土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年02月09日のテーマ

丸刈りでおわび!? ニッポンの“謝罪”どう考える?

先週、20歳のアイドルが恋愛問題に対し丸刈りで詫びた動画がネットで公開され、注目を集めた。これは海外でも報道され、丸刈りで謝罪するということに疑問の声もあがっている。スポーツの世界などで丸刈りでお詫びをするということはあったが、今回、海外に発信されたことで、その是非が議論となっている。 ニッポンの"謝罪"のあり方について深読みする。

皆さんは今回の出来事をどう受け止め、日本の謝罪の在り方をどう考えますか?
是非、皆さんの意見をお聞かせ下さい。
ご協力、何卒よろしくお願いいたします。

テーマに寄せられたご意見

取り上げるような話題か?

丸刈りにした原因も丸刈り自体も社会的に問題のあるものではないのに、わざわざとりあげることか?あっさり報道してた中国のレーダ照射のほうを真剣に取り上げるべきでは。

何を反省し、どのように改めるのかが大事な

今回の峰岸さんの件について言えば、団体のルール違反ということでルールに対する罰則をきめていないのが問題です。AKB所属のアイドルとしての自覚を問う規則ならば団体の中で規則に基づいて謝罪すればいいのです。周りの大人の責任が大きいと思います。仮に彼女が自発的にやった行動だとしても、配信する必要などないことです。マスコミがとりあげて騒ぎが大きくなるのが目的だと思うので、過剰な報道の仕方は考えたほうがいいです。
丸刈りについては、運動部で負けたら、とか気合を入れるためとか
ミスの罰でなど行われていますが、自発的な行動は別として罰としてはその時は嫌な思いをしても結局時がたてば忘れて、度重なるとなれてしまい効果がないように思います。
体罰もそうですが、体を痛めつけて教えたり、償わせたりするのではなくしっかりと何がいけなかったのか、今後どうするのかを考えさせることが大事ではないでしょうか。

適切かつ良い内容でした

土曜朝には重たい話題ですが、NHKがAKBの件を扱ったのは適切だと思う。
ルール違反を行ったら原因はともかく「まず謝る」のは理解できるが、彼女の行った行為は、ルール違反に対する責任に真正面から取り組むのを避けた、という意味では原発事故等の不祥事での政府機関や企業の取ったリアクションと同根なのかもしれず、日本の文化だと言われれば、そうなのかもしれない。
ただ、他国民から日本人が謝るのは責任を回避するのが目的なのだと思われたとしたら・・・ゾッとする。
若い女性を丸刈りにして溜飲を下げたり、謝りまくる事で責任を回避しようとするのは日本の文化では無い。
日本が間違ったイメージで解釈される事は、納得いかないし、訂正されるべき事案だと思う。

今後番組では、日本のイメージ回復策を取り上げて欲しいです。

丸刈り騒動の海外報道日本文化発信の可能性

本日の放送大変興味深く見させてもらいました。特に海外での報道について、国内をターゲットとしたアイドルグループのメンバーでありながら、海外であれだけ注目されたことに大きな意味があると思います。中でも「かわいい文化の国で何が起こっているのか」、「まるで軍隊だ」という海外からの批評は、日本に対する興味と警戒(理解できないものは怖い)の表れです。今回放送された宗教、規律、罰則という日本の丸刈りの歴史を踏まえて丸刈りの真意を海外に発信することが重要だと思います。また、峰岸さんの丸刈りは私を含む多くの日本人にとっても不可解であるという事実も伝えるべきです。NHKには海外向けにもこうしたことを発信し、また類まれなプロデューサである秋元さんにもこの機会にAKB48だけでなく、日本という国の理解のために是非各国に上記のことを発信してもらいたいです。

こういう謝罪方法が一般化するのではと危惧

詳しい背景は知りませんし、丸刈りネット謝罪が本人の意思によるのか、事務所の指図によるものかはわかりませんが、あまりに痛々しく、衝撃的です。社会に衝撃を与える意図によるものなら、その意味では十分効果があったと思いますが、本人の意思ではなく、事務所の策略だとしたら、日本のイメージダウンが大きく損なわれた点、怒り心頭です。もしも、本人の純粋な気持ちからの行動であったのなら、痛々しく、若い娘がそこまでする必要は全くないのだよと励ましてあげたいです。つまり、本人の意思か、他人の意思で強制されたかにより、かなり違った印象をうけるのだと思います。国際的には、女子柔道の暴力指導問題もあり、日本はやっぱりだめだな、というのが、一般的な反応でしょう。メディアは、背景を調べ上げて放送するべきです。本人以外の意向で芝居をさせられたのなら、大元を厳しく糾弾し、そうした行為の強制を根絶すべきです。

