土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

マンガやアニメの子供達への影響力は大で、かつ、思わぬ方向に向かう可能性がある


 人間は死後に生まれ変わると信じている子供達の割合が非常に高いことが報道されたことがある。これについて、マンガやアニメで登場人物が死んでも生き返る場面を子供達が事実としてとらえているのでないかという意見があった。そしてこれが子供達の自殺の増加につながることが危惧された。作者達は死に関する空想がまさか子供達の自殺に関係するとは思わなかったであろう。
 今回の「はだしのゲン」に関する問題についても、描かれている過激な行為が事実としても、理解力や思考力の発達していない子供達がそれを見ると、作者の意図とは全く異なる影響を子供達に与える可能性がある。極端な場合、残虐行為に子供達を駆り立てることになるかもしれない。

規制について

ある程度の性描写などは、規制が必要。しかしながら、規制しすぎると返って反発をかうこともある
性については、興味があるのは、当然だし、過激なものだけにするべきだ。

過激な表現 子供たちに与える影響について

松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになる。また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題になる。
これらの社会的に表面化した事案はむしろ遅すぎたきらいがあるものと私は直感しています。加えて特にバーチャルゲームは表現の自由をはき違えているものと痛感しています。
理由は子供たちの成長期にあっては、誘導心理が必要以上に働いて、悪影響を及ぼすことになるからです。対策としては法的なセフティーネットを早急に有識者による議論を積み重ねて結論を見出すべき案件でありましょう。

喫煙シーンだけの規制は恣意的な規制

喫煙がカラダに悪いから喫煙シーンがダメなのだとしたら、カロリーが高かったり塩分や糖分が多い食べ物もカラダに悪いという点では同じ

喫煙シーンを規制するなら、そういう食べ物のCMや、そういう食べ物をドラマで食べるシーンも規制すべき

人に迷惑をかけるから喫煙シーンを規制するというのなら、スピードを出して走る車が出てくるアニメやドラマのシーンも規制すべき

論理的には両方どちらも規制するか、どちらも規制しないかという選択肢しかない

カラダに悪いものや人に迷惑をかけるものが一律に規制されるのなら仕方ないと納得できるが、喫煙シーンだけ規制するという選択は恣意的で不合理な規制であり納得できない

すべては目的による

例えば、どんなに残酷な表現であっても、それが事実であり、
「その残酷さ悲惨さを伝え、二度とこのような歴史を繰り返すべきではない」
ということを教育の目的にするなら規制すべきではない。
したがって、『はだしのゲン』は規制すべきではなかった。

喫煙シーンでもそうである。
例えば、事実に基づいた物語(ノンフィクション)ならば、
その時代、その人が喫煙していたのなら、それが自然な表現であり、規制すべきではない。

ただし、そうではなくて、タバコ会社がスポンサーとなり喫煙シーンをドラマに盛り込むという宣伝方法は規制すべきである。いわゆる創作ドラマでの喫煙シーンは極力規制するのが望ましい。

よく、古いドラマやアニメには差別用語が使われたりしているが、「お断り」を視聴者に提示している。
例え、事実に基づくドラマでも、現代に合わない内容を含む場合「お断り」等の配慮は必要だろう。

NHK深読み


ご意見募集中!
子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
ご意見お待ちしています。

  • twitter
  • NHKオンデマンド