土曜の朝はしっかり!じっくり!週刊FU.KA.YO.MI生放送!

NHK総合 毎週土曜 午前8:15~9:28

―――

ご意見・ご感想募集みなさんの率直な意見をお待ちしています。

2016年11月19日のテーマ

“トランプ・ショック”とメディア “声なき声”に向き合えたか?

多くのメディア・専門家が「ありえない」と見ていた共和党・トランプ氏の勝利で終わったアメリカ大統領選挙。今年、イギリスの国民投票でも予想に反して「EU離脱派」が勝利。グローバル化や既成の政治から取り残された人々の不満を背景に世界中でポピリュズム(大衆迎合主義)が急速に広がっているとの指摘もあります。既存のエリート層はこの潮流をなぜ掴みきれなかったのか? 世界にどこまで拡大していくのか? とことん深読みします。

●なぜ、多くの専門家やメディアは「トランプ勝利」を予想できなかった?
●トランプ氏が勝利した要因は何?
●トランプ氏が次期大統領に就任することで、期待すること、懸念することは?


テーマに寄せられたご意見

トランプ圧勝そのまま受け入れて。

今回のアメリカ大統領選挙、トランプ氏が当選した事に異議が有る人達が多くいます。しかし決まったのにはそれなりの理由なり要因が有るからです。今更往生際が悪過ぎます。反対派は次回の選挙戦に期待するしか無いです!

やさしく解説して

小学生の子どもに説明するぐらいの言葉の選び方をしてほしい。カタカナ語がですぎ。自分のレベルをさげたくないのはわかるけど。アメリカとおなじように、テレビで言ってる人達から心が離れてしまうのでは?

トランプ大統領の件

メディアや専門家の中には今更ですが、予想が的中したとの主張も有ります。英国のEUの時と同様で、大手のメディアには、
情報が集まらなかったのかもです。集めるのにも何らかの障害が有ったのかもです。
懸念としては、戦争です。保護主義の行きつく先は戦争です。
第二次大戦の時と同様です。
また、ISの思惑通り、移民の受け入れが止まる。すると、ISの主張の正しさを証明してしまいその動きが加速していくと思います。英国のEUから始まる流れは止められないのかもです。
只、議会も有るので、英国や米国の国民の良き選択にも期待はしております。国際的な関係や調和にも期待。
鍵は、米国では無く、中国が握って居るのかもです。

世界の平和

移民問題の原因を解決せずに排斥するだけでは、問題は無くならないのでは?
世界全体が平和にならなければ、個人の平和もない。宮沢賢治の言葉を思い起こします。

トランプショック?

エリートの人達は貧困で苦しんでいる人に手を差しのべない、無視という無言の差別をしていると思います。メディアの方はエリートの方が多いのではないですか。年収250万で暮らされてみては。
トランプさんが選ばれて皆さんが理解出来ないと言ってる事がショックです。負け組の声は届かない、声をあげにくい。

移民について、日本は?

日本のTPP政策はどうなのですか?
経済は活性化するかも知れないけと、安い労働力が入ってくるんじゃないかと不安です。
疲弊しているのはアメリカ でしょうが、日本もひどくなっていると実感します。

移民について

日本は、島国だから、歩いて移民が渡ってくることはないので、アメリカやフランス等みたいに陸続きの国とは事情が違うから、日本とアメリカやフランス等では、移民に対する国民の考え方も違ってくるのでは。

グローバル?

難民、移民がほとんどゼロの日本は反グローバル内向きの代表ですね。

マスコミの普遍性と特異性に納得

新聞、テレビを見ていると感じますね。いつも、注目されてような記事しか書かない。しかも一時だけ。問題の本質に迫っていない気がする

トランプ大統領によって日本も少しは良い方向に軌道修正してほしい!!

クリントンよりはトランプのほうがまだましです。
TPP大反対!!
トランプ大統領によって日本も少しは良い方向に軌道修正してほしい!!

  • twitter
  • NHKオンデマンド