土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

学校と性、芸術と性

学校とは社会に出ていくまでの準備をする場所でもある。そして社会では学校で教わらないようなことも様々出てくる。今、街のコンビニにいけばアダルトの本もおいてある。インターネットも常用化してる現代では性を無理に規制するより正しい知識を教えた方がより自然と感じる。芸術と性でも同じことが言えると思う。大切なのはその作品が何を言わんとしているかを考えたり、感動をもらったりすることである。その事を規制し表現の自由を奪うことはとても機械的で人間としての感情をせばめてしまうものになってしまう。

現実社会への適応力を作る教育

現実社会では、性情報や暴力映像が溢れている。それをどう受け止め、対処できる子供を育むかが重要であり、闇雲に規制し判断力をつけずに社会に出すのは親や大人としてどうか?子供は大人以上にいろいろな情報を得て知っている。正しい考え方を与えるのが大人の役割。現実を現実として受け止める力を育てられない事の方が問題。むしろ積極的に教育していくべき。性教育にしても将来困ったことが起こらないように、子供の幸せを願って正しいことを早く教えていき、間違った性情報に惑わされないような子供を育成していきたい

表現の自由?

表現の自由っていえば何でもOKではないはず。表現する人がメッセージも何もなくただ売れるためにやっていることを表現の自由と言わないでほしい。

親子で話し合う

皆さんのご意見はどれもごもっともです。ただ、皆さん『家庭で話し合う』ことを前提としていますが、そもそも家庭で話し合う機会、時間や場が非常に減少していることはどう考えていますか?今の社会というか日常が、親子で話し合う機会を奪っていると思います。

規制に賛成です

やっぱり規制は、必要だと思います。
先ほど、もう中2なんだから!という会話がありましたが、まだまだ中2の子どもです。

親も いろいろで 話し合いもできる家庭もあれば、極端ですが…喫煙した中学生の我が子に大賛成な家庭もあるのです。
そんな子どもにも 教育していかなくては なりません。

今の 日本には やはり 規制をしなければ 大変な未来になりそうなきがします。

本物だけが持つ強み

二人の子どもを育てもう30代になっている。私が中島みゆきが好きで保育園の送迎中の車中もずーっと中島オンリー(当時彼女の歌は暗かったのです)、おかげで娘は自称「生まれる前からのファン」。当時知人から「性格が歪む」と言われたが、ただの立派なファンになっただけ。今は二人仲良くコンサートに行ってる。彼女は小学校2年から「源氏物語」をベースにした「あさきゆめみし」を読み始め、いくら何でも早すぎるのではと思ったが、別に悪影響はなかった。性的描写、暴力、「喫煙」などの枝葉末節ではなく、全体としての価値があるかどうかがポイントなのではないか。そしてそれを判断するのは個々人の親の価値観であるべきで、お上が判断する、まして一般人の知らないところでこっそりと「子どもに見せない」ことを判断するのは大きなお世話と言う他ない。

子供のためって

子供たちのためって大人が言うけど子供の意見を聞かないで自分たちから全てを奪っていく
大人の言うことも分かるけど子供のことを本気で考えていない。自分たちも子供のころにしたことあるのを自分たちの子供にはさせないって可笑しい。いい大人って言わせたいと思うなら大人の都合で見られない子供の気持ちも考えてほしい

規制等いうなの言論統制では?

規制する前にするべきことを放棄しているとしか思えない。
先ずみて何がダメなのか子供たちに説明するのが教育だと思います。
違いますか?

都合良すぎる

あなたたち大人は昔、少々過激な表現を見ることができた。なのになぜ今になってそれがダメになるの?そんなに子どもたちから学ぶ場を奪いたいの?

臭いものにフタでは

ものの善悪は、オトナが教えなくてはならないし、その責任を放棄してはならない。臭いものにフタなんて安直な手を取ってはならない。倫理は経験によってのみ養われると思う。

  • twitter
  • NHKオンデマンド