特集ドラマシリーズ
「大化改新」

初回放送

2005年1月1日(元日)・2日(日)放送[前後編]
1日・午後10時
2日・午後10時  BShi

ストーリー

西暦636年。中臣鎌足(23)と蘇我入鹿(そがのいるか)(26)は遣唐使の開いた私塾に通う同級生。神事を司る弱小豪族の息子・鎌足と、時の権力者、蘇我毛人(そがのえみし)の跡継ぎ・入鹿は対照的ではあるが深い友情で結ばれていた。しかし、独裁者の道を歩む入鹿は、敵対勢力である聖徳太子の息子・山背大兄王(やましろのおおえのみこ)の討伐を計画する。正義なき戦いに進む友を鎌足は体を張って止めるが、入鹿は耳を貸さず山背を打ち滅ぼす。二人の生きる道は分かれた。入鹿は独裁者として朝廷に君臨し、鎌足は野に下り、中大兄皇子(なかのおおえのみこ)と共に入鹿討伐を決意する。
西暦645年6月12日。鎌足は百済、新羅、高句麗の遣使を歓迎する宴の席で、入鹿を刺し貫く。

もっと読む

各回のあらすじ

前編 「青春の飛鳥」
西暦636年。弱小豪族の息子・中臣鎌足(岡田准一)と時の権力者、蘇我氏の後継ぎ・蘇我入鹿(渡部篤郎)は同じ学堂に通う大親友だった。正義ある国づくりを誓い合う2人は共に幼なじみの車持与志古(木村佳乃)に恋するが、与志古は鎌足と結婚。やがて、政治の実権を握った入鹿は、聖徳太子の息子・山背大兄皇子(山口祐一郎)の討伐を計画する。正義を見失った友を鎌足は体を張って止めるが、入鹿は山背を暗殺する。

後編 「友への誓い」
蘇我入鹿(渡部篤郎)は独裁者として朝廷を支配し、中臣鎌足(岡田准一)は野に下り飢えや病に苦しむ民衆の救済活動に献身する南淵請安(仲代達矢)と出会う。鎌足は請安に心酔し、彼の活動を支える中大兄皇子(小栗旬)と意気投合するが、入鹿は蘇我氏の独裁を糾弾する請安を反逆の罪で捕らえて処刑する。西暦645年。民衆を忘れた入鹿の国づくりを止めるため、鎌足はかつての親友・入鹿を倒し「大化改新」への道を開く。

キャスト

中臣鎌足(岡田准一)
蘇我入鹿(渡部篤郎)
車持与志古(木村佳乃)
山背大兄皇子(山口祐一郎)
中大兄皇子(小栗 旬)
蘇我石川麻呂(伊武雅刀)
中臣国子(大杉 漣)
軽皇子(吹越 満)
宝皇女(高島礼子)
蘇我毛人(原田芳雄)
南淵請安(仲代達矢)

脚本・主題歌など

【脚本】
池端俊策
【音楽】
大島ミチル
【演出】
片岡敬司

ページトップへ