過去の放送2017年度

ニューベン流キャンパスツアー(前編)

2017年6月26日(月) 放送

キャンパスツアー in 法政大学&近畿大学! スタジオを飛び出した城島&ゼミ生がユニーク講義を体験!/経営学部教授がゼミ生に喝!? 文学部心理学科で恐怖実験!?/マンガから専門書までなんでもそろうオシャレ図書館に結実大興奮!

最新の志願者ランキングで、1位の近畿大学と2位の法政大学。大人気の2校を徹底調査!
キミの大学・学部選びに役立つ情報が盛りだくさん!
ニューベンゼミの高校生たちがキャンパスツアーを実体験。経営学部でマーケティングを実践、心理学科で恐怖の心理実験、さらに文芸学部でアートを体験、次々出てくるおもしろ授業。大学・学部選びのヒントがいっぱいだよ。

出演:シソンヌ、学天即

法政大学

法政大学は全15学部、38学科。およそ3万人の学生が通う総合大学。キャンパスは東京都内に3か所(市ヶ谷、小金井、多摩)あり、学部ごとに分かれている。

<法政大学の学部>

法学部、文学部、経営学部、人間環境学部、国際文化学部、経済学部、社会学部、現代福祉学部、スポーツ健康学部、キャリアデザイン学部、デザイン工学部、グローバル教養学部、情報科学部、理工学部、生命科学部

今回は市ヶ谷キャンパスにおじゃましました。
案内してくれるのはオープンキャンパススタッフのみなさん。彼らはキャンパスツアーの心強い味方。年間3万人の高校生に大学の魅力を伝える、大学公認の学生スタッフなんだ。

ボアソナード・タワー

法政大学のシンボル、それがボアソナード・タワー。
1階には法政大学の基礎を築いたフランスの法学者、ボアソナード博士の胸像もあるぞ。 胸像のおでこに触ったら入学できると言われているんだって。

学生ホール ヘリオス

高い天井とガラス張りの開放的な空間、学生ホール「ヘリオス」。 学生の憩いの場になっている。

授業中なのに学生が多い気がするけど、それは時間割を自分で組めるからなんだって。

<学生の時間割>

高校と違い、大学では一人ひとり時間割が違う。自分で受けたい授業を決めて時間割を組むことができるんだ。

大学の授業 ゼミって何?

何百人も入れる大教室で行う講義形式の授業もあれば、少人数で行うゼミという授業もある。ゼミとは、専門分野をより深く学ぶ授業のこと。先生が一方的に教えるのではなく、学生が自主的に研究、討論、発表をするスタイルで学ぶんだ。

この日は、経営学部のゼミを見せてもらいました。

今はマーケティングのゼミです。法政大学で「ほうせい茶」というオリジナルブランドを、学生が作っています。プロモーション活動をしていて、POP広告を作っているところです。
(木村純子 経営学部 教授)

このゼミの研究テーマは「マーケティング」。マーケティングとはお客さんのニーズを調べて、製品の企画から開発・販売までを行う企業活動のこと。どのように売れるかを研究するんだ。

「ほうせい茶」は、飲料メーカーに協力してもらって、大学内で限定的に販売している。この日は、どんな広告だったら、より売れるようになるかを話合っているんだって。

大学ならではの実践的な授業。ニューベンゼミの高校生たちも参加して、その楽しさに気づいたみたい。

学食

メニューのほとんどが500円以下、しかもボリューム満点! 学食は、腹ぺこ学生の強い味方なんだ。

文学部心理学科

続いて文学部心理学科。ここでは、心のメカニズムを明らかにするため、さまざまな実験を行って、客観的なデータを分析しているんだって。

この日の実験テーマは「恐怖の条件づけ」。特定の条件で恐怖心が起こるかを確認すること。

この実験では、水鉄砲で相手の顔を撃つ。撃たれるのはちょっと怖いよね。ただし、撃たれるのは、あるキーワードが言われたときだけ。これをくり返すと、撃たれなくても、キーワードを聞いただけで、人は怖いという反応を示すようになると言う。
実際に実験をしてみると、キーワードを聞くだけで、まばたきをしてしまう、ビクっとなってしまうといった反応をするようになったんだ。

