土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

正しい知識も

幼い頃父の週間漫画雑誌から性表現を見て、何だろう?と頭が一杯になりました。制限しても限界はあります。子どもの年齢に合わせて、性の正しい知識を教える事が、混乱を和らげるのでは。日本の性教育は遅い。

規制の対象はどこまで?

そういう知識を持った友達などから、見たり聞いたりすることはどうなのでしょうか?
時にはそういう友達を大人だなと感じることもあります。
取り締まる対象は本当にメディアだけなのでしょうか?

どこまで子供たちに見せる?

頭からいけない事は全てダメと制限するのは大人の勝手だし全てが正しいとは思えない。離れて傍観するのも大人の仕事だと思う。

規制しすぎ

僕たちだって悪い事と良い事位は分かります!
規制しすぎると社会人になって荒波に揉まれてすぐに折れる人になると思います!
確かに最近は携帯の普及率が上がって行くのは分かりますがさすがにやりすぎです
ちゃんと子供の事を考えて!

表現の自由

いよいよ図書館戦争シリーズみたいになってきましたねw
表現の自由があるし、私たちにそれを見る権利がある。というのを私は図書館戦争を読んで学びました。もしメディア良化委員会みたいなのができようとしたら断固反対したいです。

なんだか変ですね

しずかちゃんの話を聞いていて思いましたが、何だか変ですね。一場面だけを取り上げて話をしていますが、本来なら物語全体の要旨を議論すべきなのではないでしょうか?しかも、さるかに合戦みたいな物語ではその効果も考える必要があると思います。お仕置が残虐性を助長するのか、悪いことをすると罰が下ることを伝えているのか…。大人は真剣に考える必要があります。『教育』という言葉が不必要に振りかざされることがないようにしなければなりません。

子どもとしては・・・

子どもとしては、あまり規制とかされたくないです。
親が心配な気持ちも分かりますが、残酷な事件はメディアから来るのではなくもともとその子にそういう気があったからです。そういう子は、ニュースで事件について聞いただけで真似する可能性もあるのでは?
メディアの規制の意義がわかりません!

規制は必要

なんでも見せて話し合いを、という意見もわかりますが、その「話し合い」が出来る状態にない家庭が沢山あるのです。
また、見ていけないと言われると見たくなる、と言いますが、「見てはいけないと言われているものを見てしまっている」のと「許可されて見ている」のは子供の意識が全く違います。
そして、目にしたものは、たとえ最初は過激に思えても、だんだん慣れてしまいます。学校でのいじめの多くも、ドラマの真似も多いのです。
今は、番組に出演されているような良識派の方々には思いもよらないようなモノも容易に子供の目にふれるようになっています。
規制は絶対に必要です。

大人向け作品は何でOKなんですか?

子供向けのものを論じるのはもちろん必要ですが、大人向けの読み物のほうが ひどい性表現や過剰に胸の大きい学生服姿の女の子を登場させ、スポーツ新聞等の内容や、コンビにで売られている成人向け雑誌を、朝の通勤電車の中で、子どもの前でわざと性描写を見せるようなこともされています。
性描写の氾濫は止められないのでしょうか。刺激を受けて性衝動を抑えられない大人もいるとおもいます。

なぜ小説だけ除外するのでしょう

性的なもの、暴力的なもの、自殺を助長する、これらの理由ならばなぜ映像や画像だけが対象になるのでしょう。悪影響だというならば小説だって影響するのでは……? そんなことを言い始めたら日本の文学や文化は全部無かったことになってしまいますがその辺はどう考えているのでしょう。

  • twitter
  • NHKオンデマンド