丸刈り謝罪は潔くなど無いと思う

男らしいなどど意見されている方が居るが果たして疑問だ。不祥事や失敗に謝罪が不要とは言わないが「丸刈り」して謝罪すればOKなどというのは、謝る側も受ける側も問題を先送りしてるに過ぎないと思う。これは「許しを得る前提」のもとの行為であり、誠意も潔さのかけらも私は感じない。番組でも触れられていたが、具体的な解決策(この場合ならたとえば芸能活動の自粛とかか?)を示して、実行してこそ意義があるはず。そもそもこの出来事は謝罪した当人の思いがどうあれ、ごく個人的な内輪もめ(あえてそう書く。)のように思われ、不特定多数の人にわびねばならないような公共性のあることではないだろう。ことが過大になっている現状にあっても関係者(AKBの事務所など)が火消しに回らない様子を見ると、話題性重視のパフォーマンス的な意味合いが大きいようだ。こんな趣味の悪いかたちでも宣伝になり注目が集められればいいのだとしたら、悪辣な話だ

世界の反響というけれど

番組で見るまで話題自体を知りませんでした。したがって見始めた時から見終わった直後までの番組への感想は「こんな変なモノ取り上げるなよ」「何を半端に普遍化してるんだ」でした。
 5分ほど経過して、別々の二つの感想を新たに抱きました。
その1、質の低いモノはどんどん全世界に垂れ流すことができるようにして、価値のありそうなものは著作権とか放映権とかコピー制限とか囲い込まれてどんどん人に届かなくしている人類ってバカだなあ。
その2、最初の「世界の反響」で紹介されたのは西洋人の言い分ばかりで、討論ではさらに絞って「日米比較」に終始していたが、反響の国々としてイスラーム圏らしい国旗が見えていた。アジアやイスラームの受け止め方(文化の差)にも目を向けてこそ「グローバル」なのではないか。というか単純に知りたかった。
 ちなみに、そのアイドルの方には「毅然としない切腹はカッコ悪い。伝統文化を学びなさい」

第三者に意見を求められても

今番組見ました。
AKBという団体のローカルルールを日本全体に当てはめようとすることに無理があるとしか・・・
「自分がファンだったとして謝罪を受け入れられるか?」と想定してみましたが、「ローカルルールに同意していないので答えようがありません」としか言えないですし。

「丸刈りは謝罪だと思うか?」という点に関してなら、「出家」という行為からの派生だと思いますので、わりと違和感なく受け付けられます。なんでNHKは軍隊云々と結びつけたがるんですかね?そっちのほうがよほど不快です!

結局、「当事者間で反省を形に表す行為」として『彼女は丸刈りを選択した』だけなので、第三者からみれば放っておけとしか思えないですよね。

考えさせられました。

峯岸さんの丸刈りがいい悪いは別にして、謝罪の場面を見て思うのが、正と悪を作り出さなければならない風潮があるのではないかということです。謝罪する側にも言い分があるでしょう。謝罪を受け入れる側(謝罪させる側?)は、絶対に否はなかったのか?これらのことが整理されないまま、とにかく正と悪(善悪)を作り出し、話を殊更ドラマ仕立てにしているようにも感じます。だから謝罪も形式的になり心に迫るものがないのかもしれません。報道の方々は、触れたくない部分もあろうかと思いますが、善悪の「仕分け」だけではなく、それに至った経緯を、そのような諸事情を含め示して欲しいと思います。峯岸さんの丸刈り。「水に流す」という日本の文化でしょうか? 著名な人の行動は、たとえある業界のある一部の動きであっても、ニュースになり得るし、それが日本の文化や風潮を代表するものだと思われてしまう可能性があることがよく分かりました。

人によっては…

今回の趣旨からは逸れてしまいますが、おしゃれをしたい年頃でもキーモセラピーの副作用や頭部の手術などで髪を落とさなくてはいけない人達の気持ちを思うと複雑です。

髪がない=恥ずかしいこと?

日本の文化的側面からの解説は興味深かったです。

  • twitter
  • NHKオンデマンド