土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年11月22日のテーマ

あいつぐ犬の遺棄 なぜ“命”は捨てられる?

先月から各地であかるみになった犬の遺棄。 栃木の事件では今週、元ペットショップ従業員が逮捕されました。 しかし他のケースは依然不明のままです。 一連の問題で特徴的なのは、いずれも“小型犬”ばかりだということ。 その背景にはいったい何があるのか? 今回の事件をきっかけに、なぜ“命”は捨てられるのか、日本人とペット、おもに犬との関わり方について課題と方策を深読みします。

●あいつぐ犬の遺棄事件についてどう思う?
●犬や猫の殺処分を減らしていくにはどうすれば?
●よりよく人がペットと関わっていくにはどうしたら?
など「ペットの遺棄事件」「人とペットの関わり方」について、みなさんの疑問や意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

ペットの命が軽すぎるのだと思います。

一部の無責任な飼い主以外の、一般飼い主にとってはペットは家族となっています。
その一方で、無責任な飼い主、今回問題になっているペット業者が、生き物を生き物とも思わない扱いで、屋外に放置したり、保健所に引き取らせたり、閉じ込めたまま一生を終わらせたり、お金にならなければ殺す・・・ということをしています。すでに個人のモラルや倫理観、道徳観に頼るだけでは、この状況は変えられないのだと思います。誰にでも飼(買)えて、誰にでも捨てられる、誰が殺しても誰にもわからない・・という状況を変えるために、繁殖者、販売者、飼育者は免許制にし、動物にもチップなどで戸籍のようなものを作り規制し管理する、もうそれしかありません。目下業者の8週齢規制が急務です。ある程度淘汰し、行政の監視が行き届くように。犬の命とお金はどちらを大切にするかという議論に集約されると思います。お金のために犬を殺すのは間違っていると思います。

小さな命

日本は動物達に対してあまりにも遅れすぎています いまだに物扱いです 海外の良い所をもっと取り入れるべきです ペットショップの生態販売も禁止すべきです 虐待、殺しなども人間と同じ罪にし裁くべきです 法が甘すぎるのです 海外では殺す事もなく生態販売もなく動物を家族に向かい入れるには保護施設やちゃんとしたブリーダーから生まれるまで待って向かい入れる方法を取っている国もあます 物扱いしている状態で小さな大事な命の重さを学べるはずがないと私は思います 政治家の方達もくだらない事でゴタゴタしているひまがあるなら小さな命の事を優先してやるべきです なによりも命が優先です 小さなうちから学校で命の重さを学ぶ事も大事ではないでしょうか 一日も早く不幸な子達がいない世の中にしなくてはいけないと思います

ペットの売り買いをやめたら?

我が家は犬ではなく猫を常に飼っています。ペットショップのお世話になったことは皆無。知り合いから生まれたばかりの子猫を譲り受けたり、捨て猫を拾ったり。責任持って預かるから責任を持って最後まで面倒をみます。命を売り買いするから、軽い気持ちで命を遺棄できるんですね。

ブリーダーを制限する

犬猫の殺処分の問題は一部のブリーダーによる安易な供給量の増加だと考えます。ブリーダーの資格取得基準や運営基準等を制限して厳しくするとか、違反した場合は罰則を重くするとか規制をしていけばよいのではないでしょうか?販売する際にも一生付き合っていく覚悟を持って飼育できるような方に販売するとか出来れば理想的だと思います。ペットも家族として一緒に暮らすわけですから、我が子として育てる意識や覚悟が必要だと思います。

ドイツの取り組みとの比較

ドイツではペットの殺処分は原則的にはないそうです。是非とも比較検証をして欲しい。基本的には生き物を商品、つまりはモノ扱いであるからこういう現状になるのだと思う。命として扱う意識をどう高めていくか?繁殖者、中間業者、飼い主、ペットと共に生きていくためには何が必要か?そういう番組にして欲しい。

ペットショップの販売をなくすべきです。

商品としてあるから過剰に繁殖させ、賞味期限ならぬ販売時期や流行に左右され、イタズラに苦しめられるのは犬猫小動物達。いい加減、この悪の連鎖を断ち切る為に、罰則を厳しくし、高価な取引を止めさせるために、みんなショップで買わない!命何だから買うっておかしいとなぜ気づかない?食料になる牛、豚とは区別すべき。


ご意見募集中!
「ペットの遺棄事件」「人とペットの関わり方」について、みなさんの疑問や意見をお寄せ下さい!

  • twitter
  • NHKオンデマンド