土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2013年08月31日のテーマ

子どものため? どう考える“過激”な表現

今月、松江市教育委員会が表現が過激だとして図書室の「はだしのゲン」について閉架にするよう小・中学校に求めていたことが明らかになりました。(26日に撤回)また、スタジオジブリの映画「風立ちぬ」の喫煙シーンについて自粛を求める声が上がったことも話題に。マンガやゲーム、テレビや映画など、子どもへの“過激”な表現についてどう考えたらいいのか? 今回のニュースを入り口に、日本の過去の事例をひもときながら、深読みします。

●マンガなどで子どもの目に触れさせたくないと思ったことは?
●子どもたちに対する規制や制限についてどう考える?
●規制するかどうかの線引きは誰がどうやって決める?


テーマに寄せられたご意見

親、社会の教育放棄の結果

全ての対象物に、規制をかける行為は、教育のためではなく、子供に対する親、社会の道徳教育の放棄である。
性表現の規制を行う前に、学校と親における性教育の体質を見直す方が重要である。

過激な表現は基本的に賛成

過激な表現は見せない、危ない道具を使わせない、規制して遠ざけることは簡単ですが、逆に、成長してから善悪や危険性の判断力が低下するのではないかと、疑問に感じます。
親がきちんとダメなものはダメと躾け、安全な道具の使い方を教え、親子で考えることが大切だと考えます。
それが出来ていないから、身勝手だったり、社会性のない人間が増えているのではないでしょうか。

公の場での議論が必要

今回「はだしのゲン」で一番問題だったのは特定の個人の意見と判断に基づいて秘密裡に事が行なわれたことだ。今の子どもたちはメディア以前に実生活の中で様々な過酷な現実に接している。フィクションの世界だけ「安全」にしても無意味。暴力のための暴力と現実社会の暴力ははっきりと区別すべき。そしてその判断は公開された場でなされるべき。

子供に考えさせる

私は小学生低学年の時、初めてロールプレイングゲームをして、ゲーム中人の家のタンスからアイテムをとったり、可愛いモンスターを倒したときに、ちょっと胸が痛みました。「いいのかな?」と、疑問に思い周りに軽く言ってみました。すると「現実じゃないんだから」と返事が返ってきました。軽い罪悪感を抱きながらもプレイし続けました。こういう感情をを抱くか、周りと話せる機会があるかどうか、などが問題だと思います。まずはソフト表現を問題に、子ども自身に考えさせるのが一番大切だと思います。

どうでもよい!

正直な所、規制が多すぎる!
アメリカに比べると、日本は考えが小さすぎる、何でもかんでも規制規制で、面倒くさいし、いちいち国会で問題にする程ではないんじゃないかな?

制限しないが親のフォローは必要だと思う

私の子供の頃は、両親から制限ありませんでしたし、今より過激な放送が多かったように思います。今は、規制が多いと思う中…パソコンやスマホが多く普及し子供も持っています。テレビやマンガ、映画など規制してもネットに繋げれば、見れないものはないので意味ないと思いますが…(^。^;)童話の内容変更も考え物です。親がきちんと子供を見てあげているかいないかなのでしょうか…

こどものため?

教育の為と言う意味で規制を掛ける事は大事だと思いますが、しかしその前に街にあふれるコンビニなど行けば子供の目線にあるポルノまがいの雑誌など海外ではあり得ないと外国の友人に言われました。はだしのゲンをとやかく言うより日常に触れやすいものを規制して行くべきなのでは?

触れさせないことが最善なのか?

何かにつけて、「臭いものに蓋」。
これは良いことなのですか?
今の世は、価値観を植えつけることにしたのですか?
子供に考えさせるのは面倒ですか?
子供との議論が面倒ですか?
正解がないと不安ですか?

「あれは、見てはいけないものなのだ」で終わりですか?
世の出来事には一つの正解しかあり得ないと決めてますか?

親子で読む(観る)べき

過激だから隠すのでなく、親子や教師(大人)も一緒に読んで(観て)、親の考えを伝えることが大切だと思います。
ウチには中学生~大学生の三人の息子がいて、一時期、ケーブルテレビの昔の刑事もののシリーズドラマにはまり、その中には喫煙シーンも暴力シーンも沢山ありましたが、私もみながら「今では、こんなこと有り得ないよね」などと伝えるようにしていました。
私の子ども時代のバラエティー番組でも、食べ物を粗末に扱う場面で、母に「これはテレビの中だけ」と言われたのを覚えています。隠して隠しきれる訳ではないし、大人の知らないところでこっそりみて、片寄った解釈をしてしまうことの方が心配です。

レイティング設定を適切に行うべき

過激な表現を規制するのでは無く、過激な表現の漫画などを子供が手に入れられないように徹底すべきだとおもいます。映画なら映倫などがありますが、漫画や小説は出版会社の自主規制だけだと思われるので、そのような機関が必要でしょう。また、それらの機関がレイティング設定を適切に行い、販売もレイティングにそって適切に行うべきだと思います。

  • twitter
  • NHKオンデマンド