過去の放送2017年度

いちばん身近で最強の勉強ツール!“スマホ”勉強法

2017年4月17日(月) 放送

もう「勉強の天敵」なんて言わせない! スマートフォンはいちばん身近で最強の勉強ツールだった! カレンダー機能を使って効果的に復習! カメラを使って集中力アップ! 英語の発音勉強に役立つ驚きの機能とは!? スマホを活用して成績アップを目指そう!

SNSに書き込んだり、動画を見たり、スマートフォンを手放せない人って多いんじゃない?
なんと、高校生の9割がスマホを使っているというデータもあるんだ。
そこで、今回はスマホをフル活用する新しい勉強法を紹介。使い方を工夫すれば、スマホはとても心強い勉強ツールになる!

出演:カミナリ、清水章弘

スマホ勉強法(1)カレンダー機能

スマホのカレンダー機能を勉強に活用する方法を考えてみよう。
曜日の表示を英語の設定する、予定を英語で書き込む、絶対に勉強する日を予定に入れるなど、いろいろ考えられるけど、オススメは次の方法だ。

カレンダーを使って未来の自分に問題を出す

間違えた問題やどうしても覚えられない単語を、例えば「2日後」のカレンダーにメモしてアラームを設定。
すると2日後、メモした問題がスマホの画面に通知される。答えられるかどうかチェックしよう!

間違えても何度でもやり直せるので効果は抜群。覚えられないときは繰り返し通知設定を活用しよう。

スマホ勉強法(2)タイムラプス機能

スマホのカメラに「タイムラプス」という機能があるのは知っているかな?
タイムラプスとは、撮影した動画を早回しで再生してくれる機能のこと。例えば、30分で撮影した映像が、30秒の動画で見ることができる。
この機能を勉強に活用すれば「勉強の天敵」を克服できるんだ!

タイムラプスで「サボりぐせ」を克服!

方法は簡単。タイムラプスで自分が勉強している動画を撮影する。撮影している間は、スマホを使えなくなるので「ついついスマホを使って勉強をサボってしまった!」なんてことがなくなる。

さらに、自分を撮影していることで緊張感が生まれ、集中力が長続きするんだ。時計が映り込むように撮影すると、どれくらい勉強したかを確認できる。
撮影した動画を友達とシェアすれば、モチベーションアップ間違いなし!

スマホ勉強法(3)音声認識機能

スマホは日本だけではなく世界各国に普及しているので、いろいろな言語に対応している。
そのため、言語を英語仕様にすることもできるんだ。これを活用すると、日本人が苦手な英語の“アレ”が克服できちゃうかも!

音声認識で英語の発音チェック!

まずは、音声認識機能を英語に設定し、スマホに英語で話しかける。すると、発音した言葉が文字で表示されるので、自分の発音が正しいかチェックできるんだ。きちんと音声認識してもらえるか試してみよう。

LとRの発音に挑戦!

英語の発音で日本人が最初につまずくのが「L」と「R」の違い。次の例文で正しく音声認識されるか挑戦してみよう。

<Rの発音ポイント>

Rの発音は、舌を口の中のどこにも当てず、引っ込めるようにして発音する。最初に小さな「ぅ」を発音するとカッコよくなる!

<Lの発音ポイント>

Lの発音は、日本語の「らりるれろ」に近い。「らりるれろ」よりも少し舌を前に出して前歯の付け根に当てるようにして発音する。

英語で聞いてみよう! スマホ音声認識Q&A

音声認識機能に英語で質問してみよう。文法や発音が正しければスマホも正しく答えてくれる。
会話が成立するかどうか、チェック!

例文:

What is your favorite subject?
好きな教科は?

スマホがあれば一人で英会話の練習ができる。人前で話すのは苦手という君も自宅でこっそり英語力UPを目指そう!

つぶやきたくなる ドヤ顔イングリッシュ

ドヤ顔イングリッシュ。それは思わずSNSにつぶやきたくなるような、かっこいい英語文。
今回は、トランプ大統領など外国人のSNSから見つけた2つのフレーズを紹介する。

running

まずは、学校行事や部活で使いたくなる ドヤ顔イングリッシュ「running」。

例文:

NEWBENZEMI is running thanks to Shigeru Joshima.

ニューベンゼミは城島茂で機能している

「走る」と訳される「run」。「run」には「止まることなく動いている」という意味合いがある。
この例文の場合、「城島顧問のおかげでニューベンゼミは『止まることなく動いている』」、つまり「機能している」という意味になるんだ。

「running」も前後につく単語によって、いろいろな意味になる。

running water = 水道水
running nose = 鼻水

could not be

続いては、感情を表すドヤ顔イングリッシュ「could not be」。

例文:

I completed KAMINARI's comte yesterday. It could not be better!!

昨日カミナリのコントが完成した。最高に面白い!

「could」は「can」の過去形。「can」には「〜できる・〜することができる」という意味の他に「可能性がある・ありうる」という意味もあるんだ。
「better」は「より良い」という意味。なので「could not be better」は「より良くなる可能性はない・これ以上良くなりようがない」つまり「最高」という意味になる。

みんなもかっこいいフレーズをたくさん研究してドヤ顔でつぶやいてみよう!

ニューベン動画クラブ

受験に役立つ勉強のポイントが楽しい動画で学べちゃう「ニューベン動画クラブ」。
今回は、ゼミ長ゆいのアメリカ人の友人が撮影したという動画で、試験に出る英語を勉強しちゃおうという企画。題して「海外リポーターから学ぶ 1フレーズ English!」。
是非、チェックしてみよう!

出演:Emily