土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

見たものは消せない

昔話や漫画について、規制をかけるのはナンセンスだと思います。また、愛情表現そのものを見せないようにすると、恋愛そのものを「汚いもの」と印象づけてしまって、逆効果だとも思います。ただ、一度見てしまったものを記憶から消すことはできないということは確かです。心に傷を残すようなものは、見せたくありません。

過保護もいいとこ

今の大人は子供時代にどのような漫画や映画などを観てきたかを忘れていませんか?その時代を思い起こすとよい。チャンバラや西部劇など、勧善懲悪のストーリーが多かった。その中で、主人公が悪人を切ったり、撃ち殺したりする場面はわくわくしたものだ。そのような時代を過ごしたこどもは悪人になりましたか?ほとんどの子供はまともな大人に成長していることを認識すべきです。

じゃあ、今の大人は・・・?

私は高校生で、大人でも子供でもないから
言えると思うのですが
子供が見るものを規制したがる大人は
自分自身が子供のときどうだったんですか?
自分自身でも性的、暴力的な漫画や
テレビ番組をみていたのではないですか?
そして、いま、その大人たちは
全員が犯罪などにいたっているのですか?

性教育を見直すべき

規制というのは、問題の解決にならないと思います。
臭い物に蓋をする事より、性教育を見直すべきでは?
日本は性教育後進国だと自覚すべきです。

年齢によるのでは?

内容の残酷さを見せていいのは年齢によるのではないでしょうか。6,7歳までは残酷な内容は避けたほうがいいと思います。14歳くらいまでは昔話などはオリジナルどおりでいいと思いますが最近のものは注意が必要だと思いす。14歳を過ぎてからは非常識な内容でない限り、はだしのゲンのような内容は見せていいと思います。子供たちが判断する力がついているのではないでしょうか?

子供達をなめるな。

熱い話し合いをありがとうございます。しかし、そんな会議して何になるのでしょうか。
見たいだけじゃないですか。それによって影響されるのは、ほんの少しの人たちですよ。なぜ、なんもしてない僕らがそういう、制限をうけなきゃならないのでしょうか?

過激だから…わかるけれど…

残酷、性的、モラルがどうの…
言いたいことはわかります。
わかりますけれど…気にしすぎ…かな?
子どもだって親やまわりの大人がきちんと教えていれば良いことと悪いことの区別や程度はわかると思います。
「危ないものから遠ざける」のではなく「危ないものを区別して避ける術を教える」のが子どもの成長にも良いのではないかと私は思いました。

ただ奪うのではなくきちんと区別することを手助けするのもてではないのですか?

臭い物は臭い

臭い物に蓋をするのは、単なる現実逃避ではないか?
見せた上で、臭い物は臭いんだと教えるのが、本当の教育でしょ?
今の規制への流れは、教育の敗北だと思います。
余りにも浅慮で、表層的過ぎるでしょう。
規制を言う側のほうが、考えることを放棄していると思います。

なんだそりゃ

何もかも規制だらけじゃダメだと思う!

子どもの判断能力をなめちゃだめ!

暴力をヒーロー化するのはおかしい

暴力によってどんな悲惨さが存在するのか、現実と向き合って隣人を尊重することを考えさせられるのはいいけれど、暴力を犯すことがヒーロー的であるように見せるアニメやゲームは倫理的に問題だと思う。

  • twitter
  • NHKオンデマンド