土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年09月06日のテーマ

繰り返される大雨の被害 命を守るには…

この夏、記録的な大雨による被害が全国で相次いでいます。中でも、広島市では、8月20日に大規模な土砂災害が同時多発的に発生、多くの方が犠牲になりました。被害を受けた地区は「土砂災害警戒区域」に指定されておらず、さらに市による避難勧告が災害発生後に出されるなど、さまざまな課題が浮かび上がってきています。台風、秋雨という秋の大雨シーズンを前に、なぜ被害は繰り返されるのか?私たちはどう災害のリスクに備えるか?深読みします。

●なぜ、災害は繰り返されると思いますか?
●政府や地方自治体の対策の課題は何か?住民の防災意識は?
●いざという時の避難や対策はどうあるべき?
など、大雨や台風への疑問やご意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

防災担当

防災担当の平常時の大事な仕事は防災マップの作成、更新や気候条件ごとの被害発生予測など防災プランを立てるなど一杯ある。

災害非難

災害があるたびに思うのですが、自己判断で非難する場合、避難場所・非難用品などどのようにしたら良いのでしょうか?
行政規模で避難勧告が出た場合は自治体で対処して頂けるのでしょうが、個人の場合の対策を教えてください

家を建ててはいけない場所

家建ててはいけない場所に、家を建てさせてしまっているのではないですか?

自己責任

自分が住んでいる地域の危険な場所の把握が必要。逃げろと言われたら逃げたのに、なんて人のせいにしすぎ。自分で自分の命は守らなければ。警報が出れば職員は職場に待機していますがその間自分の家族を置いて出てこなければなりません。自分の家や家族が被害にあっているかもしれない。そんな人たちを責めるのはどうかと思います。みんな同じでしょ。

空振り「狼少年」を恐れず避難勧告を出せ

 広島の土砂災害でも、午前1時15分には土砂災害警戒警報が出ていたが、避難勧告は午前4時15分まで遅れてしまった。それが、悲劇を生んだ。大事なのは警戒警報・避難勧告を空振りを恐れず、「狼少年」になるのを恐れず、避難勧告を出し続けることだ。「役所は避難勧告を出しました」みたいな卑怯だが、アリバイつくりともなる。広島土砂災害で我々が学んだのは避難勧告をだすタイミングが遅れたことだ。確かに大雨の予報も出来ないのに、土砂災害の予見などムリだ。でも、何度でも避難勧告をだすことはメリットこそあれデメリットはない。砂防や防災こそ都道府県庁の行政や警察、消防のやるべき義務であり、ひとをして治めるくらいでないと如何ともしがたい。災害は予見は出来ないが避難訓練などで何とかなるものだ。まさに、まずは隗よりはじめよ、だ。

事後対応かリスクの事前軽減か?

広島の大規模土砂災害を契機に、災害が起こった場合の自治体の避難勧告の遅れ、すなわち事後対応の問題が論じられています。でも、そもそも危ないところに家は建てないまたはリスクを認識したうえで建てるというようにリスクをあらかじめ軽減しておくほうが効率的だと思います。過去から河川の氾濫を繰り返してきた場所を扇状地と呼ぶのだと思いますが、そこに家屋を建てればいつか災害が起こるのは必然ではないかと思います。
このようなリスク対応の考え方は、人・モノを首都圏に集中させ、わざわざリスクを高めておいて、巨大地震が起こったらどうしようと考えることと同様に被虐的にさえ思えます。

自分の身は自分で守る

行政側の担当を増やせという意見があるが、リスクに関しては、どこまで対応すればいいか不明なこともあり、財政負担が多くなる。住民が自分の身は自分で守るという自覚が必要で、その上で、行政が最低限なにをできるか明確にするべき。逆はない。事前のリスクコミュニケーション(情報公開)は重要。

住民が行政に頼りすぎ

自分が住むとことがどんなところなのかを知らなさすぎです。
行政がどんな危険があるかを知らせても素直に受け入れない。
いざ、災害が起これば、自分の非を認めずに行政に責任を転嫁する。こんなことの繰り返しが、お互いの信頼関係ができずに今に至っている状況。
行政組織が非常時に機能しないのは、普段から行政批判が激しすぎるからで、住民が自分で追い込んだ結果である。
自分の命を自分で守る。やっぱりこれが今の現状である。

災害避難に関して

行政も個人も、これまでここでは災害はなかったという感覚が基本にある。
行政も個人も意識を高めることが大事。そのために訓練をやっているのでは。

土砂災害訓練が必要

地方自治体で地震の災害訓練はやっているが、土砂災害の訓練はやってないのでは?事前の訓練をやっていないと、情報の分析も避難勧告もできないのは当たり前。災害はいつ起こるかわからないので人手を避けないの言うのは、災害はぶっつけ本番で対応することでやむを得ないと言っているようなもの。平素から地区毎に訓練をやって、改善策を立てる仕事をやっていれば、専任者が何人いてもたりないはず。災害対策で最も重要なのは「事前訓練」です。

  • twitter
  • NHKオンデマンド