土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年09月06日のテーマ

繰り返される大雨の被害 命を守るには…

この夏、記録的な大雨による被害が全国で相次いでいます。中でも、広島市では、8月20日に大規模な土砂災害が同時多発的に発生、多くの方が犠牲になりました。被害を受けた地区は「土砂災害警戒区域」に指定されておらず、さらに市による避難勧告が災害発生後に出されるなど、さまざまな課題が浮かび上がってきています。台風、秋雨という秋の大雨シーズンを前に、なぜ被害は繰り返されるのか?私たちはどう災害のリスクに備えるか?深読みします。

●なぜ、災害は繰り返されると思いますか?
●政府や地方自治体の対策の課題は何か?住民の防災意識は?
●いざという時の避難や対策はどうあるべき?
など、大雨や台風への疑問やご意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

非常配備

自治体職員です。
非常配備が決まると、当番班の職員が配備につきます。これには、各職員のプライベートの状況は考慮されません。住所、病気、家庭環境など。暴風雨の最中でも、非常配備がかかると出勤しなくてはなりません。
災害時、夫は会社。もし、私に非常配備がかかると、暴風雨の中の出勤というリスクだけでなく、子どもだけを家に残すことになります。
公務員であり、勤務命令であり、自分で対処、というのも分かりますが、とても不安に思っています。
自ら大災害の被災者となった場合、子どもを残して出勤可能か?
預けるところがない人はどうしたらいいのでしょう?
過去の被災地の母達はどう対応したのでしょう?
母としてだけでなく、父として、子どもとして親を残して出られるのか?そのような情報は、全く報道されません。
番組で、消防・警察の職員だって怖いって、この報道だけでもしていただけて、ありがたく思いました。

避難判断の垣根を低くしては

日本の災害に多い土砂災害・浸水害は地域によって危険度も大きく異なり、行政の呼びかけで一斉に命を守る行動に出るのは難しいと思います。特に都市近郊のベットタウンではその傾向が顕著で、甚大な被害が出た地域に隣接する町内会ではショッピングセンターやレストランが普通に営業していて遠くからも週末を楽しむ人々が集まって来ている、といった光景も見られます。
気軽に避難出来る受け皿として地域の集会所を活用してはどうでしょう。行政は資金面で補助する。造る時には比較的安全な場所選定・災害に耐える建築構造などで行政と地域住民の防災意識を共有する。完成後は災害への不安レベルが同じような地域の人達だけで集まれる場所になります。
また、停電で真っ暗闇・傘も役に立たない豪雨・溢れはじめる道路側溝、といった悪条件下でも「道順を良く知る地域の集会所まで行けば」という意識があれば切迫した時期の避難も決断できるかと思います。

担当者

市町村の議員のなかからも、担当者を選び専門職として努力してほしい.

公務員だから?

防災担当の方が人手不足で担当になったが防災については全く知識がないとの意見があったが、担当になったら、しにもの狂いで勉強すべきです、民間企業ならそんなことは許されません。だから、お役所は・・・・と言われるのです。
それから、避難はあくまでも自主判断であるが、そのような情報にうとい人が近所にもたくさんいます。日頃からとなり組てき付き合いをして、情報を持ってる人が引っ張るなどの行動が出来ると良いが、なかなかそれが出来ない昨今ですよね。

ホットライン

災害時、ファックスが見落とされていたと報道で知りました。
情報は、多くを積み上げることも大切ですが、気象庁などから、本当に警戒すべき時は、市長など、トップにホットライン
で伝えられることはないのでしょうか?
ミスを防ぐことは大切です。

経験しました

2001年東海水害時避難しました。当時夕方から何時もの雨と違い夜遅くには雨脚も激しく広報車の音声は聞こえませんでした。TVで避難勧告が出ていたので、実家の兄に聞いて避難することに。近くの小学校に
行くまで本当に大変でした。膝上までありました。小学低学年の息子を連れていたので不安でした。
でも結果避難してよかったです。どこが安全な道か危ない道かが確認出来ました。経験はとても大事です。

皆が「大丈夫だ」という雰囲気も多い

その雰囲気を、一歩踏み出して変えるのは誰か?

気象予報士の活用を

全国に9000人を超える気象予報士の大半は気象業務とは無関係の仕事をしています。もったいない。
各市町村に専任気象予報士を配属させては?

ハザードマップがあるのに、災害事故発生する場所がわかっていないのか?

災害情報には、災害発生の時間予測(予想)だけではなく、ハザードマップによる場所の災害発生予測(予想)がある。
既に発生した場所は、今後も必ず起きる場所に指定されることになり、今後も常時避難勧告発令中の場所、つまり今後住居を建ててはならない場所である。
次に発生する場所はどこか、今回発生した場所と共通した条件にある場所である。これは、災害発生が予想されているのだから、必ずいつかは災害による事故が発生するということである。これはは、当然、その時の対応が準備されている。
自然災害が起きた時に、災害による事故が発生する条件、場所はわかっているはずだ。それにもとずき、避難指示勧告するのが当然、いい悪いではない。
そういう場所には、すぐに避難勧告をします、避難したかどうかも確認する。
67歳男

国と地方の言い訳

 議論の姿を見ていますが、予報すべき気象庁の義務と責任は?

 点での予測は無理でも、面での予測はできるでしょ!
 実際、広島の大雨では、FAXを送ってはいおしまい。情報の伝達の徹底のためのTELをしていれば防げたかもしれないでしょ。

 そんな責任放棄の体制を改善してからでしょう。違いますか?

  • twitter
  • NHKオンデマンド