土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年11月22日のテーマ

あいつぐ犬の遺棄 なぜ“命”は捨てられる?

先月から各地であかるみになった犬の遺棄。 栃木の事件では今週、元ペットショップ従業員が逮捕されました。 しかし他のケースは依然不明のままです。 一連の問題で特徴的なのは、いずれも“小型犬”ばかりだということ。 その背景にはいったい何があるのか? 今回の事件をきっかけに、なぜ“命”は捨てられるのか、日本人とペット、おもに犬との関わり方について課題と方策を深読みします。

●あいつぐ犬の遺棄事件についてどう思う?
●犬や猫の殺処分を減らしていくにはどうすれば?
●よりよく人がペットと関わっていくにはどうしたら?
など「ペットの遺棄事件」「人とペットの関わり方」について、みなさんの疑問や意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

相次ぐ犬の遺棄について

ペット産業が大規模になる中、ブリーダー、ペット売買の資格が簡単すぎるのでは?ブリーダーを立ち上げるのにいくらかかるのでしょう?」
飼う方にしても、犬の生態を知らなさ過ぎる。人を育てるくらいの費用もかかることを自覚しているのか。
10歳を過ぎると、介護が始まる事も自覚すべき。
可愛いだけではなく、命の自覚を促すためにも「犬税」は必要。
また、犬税は動物のために使う自治体の監視も必要。
成犬の引き取り手が少ないなら、成犬の良さメリットを広報してほしい。
能力的に、子犬よりも物覚えが速いし、恩を絶対に忘れないし飼い主に対して絶対的な信頼を寄せてくれるのは、成犬ならではです。

保健所からの引き取り

私の家では、アフガンハウンドという大型犬がいます。これは8カ月の時に保健所に持ち込まれ、保健所やボランティアの努力で私の家に来ました。とても飼いにくい犬なので飼える人も限られ、扱いに困って保健所に持ち込んだようです。保健所の人がそのとき「私たちも殺したくない。引き取るたびに心が殺されていくよう」と話していました。よく殴られたのか最初は人間におびえていました。あれから5年。頭もよく私たちと一緒に生きています。飼うときには犬の性質や大きさや自分たちの生活も知って飼ってほしいです。現在、猫6匹、犬2頭いますが、捨て猫、保健所引き取りです。でもこういうふうに暮らせている引き取りの子はひとにぎりです。

かわいい、しか見ない日本人

犬の問題だけではなく、日本人はかわいいもの、純粋だと思うものに異常な執着があると思います。
殺処分をされている犬がかなりいる現実には目を向けず、小さい子犬、かわいい子犬ばかりを求める人たち。人と同じ犬を持って安心する人たち。

マスコミも、ヨーロッパのペットの飼い方、流行りの犬を飼うのではなく体の丈夫な雑種や犬の個性を大切にする考え方をもっと紹介すべきです。

可愛いけど迷惑なことがあります

必ず、夜、冬の季節です。散歩のとき平気で門柱におしっこを掛けて去る、真っ白な雪が黄色のシミに、そしてフンを雪の中に靴で押し込めて去って行く、それが冷凍保存され、春雪解けの季節に解凍されて生々しく出てきます。気持ち悪くて本当に腹立たしく思います。苦情を言うと必ず犬仲間で話題にしてうるさい人的にされる。

ワンコを飼う前にもう一度じっくり考えてほしい。

殺処分されてるワンコがいる事を考えると、ペットショップがなくなればいいと個人的に思っています。犬を飼うという事は家族が増えるという事です。初めは子犬でも成長し、その過程でケガや病気になる事もあります。餌代、病院代、ずっとワンコが年老いて亡くなるまでちゃんと責任を持って面倒をみてあげれますか?人間の都合で産まれて、人間の都合で命をなくす。そんな話を聞く度に怒りを感じます。犬の命を大切にしてほしいです。


犬のディスプレイ

このテーマはいいですね。ただし後ろに純潔の小さな可愛い犬を置くのはどうでしょう?先ほど可愛い犬を求める消費者にも原因がある様な言い方していましたよね?その刷り込みになりませんか?
なぜ動物愛護センターの犬を置かないのでしょうか?
きっと希望者が沢山手をあげるとおもいますよ。

犬との関わり方

私は正直犬嫌いです、触りたくもありません。しかし様々な理由でペット(犬)を心の支えとされてる方もいらっしゃるので、ペットを可愛がることについては尊重します。その上で申し上げれば生産者・販売者・購入者・愛護団体などが連帯してペットに責任を持つ仕組みを作ることが必要なのではないのでしょうか。

ブリーダー

私もブリーダーです。トリマーや訓練の資格を持って繁殖しています。相次ぐ犬の放棄のニュースには心を痛めています。ブリーダーが全て悪いように思われていますが、繁殖犬でも家族同様に大切にしているブリーダーも多勢います。
問題は繁殖方法、法律の改正、犬の管理方法だと感じます。
何でもかんでも禁止する法律がこのような事態を起こすのだと思います。
行政の立入検査も5年に一回ではなく、毎年すべきです。
ブリーダーもせめて犬の健康美容に関して知識や技術を持つべきです。
確かに劣悪な環境で金儲けの為だけで繁殖しているブリーダーがいることは確かです。指導する者が積極的に働きがけしなければ、悲惨な事態は無くならないでしょう。

ペットの売買

飼い主の居ないペットたちがたくさんいる中、どうしてお金で動物を買うのでしょう?

本当に動物が好きなら、品種とかなんて関係ないのではないでしょうか?!

お金で売買するから、こんな問題が出てくるのだと思います。
増やすだけ増やして、売れない子はどうなるのでしょう?

日本も動物の住民?登録みたいなものを作れば良いのではないでしょうか、、、
動物虐待や惨殺事件が多い中、いくら法律が変わったとしても罪は軽すぎます。
命を何だと思ってるのでしょう!

わが家は今までも保護犬や保護猫をたくさん迎えました。
今もねこは10匹以上お世話しています。

ペットショップの狭いケージの中にいる犬やねこを見ると、可愛いと言うより可哀想になります。

商品ではないのですから!

世話できなくなったから捨てたりする人が、飼う資格なんてありません。
最期まで家族として大切にしてあげて欲しいです。

命の尊厳

私はペットは飼いません。何故なら自分が誰かのペットになれと言われたら嫌だからです。本来、人間と同等の尊厳を持っているはずの命を売買し、私物化すること自体に反対です。

  • twitter
  • NHKオンデマンド