土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年09月06日のテーマ

繰り返される大雨の被害 命を守るには…

この夏、記録的な大雨による被害が全国で相次いでいます。中でも、広島市では、8月20日に大規模な土砂災害が同時多発的に発生、多くの方が犠牲になりました。被害を受けた地区は「土砂災害警戒区域」に指定されておらず、さらに市による避難勧告が災害発生後に出されるなど、さまざまな課題が浮かび上がってきています。台風、秋雨という秋の大雨シーズンを前に、なぜ被害は繰り返されるのか?私たちはどう災害のリスクに備えるか?深読みします。

●なぜ、災害は繰り返されると思いますか?
●政府や地方自治体の対策の課題は何か?住民の防災意識は?
●いざという時の避難や対策はどうあるべき?
など、大雨や台風への疑問やご意見をお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

ボランティア

災害が起きた時に行政や民間は若い方々の無償ボランティアに期待しがちだが元気な年寄りに無償ボランティアをさせるシステム作りを率先して構築して欲しい。若い方々は経済的にゆとりがないので無償ボランティアを強制するのは可哀想過ぎる。時間にも経済的にも体力的にも余裕のある逃げ切り世代の年寄りを有効活用すれば災害が起きた時に復旧復興の有力なツールとなりえるだろう。

崖崩れ対策に簡易シェルターはどうか

新築または改築の際、崖と反対側にシェルターの役をする小部屋を作るのはどうか? 3畳ぐらいの木造の箱のような部屋を作り、通常は物置にしておく。最悪、箱ごと流されても、助かる確率は大きいだろう。夜など、非難する余裕がない時など、家族4,5人は入れると思う。
津波より流される距離は遥かに短いし、箱が転がっても多少の怪我ですむのでなかろうか。
もちろん、中に手すりとか空気孔など工夫が必用だろう。
また、「一間x半間」の押入れの中に頑丈な箱を作れば、土石流用のシェルターになるだろう。
逃げる時間が無い時は、このシェルターに入り、頑丈な戸で水の侵入を防げばよい。流されても、その押入れ用の箱は、回転するかもしれないが、中はかなり安全だろう。
その中には、ヘルメットとか、捜索者に居場所を教える音を出すものも必要だろう。
押入れでなくとも、頑丈な洋服ダンスのようなものでもよいかもしれない。

答えは簡単だ。

 簡単だ。山の近く、海の近く、川の近くに住まないことだ。土砂崩れ、津波、洪水は、想定外の規模で発生する。山の近くに住めば、土砂崩れに遭う。海の近くに住めば、津波に遭う。川の近くに住めば、洪水に遭う。そう想定しなければならない。
 その配慮をしなければ、災害のたびに、莫大な税金が使われ、税金も、消費税率も上がる。


ご意見募集中!
豪雨や台風、災害について不安はありませんか?
投稿をお待ちしています!

  • twitter
  • NHKオンデマンド