プレミアムドラマ
「昨夜のカレー、明日のパン」

初回放送

2014年10月5日から放送[連続7回]
毎週日曜 午後10時  BSプレミアム

ストーリー

どんなに悲しくてもお腹はへる!夫を亡くしたテツコ(仲里依紗)と義父(鹿賀丈史)。
悲しみを乗り越える姿を笑いと涙で描く。
人気脚本家・木皿泉の感動小説をドラマ化! 

もっと読む

各回のあらすじ

第1回「台風とくす玉」
寺山テツコ(仲里依紗)は7年前に夫・一樹(星野源)をガンで亡くし、ギフ(義父)の連太郎(鹿賀丈史)と二人暮らし。ある日、テツコは恋人の岩井さん(溝端淳平)からプロポーズされる。そのことをギフは、義理の妹・朝子(片桐はいり)から聞き、なぜか動揺してしまう。テツコとギフには忘れられない思い出があった。それは一樹が入院していた頃、病院からの帰り道、焼き立てのパンを抱いて帰った時のことだった…。

第2回「星とゆきだるま」
テツコ(仲 里依紗)は岩井さん(溝端淳平)のプロポーズをきっかけに、亡くなった夫・一樹(星野 源)のことを、少しずつ忘れ始めている自分に気付く。一方、ギフ(鹿賀丈史)は、一樹の幼なじみである隣の家の娘・通称「ムムム」の本名がどうしても思い出せない。ムムム(ミムラ)はある日突然、笑えなくなり引きこもりになっていた。ある夜、ひょんなことからギフは幼なじみだったムムムにも、一樹の死は深い傷となっていることを知る。

第3回「山とエレベーター」
老後の趣味のため、山登りに興味を持ったギフ(鹿賀丈史)は、テツコ(仲里依紗)から同僚の山ガール・里子(吉田羊)を紹介されて大喜び。しかし登山中にギフは体調を崩し、倒れて込んでしまう。絶対に連れて帰るという里子に、なぜかギフは亡き妻・夕子(美保純)を重ねてしまう。一方、テツコはある秘密を岩井(溝端淳平)に知られて動揺する。そんな時、二人はエレベーターに閉じ込められ思わぬ展開に…。

第4回「幽霊と△」
寺山家にはナゾの傷が廊下にあり、ギフ(鹿賀丈史)は亡き妻・夕子(美保純)の首にあった傷が乗り移ったと思い込んでいた。ある日、夕子の法事が営まれた。朝子(片桐はいり)が突然、若い男(栗原類)を連れて来るなど騒がしい中、霊感鋭い岩井(溝端淳平)は夕子の幽霊と鉢合わせする。さらに一樹(星野源)の幽霊が、テツコ(仲里依紗)を抱きしめているところを見てしまう。しかし、霊感鈍いテツコは、そのことに気づかない。

第5回「カードと十手」
岩井さん(溝端淳平)が結婚詐欺にあい、五百万円をだまし取られたという話を聞き、テツコ(仲里依紗)は怒りが収まらない。お金をだまし取ったのが小学生の少女(蒔田彩珠)だということがわかり、テツコはその少女と会うことにする。一方、隣家の小田和正(小倉一郎)から借金の相談を受けたギフ(鹿賀丈史)は、家宝である金の十手を質屋に入れて工面をしようとするが、それが金メッキだとわかり大きなショックを受ける。

第6回「蟻(あり)とオンナ」
テツコ(仲里依紗)は、一樹(星野源)の骨をお墓に返すため、虎尾(賀来賢人)と一緒にドライブにでかける。一方、岩井さん(溝端淳平)は、双子の兄が家出をしたために、兄の代わりに会社を辞め、実家に帰らなければならならないという。そのころ、ギフ(鹿賀丈史)は書道教室で出会った富士子(毬谷友子)を自宅に招く。ギフは恋をしたのだ。しかし、たまたま訪ねてきた義妹の朝子(片桐はいり)と鉢合わせとなり…。

第7回「ご飯と銀杏(ぎんなん)」<終>
突然、ギフ(鹿賀丈史)が手紙を残して長い旅に出てしまい、心配するテツコ(仲里依紗)。それが、書道教室で知り合った富士子(毬谷友子)との温泉旅行だとわかり、テツコはギフの恋を邪魔しているのではないかと不安になる。その頃、ギフは岩井さん(溝端淳平)のアパートを訪ねていた。富士子にだまされて北欧家具を大量に買わされてしまったギフは、その処理に困り、岩井の元へ家具と一緒に転がり込んできたのだ。

キャスト

テツコ|寺山徹子(仲 里依紗)
ギフ|寺山連太郎(鹿賀丈史)
岩井さん|岩井正春(溝端淳平)
寺山一樹 (星野 源)
ムムム|小田 宝(ミムラ)
秋山朝子(片桐はいり)
寺山夕子(美保 純)
小田和正(小倉一郎)
小田みゆき(筒井真理子)
ギダリエ|柳田理恵子(小野ゆり子)
竹内虎尾(賀来賢人)
山ガール|小川里子(吉田 羊)
サカイ君|坂井良一(福士誠治)

脚本・主題歌など

【原作・脚本】
木皿 泉
【音楽】
阿南亮子

ページトップへ