ドキュメンタリードラマ
「1991 雲仙・普賢岳 ~避難勧告を継続せよ~」

初回放送

2011年6月4日(土)放送
午後9時30分  総合

ストーリー

1991年6月3日、噴火活動を続ける雲仙・普賢岳で大火砕流が発生。43人の命が失われました。5年余におよぶ噴火活動で、数千人が家を失い、避難生活を余儀なくされました。日本の火山災害としては近年で最悪の被害でした。この災害は、日本の防災体制に、さまざま名教訓と課題を残しました。大火砕流の悲劇から、今年で20年。いま島原の人々は党委の経験と記憶をかたりついでいかなければならない、との思いを深めています。20年前、災害の現場で何が起き、人々はそれにどう立ち向かったのか。島原の人々の証言をもとに、NHKが保存する膨大なニュース映像を駆使し、日本社会がかつて経験した災害史の実像を伝えます。

キャスト

太田和也・九州大学地震火山観測所所長
鐘ヶ江管一・島原市長
モーリス・クラフト カティア・クラフト夫妻
不破万作
大浦龍宇一
マティアス・ムレクス
クロード・ペロン
野村信次
児玉頼信

脚本・主題歌など

【脚本】
斉藤樹実子
【音楽】
オリビエ・フローリオ
【演出】
塙 幸成
ジェローム・コルノー
【演奏】
NHK交響楽団によるアンサンブル

ページトップへ