土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年09月06日のテーマ

繰り返される大雨の被害 命を守るには…

この夏、記録的な大雨による被害が全国で相次いでいます。中でも、広島市では、8月20日に大規模な土砂災害が同時多発的に発生、多くの方が犠牲になりました。被害を受けた地区は「土砂災害警戒区域」に指定されておらず、さらに市による避難勧告が災害発生後に出されるなど、さまざまな課題が浮かび上がってきています。台風、秋雨という秋の大雨シーズンを前に、なぜ被害は繰り返されるのか?私たちはどう災害のリスクに備えるか?深読みします。

●なぜ、災害は繰り返されると思いますか?
●政府や地方自治体の対策の課題は何か?住民の防災意識は?
●いざという時の避難や対策はどうあるべき?
など、大雨や台風への疑問やご意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

自分の命は自分で守る!人任せ、避難指示だけに頼ってはいけない

海外在住の者です。自然災害はほとんど起きない平和な地域に住んでおりますので日本の事情には本当に大変なことだと毎回災害が起きるたびに悲しい思いをし、また自分の住む環境にも感謝しています。日本人の方の気質について感じます、あまりに疑いを持たないというのか、すべてを人任せにする傾向があるように思います。日ごろ、自分の住む場所がどういう地形であるのか、緊急災害時に起きる最悪のシナリオなどを考えた事がある方はいらっしゃるのでしょうか?私は東日本震災後、この安全な場所でも最悪のシナリオを考えてそれなりにどこに緊急時は避難するべきかプランがあります。最悪のシナリオなど誰も考えたくはないでしょうが、それを意識して常に避難指示などを頼らず勘を働かせて少しでも安全な具体的に決めてある場所に移動することで命を守っていただきたいです。動物の勘とでもいうのでしょうか、勘についても思い出していただきたい。

意見

専門の経験年数を積みにくい市町村役場の体制にも問題があるように思います。僕たち市民も危険かどうかを判断して、自主防御をする必要があると思いました。

温暖化は進んでいるのだから

地球温暖化の対策の一貫として各自治体に補助事業として対策費用を割り振り、大雨対策としての各箇所にセンサー、監視装置を積極的に設置し、自治体には二十四時間監視体制を行うように促していく。災害が今後少なくなるように何かしなければ。地球温暖化は確実に進み、人民を蝕んでいるのだから。国を含めたアクションがほしい。

地方自治体の職員を削減した結果

地方自治体の職員は、日々の業務で精一杯です。
財政再建のため、給料は抑制され、人員は削減されてきました。

その結果、いざという時の準備が、後回しになったのでは、ないでしょうか??

税金上げて、職員を増やす、或いは、他のサービスを削る、
命を守るために、住民に選択してもらいたいです。

おいおい

人のせい市のせいにするのは醜い気がする。もっと自分を大事にしろよ

災害をどう防ぐか

市に防災課がないこと、防災担当の人数が少ないことに対して人を増やせば良いという意見がありますが、その分の人員にかかる費用は税金ですよね?人員を増やしても災害がないときに仕事をしていない市職員を見たら、税金の無駄遣いだと思うのでは?

私は災害時に行政に頼ってばかりでは自分の身は守れないと思います。各自治体や個人単位で災害から身を守る準備をしておくべきだと思います。

避難について

自己責任は確かにそう思う、携帯はほとんどの人が持ってるのでそれをもっと活かしすとか、無料で支給するディスプレイで速報を受けれるようにするとか市区町村だけでなく日本全体で考える方が良いと思います。

土地の歴史を知ってますか

自分の住んでいる土地の歴史を知ってますか。
古くから住んでいる方にきいたり郷土史を読めばわかるはず。
我が家は江戸時代半ばからの干拓地に最初に入植した農家の末裔。
江戸時代以来どんな災害の被害があったかは年寄りから言い聞かせられてきました。
土地の歴史を知ることから防災はスタートすると思います。

2つの意識改革を

【オオカミ少年】を恐れて勧告を出さない自治体、【このくらいなら大丈夫だろう】と動かない住民・・・
どちらにも言えることは、失敗或は労力の無駄を惜しむ意識。
減災の為には無駄になっても・・・取り越し苦労になっても動くという意識改革が必要だと思う。

自分で身を守れって言ったって

たしかに,自分の住んでいる地域で起こる最悪のことを想像することは重要ですが,50年に一度なんて言う災害を,ちゃんとイメージできる人なんていないと思いますよ.
そもそも,未来に起こること(災害)を的確に予測するなんて専門家でもできないことでしょう.

  • twitter
  • NHKオンデマンド