に日に健人(高橋來)への愛情が深まっていく友美は、健人を連れて伊豆へ。友美の望みは、本当に母親になることだった。しっかり健人と向き合い「ばい菌をやっつける」と病気のことを話す。手術の前日、友美を励ますために病室に泊まる薫と春子(佐藤仁美)。そして手術日の朝…。

第7回「女と男」
離婚話を切り出した光雄(尾美としのり)から、友美(心は薫・永作博美)と薫(心は友美・石田ゆり子)と洋介(藤木直人)の関係を知らされた春子(佐藤仁美)は、友美と薫を食事に誘いだし愚痴をこぼし続ける。そこへ、何も知らない光雄が交際相手の冬子(谷村美月)の誕生日を祝うために来店。さっそく、春子と冬子の言葉の応酬が始まり一触即発の事態に。さらに、最悪のタイミングで光雄が仕掛けたサプライズプレゼントが…。

第8回「誰のための命」
がんの転移が見つかった友美(心は薫・永作博美)は、心が入れ替ったまま死ぬかもしれない現状を受け入れようとする。薫(心は友美・石田ゆり子)はそんな友美をいさめるが、「あなたのためなら死ねる」と告げられて激しく動揺する。友美の最後の望みは、残り短い時間を薫や洋介(藤木直人)や春子(佐藤仁美)たちと一緒に暮らすことだった。奇妙な共同生活が始まったその夜、眠れずにいる薫は、かつての自分の顔にキスをする。

第9回「幸せな家族」<終>
目を覚ますと、友美(永作博美)と薫(石田ゆり子)の心と体は元に戻っていた。何よりも健人(髙橋來)の母親に戻れた喜びをかみしめる友美。一方、心のどこかで安堵しつつも、友美が死にゆくことが耐えられない薫。その頃、光雄(尾美としのり)は洋介(藤木直人)から春子(佐藤仁美)の妊娠を聞かされ衝撃を受ける。星野家では、大家族での生活が穏やかに続いていく。友美は、二人が入れ替ったことの意味を考えていた。

キャスト

星野 友美(永作博美)
早川 薫(石田ゆり子)
星野 洋介(藤木直人)
三上 春子(佐藤仁美)
三上 光雄(尾美としのり)
遠山 冬子(谷村美月)
星野 健人(髙橋來)
山崎 遼太(水田航生)
高校生の友美(萩原みのり)
高校生の薫(秋月成美)
高校生の春子(南川ある)
三上 翔太(今井稜久)

脚本・主題歌など

【作】
岡田惠和
【音楽】
松浦晃久
【主題歌】
平井堅 『おんなじさみしさ』

ページトップへ