土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2014年12月20日のテーマ

バター不足でモ〜大変!? どうなる 私たちの食卓

クリスマスが近づく中、ケーキの材料であるバターが不足。スーパーからも姿を消しました。 政府はメーカーへの要請や緊急輸入を決定。今回の品薄は解消できる見通しとのことですが、バター不足の背景には、酪農を取り巻く大きな問題が。 抜本的な対策をしないと、今後また品薄がおきたり、将来は牛乳などの乳製品も食卓から消えるかもしれないという指摘も。 今、酪農の現場で何がおきているのか?これからどうなるのか?深読みします。

●バターが品薄になっていることについて、どう思いますか?
●酪農の現状をどう思いますか?どうすればいいと思いますか?
●バターなど乳製品をもっと輸入品に頼っていくべきだという意見がありますが、どう思いますか?
このほか、乳製品や酪農についての疑問や、ご意見など、自由にお寄せ下さい!


テーマに寄せられたご意見

ラブ牛乳

メインの内容ではないけど生乳の分類で値段が違うことを知りました。その値段についてもう少し詳しく知りたかったです。あと酪農家の吉田さんが酪農は農業、とお話されていましたので、JA管轄なのでしょうか。だとすると難しいかもしれませんが東大の先生が最後に仰っていた基金みたいなイメージですが、酪農ファンドで資金を調達できないものかと思います。
アメリカに住んでいたときの牛乳の味を覚えていますが、あまり好きではありませんでした。日本の牛乳が大好きなので酪農は日本に残ってほしいです。
ほかのもので価格の転嫁にも慣れました。私は80円くらいまでなら小売価格で上がってもいいです。また、単身世帯も増えている一方番組でも83%の人が必要と答えていたので500mlでは足らないし割高に思えますので700mlくらいなどパックを小さくして値段据え置きなどはどうでしょうか。

実家が一次産業

一次産業の現場で朝も夜も汗水たらして働いている人は自営業でサラリーマンと違い年金も払えず貰えないと分かっている生活をしてでも働いている人もいる。
生産物を食物から変えるまで親がそうだった。

生産者の手元に落ちる金額と販売価格に何十倍もの差があるものがあるのを消費者は知っているのだろうか。

安さ優先で消費者の意見ばかり聞いた価格の結果が品質の低下や職離れ、生産数低下による価格の高騰を生んでいるのに政治家はサポート体勢が薄すぎる。
消費者も安いのが当たり前、どれも一緒という考え方になっている。

政治家から一般人が口に運んでいる食品、その原材料は一次産業の従事者が厳しい自然、生き物を相手にして得てきたもの。
生産者の手元に入るお金と販売価格の間の差を調べて欲しい。

輸入すればいいという考え方ではますます生産者の減少を招く。
否定的な意見の方はぜひ三年ほど一次産業を体験して欲しい。

バター不足について

長野県の酪農家です。いくら乳価値上げしても、円安や国際情勢などの影響で今のままでは、続けていくのが大変なのが現状なのです。このままだと酪農は崩壊してしまうかもしれません。もっと消費者とかにも解って欲しいです。もっと国とかにも支援してもらわないと日本から酪農家いなくなってしまうかもしれません。

バター不足問題は日本の農業政策と国民の知らなさすぎる意識の問題

いつもタイムリーなテーマを取りあげるこの番組が楽しみです。
私は生協で牛乳の定期配送を利用していますが、最近は飲まないことが多く配達のお休みが続いています。利用促進のパンフの漫画に牛が「人間は連休で休みだけど、私はお乳が出るのは休めないのよね」とあるのを見て(ほんと、ごめんね)と思いました。私たちは、食べるときほかの生き物の「命」を頂いているという意識が無くなっています。「食」ということをもっと根本から考える時ではないでしょうか。
それと今は非正規労働者で牛乳さえ飲めない若者が増えているのではないかと心配です。少ない若年労働者がどんな食生活を送っているか気になります。まともな政治をして欲しいものです。

大規模化か自由化

米も酪農も小規模農家保護を絶対条件とすれば統制受給・高価格になる。米も牛乳も流通革新によりその気になればいくらでも良い製品が輸入できると思う。安定供給と低価格化を両立するには、農業の大企業移転か貿易自由化のどちらかだと思う。多くの食品で現実化しているので例外はないと思う。

牛乳について

お乳は血液が変化したものです。日本の酪農家の方々が本当に頑張ってくださっていることに感謝です。如何に良い環境質の良い清潔な飼料与え愛情を持って育ててこその良質な牛乳が手に入る。牛の白血病とかもあり、適正価格というものがある。安かろうの価格設定は恐ろしい。

もっと考えよう

酪農家はとても苦労されて生乳を生産されていることを私たちは知らないといけないと思う。何でも安ければ良いという考えをなくさないと、国産の安全な食べ物はいつか手に入らなくなると思う。牛乳を100円で買ってはいけない。

牛乳の値段

おはようございます。
わたしの地域の牛乳ブランドは、スーパーで買っても、小売店で買っても値段は同じで安売りはしてません。
おいしければ売れるのではと思います。
がんばって、いつまでも美味しい牛乳をつくってください。応援しています。

バター不足でモー大変!どうなる私たちの食卓

休耕田が沢山あるにも関わらず、どうして餌を国内で生産しないんでしょうか。円安、円高どちらになっても輸入に頼っている間は為替レート、外国の経済状況に左右される国の体質は変わらないと思います。
 農業政策全体、特にコメに関して、高価格、少量生産が本質的な政策の方向のような気がします。
 食糧に関しては、安全な製品を、低価格で提供するという経済原則から、基本政策が逸脱しているからで、それがあらゆるところに影響していると思います。
 農業政策も安全保障の面はありますが、経済原則を忘れないでほしいと思います。

牛乳価格

牛乳の容器(パック)は、コストがかかってそう。ペットボトルでは無理なのか?
透明ガラス容器の製品も有ると思うが?
可能であれば、容器代を下げて、売価を変えない手法は可能では無いのか?

  • twitter
  • NHKオンデマンド