土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

一緒に考えよう

今の子供達は、過保護。危ないからと木に登らせない。公園からは、遊具が消える。私たちが子供の時は、当たり前のように周りにあったものが、なくなり、逆に高額のオモチャ、パソコン、回転寿司など私達が子供の頃にはなかったものが当たり前のようにある。他人との関わりが苦手になってきた今の子供は、心のコントロールが出来ない、大人たちが造り出したモンスターだ。
何もかも排除するのではなく、何もかも与えるのではなく、痛みも、悲しみも、我慢も教えていくのが大人たちの課題。自分は傍観者で、言いたい事だけ言う。性に興味を持つのは当たり前の成長。その時に正しい性を教えなければならない。面倒くさがる大人がまず姿勢を正さないと、ホントの意味で子供たちは守れない。レストランでよく見る風景。親はスマホ、子供たちはゲーム機、会話なし。はだしのゲンを見て家族で話してもらいたい。

社会的乱雑さについて

科学の一分野に乱雑さを扱う分野がある。自然界は乱雑さが増大する方向にある、というのだ。そしてこれは不可逆反応で元に戻ることはない。社会も乱雑さが増大する方向にあるのではないか。言論の自由、表現の自由これが社会の基本原理とすれば、社会的乱雑さは増大の方向にのみ向かう。それが様々な現代のメディアに反映しているのだろう。社会的乱雑さが増大する世の中、果たして住み心地が良いのだろうか。何か基本原理とは違った何かが人間社会には必要なのではないだろうか。

テレビに一部不満

TV に自主規制をもうけて欲しいと思う事がたまにあります。
芸人の上下関係や嫌がること行わせる空気を読むのをコント以外で行い過ぎで、「いじる」が学校で真似ることでいじめの元になる。
芸人は仕事でやっているが子供は普段で芸人の「いじる」「空気を読む」を行おうと真似ので、いじる側空気を強制する側に真似をしないように最後に真似をしないように言うなど芸人らしく「落ち」をつけて欲しいと思う。芸人のボケばかりの行動を制作・放送側で止めて欲しい。
と番組を見て思った。
NHKは固いところでボケたままが少なくて助かります。

人権尊重を唱えるべき

ネット時代に見るものを規制するなど不可能。又現実の世界には残酷なこともいっぱい。子供向け童話も話も非常に残酷。そこからどう生きるかを学んでくるもの。
問題は、人権尊重の姿勢が根底にあれば、相手(対象)に思いを寄せることもできるし、いじめなどということもなくなるのではないですか。
規制を考える前に、誰の人権も損なうことはできないということを徹底的に教えるべきでしょう。
国のトップに立つ政治家、学者、企業経営者からして、その感覚の欠如をさらけだしている気がする。思い過ごしだといいのだが。

テレビ番組の製作者さま

子供向けに限らず、テレビ番組がほとんど全て幼稚になってきた印象です。 中学生と高校生の子供がいますが、バラエティー番組は騒々しすぎるので、消音にして字幕onにしています。
それで内容が解る程度の番組ばかりのようです。もっとも小さい画面でタレントの顔が映し出される表現が嫌いで、あまり視聴しなくなってきていますが。
  そんな我が家の中高生も、ネットは毎日利用しています。スマホは不要との事で、家のパソコンで各自の興味のある内容について、自由に使っています。主にニコ動でしょうか?
始め、私は非常に心配しましたが、会話が多い家庭なので素直に話し合うことで解消しています。 新聞・テレビ・ネット等、普段から話題にして意識を持って利用しないと、支配されるという事を伝えるのが大人の役割ではないでしょうか? 昔からエロも含め、やばいものは隠れてでもみたいのが人情なのだと思います。

子供を大人の考え方で見ていることに問題がある

過激な表現が子供に与える影響についての大人の議論を見るときいつも思うことは、、子供はその生まれた環境や自身の性格や個性がすべて異なり、従って社会から受ける影響のされ方も度合も個々にすべて異なるという当然の大前提を十分考えていないように思います。たとえば、近年増加している残虐な少年犯罪の増加を最重要の社会問題と認識する立場から、一般の大人の良識感覚(この程度なら問題ないとか、表現の自由が大事だとか)で議論するだけでなく、悪い方向に影響を受けやすい子供が社会の中に少なからずいることから、社会として考える基準やルールをよりそちら側に配慮すべきでありそれが社会ルールのあるべき考え方ではないかと思います。

はだしのゲン

子供の判断は8才未満は無理だと思います。
ジブリではたびたび道に飛び出して事故になりそうなシーンをほのぼの描いている。
「ママには内緒」「夢の世界に連れて行ってあげる」など児童書に多い。
子供にいちいち、実際にこんな事言う人は悪い人よ、いくら急いでも道に飛び出してはダメ、と言い聞かせていたら子供がすっかりお話し嫌いになりました。
困ります!

気付かない人ばかり

ニュース番組で凄惨な事件の凄惨な事情を、包み隠さず語ってくれるのは、
『子供に見せたくない(聞かせたくない)もの』の中に入らないでしょうか?

簡単ですが、基本的に、その情報が子供にとって
実感がわくほどリアリティある想像力をもたらすかどうか
で線引きすべきだと思います。

きれい事

子どもと話し合い、なぜそれが欲しいか意見を聞くなどと言っていたが自分が子どもの頃にHな本が欲しかったらそれを面と向かって親に欲しいと言えるだろうか?
親は子供を教育しなければいけない立場にあるので規制やむなしというのはあるが、その都度子供と話をするなんていうのはキレイ毎であり、現実離れしている意見だと思う

名作は?

グリム童話や日本の昔話を聞いて、読んで育った人がどの位いるんだろうか?
そういったものも規制されてしまうとするなら、これからの子供たちはおとぎ話を知らずに育つことになる。それはちょっと悲しくないだろうか?
例えばはだしのゲンは原爆の惨さを知る子供が読むことは決して悪い事ではないと思う。なのに、規制してしまうと子供は読めない。
それを知る事で心に響くこともたくさんあるわけだし、その一面だけを見て「これはだめ」と決めつけるのはよくないと思う。
子供だってまるっきりの馬鹿じゃないから、考える。考えることまで奪わないで欲しい。

  • twitter
  • NHKオンデマンド