よるドラシリーズ
「笑う三人姉妹」

初回放送

2005年5月16日(月)から放送[連続20回]
毎週月~木曜午後11時  総合

ストーリー

長女のかもめは慰謝料専門の弁護士。次女のすずめは人気占い師。三女のつばめは旬を過ぎたトレンディ女優。婚期を逸した三姉妹とその家族の幸せ探しを、絶妙なセリフのかけあいでつづります。

もっと読む

各回のあらすじ

第1週(第1回~第4回) 「幸せは冷蔵庫の残りもの」
松岡家の長女・かもめ(浅野ゆう子)は男女間のトラブルを処理する慰謝料専門の弁護士。恋愛を頭で考えるタイプで婚期を逃し続けている。次女のすずめ(光浦靖子)は人気占い師。恋愛占いが当たると評判だが自分の恋はからきしダメで縁遠い。三女のつばめ(牧瀬里穂)は旬を過ぎたトレンディ女優。惚れっぽいが好きになるのはダメ男ばかりでやはり独身。そして、父・幸平(橋爪功)は、26年前に妻・時枝(野際陽子)が家族のもとを去って以来、同じ一軒家に住み続け男手一つで三姉妹を育ててきた。そんなある日、幸平が独身のハンサムな建築家・広瀬ヘンリー(田辺誠一)を連れてくる。広瀬をめぐる三人姉妹の恋のバトルの行方は…!?

第2週(第5回~第8回) 「思い出のテネシーワルツ」
かもめ(浅野ゆう子)の法律事務所に幸子(小林幸子)が現れ、幸平(橋爪功)が時枝(野際陽子)と正式に離婚するよう説得してほしいと迫る。一方、時枝の前には熱心な料理教室の生徒・室岡(井上順)が現れ時枝と急接近する。ヘンリー(田辺誠一)が自分の父親をずっと探していることを知ったかもめは、手がかりとして彼が持ち歩いている古いハーモニカを見せられる。ある日、家で幸平がハーモニカを吹いている姿をヘンリーが目撃する。幸平の吹く「テネシーワルツ」を聞いたヘンリーは、幸平が自分の父親ではないかと疑惑を抱く…。

第3週(第9回~第12回) 「恋の確かめ算」
かもめ(浅野ゆう子)は、広瀬ヘンリー(田辺誠一)が父親を探す目的でつばめ(牧瀬里穂)との写真が週刊誌に載るよう仕組んだと知り、ヘンリーを遠ざける。その後、幸平(橋爪功)は工場時代の元部下・塚越(石倉三郎)を松岡家に連れてきて、ヘンリーが探す父親との意外な関係を明かす。一方、かもめの目の前には司法試験時代に知り合った元恋人が数十年ぶりに現れ、無風だったかもめの恋が急展開する…。
第4週(第13回~第16回) 「I LOVE YOU」
ヘンリー(田辺誠一)は幸平(橋爪功)が心配するなか、亡き父の墓参りを塚越(石倉三郎)とすませて思い出のハーモニカを塚越に返す。かもめ(浅野ゆう子)は昔の恋人・安田(益岡徹)をデートに誘い、恋が再燃する。ところが安田の意外な素顔を知る。いっぽう、すずめ(光浦靖子)は帰国を控えたヘンリーへの恋に気づきはじめる。かもめは安田のアパートに乗り込んでいく。そこへ幸平が倒れたという知らせが入る。全員が病院へ駆けつけてかもめは時枝(野際陽子)と再会する…。

第5週(第17回~第20回) 「他人の恋ならよくわかる」<終>
幸平(橋爪功)が倒れて手術が行われることになる。かもめ(浅野ゆう子)は幸平の容態が心配な一方で、安田(益岡徹)を傷つけたことを後悔する。すずめ(光浦靖子)とつばめ(牧瀬里穂)も看病をしながら、それぞれの恋の行方に気づき始める。26年間別居中の時枝(野際陽子)は室岡(井上順)とオーストラリアに行くか心が揺れる中、幸子(小林幸子)と火花を散らす。幸平は手術の前に、全員に遺言を伝えることにする。それぞれの思いが交錯する中、ひとりずつ幸平の病室に呼ばれていく…。

キャスト

松岡かもめ(浅野ゆう子)
松岡すずめ(光浦靖子)
松岡つばめ(牧瀬里穂)
立花幸子(小林幸子)
広瀬ヘンリー(田辺誠一)
野沢時枝(野際陽子)
松岡幸平(橋爪 功)
安田 勝(益岡 徹)
塚越吾一(石倉三郎)
室岡(井上 順)
村田(有薗芳記)
堀北看護師(映美くらら)

脚本・主題歌など

【脚本】
秋元 康
【主題歌】
mink「おまじない」
【音楽】
谷川賢作
【演出】
小松隆

ページトップへ