土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2016年10月22日のテーマ

平和への宿題? ノーベル平和賞から考える

今年のノーベル平和賞に、南米・コロンビアのサントス大統領が選ばれました。半世紀にわたり反政府ゲリラ組織との内戦が続き20万以上の命が失われたコロンビアで、粘り強く“対話”を続け、先月和平案の合意にこぎつけたことが評価されました。この“対話による解決”は、世界で続く紛争やテロを終結するヒントになると期待されています。世界の平和を築くためにいま必要なことはなにか? ノーベル平和賞をきっかけに考えます。

●「ノーベル平和賞」についてどのようなイメージをお持ちですか?
●コロンビアでは50年以上、内戦が続いていることを知っていましたか?
●ノーベル平和賞の受賞が平和の実現に貢献すると思いますか?


その他、このテーマについて知りたいこと、疑問に思ったことをぜひ教えて下さい。


テーマに寄せられたご意見

ノーベル平和賞を考える

 確かに勉強になりました。平和賞でも、マザー・テレサさんやサハロフ博士やキング牧師やアウンサンスーチーさんならわかります。
ですが、ゴルバチョフ元・ソ連大統領とかアル・ゴアとかオバマ大統領とかマララちゃんとかどうなんでしょうね。アル・ゴアは環境問題を提起したが、提起しただけで何の歴史的実績を残していない。オバマは「核兵器削減」をスピーチしただけで、このひとも何も歴史的実績を残していない。マララちゃんは確かにテロリストに命を狙われても「銃より教科書を」とうったえたがうったえた内容は誰でも子供でもうったえていたこと。ゴルバチョフは冷戦をおわらせたが負け組でソ連を崩壊させただけ。平和に貢献するのはいい事だが、マザー・テレサさんならわかるが、コロンビアのサントス大統領などもこの後どうなるかわからない。その意味で、毎年過渡期の賞だなあ、と思う。平和を追求するのはわるくない。でも、もう少し考えないと。

日本人は、理想を突き進めばいい

日本人は、日本人なんだから、平和ボケ、否定しても事実なんだから、変えようがない。 
 フェアトレードで 貢献したり、 理想を突き進めばいいと思う。 愛の反対は、無関心。 関心を持ち続けること。これから始めたらいい。
 まずは、瀬谷さんの団体で活動をするとか、講演会に行くとか。

平和賞

一般市民に行動は難しい。ただただ、平和に繋がらないことを非難する。みんなで非難する。世界中のみんなで。その意識を持ちつづけることが唯一日々できる事だと思った。

ノーベル平和賞

平和な日本に住んでいるから想像出来ない。で、終わってしまうと他人事になってしまうのでは?そこから一歩踏み込む事が大事だと思います。

停戦

停戦合意が終わりじゃないんでね!これからが大変だし大切。ノーベル平和賞が後押ししてほしい。

むずかしいですね

ノーベル平和賞は、アウンサンスーチーさんが受賞したときに、極めて政治的な賞だと思った。

 ミスDDRと双方から信頼を勝ち得た瀬谷ルミ子さんのお話が聞きたい。 武装解除のあと、教育が有効だと思っているのですが、そこへ行きつくまでのプロセスなどについてお伺いしたいです。

スパイラル

結局は殺し殺され、憎しみのスパイラルなんだよね・・・どこでだれが妥協してやめれるかが…なんでしょうね

平和賞

平和って永久の目標だと思います。今後さらなる活躍が期待できる人に、ノーベル平和賞をあげてほしい。活動の後押し、活動の継続発展につながるよう。

平和の象徴?

どうでもいい話かもしれませんが、冒頭のVTRでサントス大統領の向かって右にあった白いオブジェが、何だかとても気になります。平和の象徴か何かでしょうか?

(番組スタッフの回答)
ご質問ありがとうございます。
コロンビアのサントス大統領のとなりにあった白いオブジェは、ハトです。ちょっと太めでしたけど。

希望

今日の北朝鮮やイスラム国などの問題に対して、考えるべき事だと思います。武力による解決する時代は、終わった事を証明しています。

  • twitter
  • NHKオンデマンド