土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

表現規制

規制が甘かった時代に育った我々世代はそんなに暴力的なんでしょうか。
要は親や社会が育てる事を放棄して思考停止しているだけなのでは?
親に対する『過保護』です

日本の規制

海外では、このテーマにある規制は早くから厳しくなされていました。
だからそれに比べて日本は規制がとてもゆるいという認識です。
日本のゲームソフトやマンガの中に海外では販売できないものが多くあるのというが、歴然とした日本と海外の差です。

子供の意見

何でもかんでも「教育」といって子供の娯楽を縛ると、ストレスがたまり、行動でストレスの発散をし始めます。
だから、すべてを「教育のため」と言って狭めていくのはおかしいと思います。

繊細さへの対応

私は家庭毎に幼い頃は規制する方が良いと思います。

裸足のゲンの性的表現・残酷表現についての話もありましたが、幼い頃は視覚による刺激が非常に強い為、ストーリーの落し所よりもその過程の過激表現の方が頭に残り、脳内に刷り込まれます。
繊細な時期に過激イメージに感化・慣れてしまう事が非常に怖いです。

良い作品、悪い作品

良い作品があって、悪い作品がある。
両方の情報を知るから自分の価値観が生まれるのでは?
過激で残酷な作品を見ないで、良い作品ばかりを見て、何故『何が間違っている』という判断ができるのでしょうか?

子供のため??

今のアニメやゲームは確かに迫力あるし危ないのもあるが、それを話し出したらきりがなくなる・・・
最近の親は敏感すぎ、はっきり言ってうざい・・
子供は何が何でも隠れても見る、もし規制しその子供が大人になったら今まで規制されてたのが見れ見えることになるとますます一気に興味をもち、それをしかる親もいなくなるとまずいのでは??

ある程度規制は必要

私が子供のころは、テレビで性的な暴力シーンが垂れ流されていました。

親はまったく子供の教育に無関心な家庭だったので、私は幼少期に、そういった過激な映像にさらされて育ってしまいました。

いまでもたくさんの恐ろしい映像は、脳裏に焼き付いて離れません。

そのことだけが理由ではありませんが、大人になっても男性恐怖、男性嫌悪があることの一因に、このこともあるだろうと、自分自身では思っています。

表現の自由

再度投稿します。
よくメディア側の人たちは表現の自由といいますがそもそも表現の自由とは政治的な迫害についてあらわしたものだと考えます。政治的名マイノリティの人たちでもその意見をしっかり言えるそれが表現の自由であって、まだ心でどう捕らえていいかわからない子供たちに裸をさらしたり暴力シーンを見せたりというのは表現の自由といわず単なるDVだと感じます。なぜメディア側の人たちは子供が大人になるまでのちょっとの間を待てないのでしょうか?日本文化の力量というのを疑問視します。メディア側の人たちはその影響力の強さ、強引さを認識すべきだと思います。

子ども自身の権利

転ばぬ先の杖は、子どもたちの理想的な成長を阻みます。パターナリズムそのもの。変に規制し隠し取り上げるから、かえって歪んで影響を受けてしまう。
子ども自身で話し合い、自分たちで判断させなければならない。自己決定能力のためにも、判断させることが重要。

子供の理解力を見極めて

はだしのゲンは読みませんでしたが、確か同じ作者の方の戦争漫画は見た覚えがあります、私は小学校5、6年生の時、ピアノの先生の所で、タイトルは忘れましたが、永井医師の原爆患者の報告、背中のやけどなどの写真が多く入っている、大人用の新書版ぐらいの本を読みました。戦争の残酷さ、を知りました。今もその本をもう一度読みたいと思ってます。小学生だから、中学生だから、と言っても、子供によって理解力は異なると思います。問題はやはり、そういうことにぶつかった時、どうフォローするか、ということです。3.11震災の時、いろいろな経験をした子供たちの多くが随分大人になったと感じました。社会、特に政治の規制には危惧を感じます。ようは、大人は、子供に対する自分の判断を、自分自身で決めずに、他人任せにしてはいけない、と思います。

  • twitter
  • NHKオンデマンド