心理学には、あらゆる領域がある。子育てであれば子どもがどう育つのか、勉強であればどうやったらうまく単語を覚えられるのか。人に関して、これはどうしたらいいのだろう、どうなっているのだろうと思うことは、ほぼなんらかの研究がある。
(島宗理 文学部心理学科 教授)

心理学は社会に出ても大いに役立つ学問なんだ。

近畿大学

近畿大学の学生数はおよそ3万人。医学から芸術系まで、14学部48学科。キャンパスは大阪をはじめ、広島、福岡など全国に6か所あるんだ。

<近畿大学の学部>

法学部、経済学部、経営学部、理工学部、建築学部、薬学部、文芸学部、総合社会学部、国際学部、農学部、医学部、生物理工学部、工学部、産業理工学部

今回は、大阪のキャンパスにおじゃましました。

薬学部

まず、案内してもらったのは薬学部病態分子解析研究室。
薬について学んでいると思ったら、コラーゲンの抽出を行っているんだって。

生活の質を上げるという意味では薬と同じですから、同じように研究しています。
(多賀淳 薬学部 准教授)

薬学部の研究対象は薬に限らず、メーカーと協力して化粧品や健康食品も研究している。例えば、マグロのコラーゲンを使った化粧品を共同開発。純度の高いコラーゲンの抽出が、これまでは難しかったんだって。

今、薬学部と経営学部の学生が中心になって、それぞれの専門知識を生かして商品開発(新しいお菓子をつくるプロジェクト)を行っている。
ニューベンゼミの高校生も、その会議に参加させてもらいました。

それぞれの学部の専門性を生かして新しい発想が生まれる、総合大学ならではの取り組みだね。

図書館 アカデミックシアター

図書館は、大学見学で必ずチェックしておきたい施設。近畿大学の図書館アカデミックシアターは2017年4月にオープンしたばかりなんだって。

この図書館の最大の特徴は、マンガとそれに関連する一般書が、同じ棚に置かれていること。マンガで興味を持ったら他の本へ、知識を広げ深めることができるんだ。
もうひとつの特徴が本のジャンル分け。多様な愛の形をテーマにした「モザイク模様の愛」、関西らしい「笑いとオチの現象学」など、ユーモアたっぷりのコーナータイトルに思わず立ち止まってしまうかも。

図書館には7万冊以上の本があり、そのうち約2万2千冊がマンガ。
一日中本を読んでいる学生もいるんだって。
学生がリラックスして利用できるように、デザインやレイアウトも考えられていて、図書館が新しくなって学生の利用率が4倍になったそう。

教えられるのではなく、自ら学ぶのが大学生。図書館の充実度は大学選びのポイントになるぞ。

文芸学部

文芸学部は、文学部で学ぶ、文学、言語、哲学などのジャンルに、芸術が合わさったユニークな学部。
文学科、芸術学科、文化・歴史学科、文化デザイン学科という4つの学科があり、ジャンルに問わられない、広い視野を持つ人材の育成を目指しているんだ。

文芸学部では課外活動として、自分たちの作品を社会に生かす活動も行っている。そのひとつが医学部と連携して行っているホスピタルアート。アートの力で、病院をより快適な空間にして、患者さんを精神的・身体的に癒すという試みなんだ。

この日は、ホスピタルアートの打ち合わせに同行させてもらったぞ。

ホスピタルアートでは現場のヒアリングがとても大事です。自分の好きなものを描くのではなく、どのような役割がよいのか、看護師さんと話をします。
(森口ゆたか 文芸学部 教授)

社会に役立つ作品は、現場を見ないと生まれないものなんだね。

大学生に聞きました。学部を選んだ理由は?

ゆいとおうしろうが、大学の先輩たちに学部を選んだ理由を聞いてきたよ。

法政大学キャリアデザイン学部 1年呉さんの場合

子どもがとても大好きで選びました。子どもの発達に関する教育を学べる学部でもあります。授業もすごく楽しいです。

近畿大学理工学部1年 村上さんの場合

宇宙です。主に物理をやっていて、物理のことから宇宙のことに結びつけられたら、と思っています。地球の中でも知らないことが多くあるなかで、宇宙という広大なところに惹かれました。

法政大学法学部3年 木村さんの場合

宅建士です。正式名称は宅地建物取引士というのですが、その資格を取りたくてこの学部を選びました。法学部の学びは、宅建士だけではなく、公務員などいろんな分野に応用できます。来年あたり試験を受けようと思っています。