過去の放送2017年度

クイズで伝授!2学期を勝ち抜く勉強法

2017年9月4日(月) 放送

難しい問題は粘る? あきらめる? 2学期ならではの勉強のコツをクイズで紹介/カギは過去問! 現役東大生の2学期攻略法/人気急上昇中のペンギンズが動画に登場!

いよいよ、2学期がスタート!
2学期は学習範囲が増えて、学ぶこともいっぱい。何より受験生にとっては追い込みの時期。「うかうかしていると置いてかれちゃう」とあたふたしてるキミは必見!
2学期に効果的な勉強法を○×クイズで学んじゃおう!
さらに、2学期に出遅れないためのテクニックも紹介するよ!

出演:春日俊彰(オードリー)、清水章弘(学習アドバイザー)

これっていいの? 2学期にやってはいけない勉強法クイズ

これから紹介する2学期の勉強法が、やっていいのか、やってはいけないのか考えてみよう!
全部で4問。○×で答えよう。

  • 第1問 決めた時間がきたらキリが悪くても勉強をやめちゃう
  • 第2問 2学期の始めに、いきなり志望校の過去問題に挑む
  • 第3問 難しい問題は…あきらめる
  • 第4問 勉強が終わったらササッと片付けて寝ちゃう

ここからは、問題の正解と、とっておきのテクニックを紹介していくぞ。

第1問 決めた時間がきたらキリが悪くても勉強をやめちゃう

正解は「○」。やってもいい勉強法なんだ。
この方法は、人間の心理を利用した勉強法なんだって。

キリが悪い所でやめると、続きが気になるよね。キリよく終わったら、勉強の意欲も一回途切れてしまうんだって。
あえて、キリが悪い所で終わらせて「あの問題やりたいな」という気持ちを残す。すると、次の日もスムーズに勉強をはじめられるんだって。

とっておきのテクニック タイムレコード勉強法

勉強するときにタイマーを用意して「問題を解く時間」を計ろう。
例えば、英語の長文問題。大学入試では、1分間に100語のペースで読まないと時間通りに読み終わらないんだって。この勉強法で、試験本番でのペース配分ができるようになるよ。

第2問 2学期の始めに、いきなり志望校の過去問題に挑む

正解は「○」。やってもいい勉強法なんだ。
過去問題集は、入試直前に力試しにやると思っている人が多いけど、それは間違い。
まず「志望校の目標点数」と「自分の学力」の差を知っておく必要があるからなんだ。

過去問題集の活用法

過去問題集には、受験までの計画を立てる上で重要な情報が満載。
学校別の過去問題集には、出題傾向や対策が掲載されている。大学・学部で試験科目の点数配分が違うけど、そういった情報もすべて書いてあるぞ。

実際に2学期の始めに過去問をやって、東京大学に合格した先輩の話を聞いてみよう。

出題されない分野を勉強しても意味がありません。まずは過去問を分析して、過去問から参考書を決めるのがよいと思います。
私が力を入れて勉強した教科は「英語」と「数学」です。そもそも英語と数学の配点が高い。国語の配点も高かったのですが、苦手だった数学に力をいれました。そして、過去問題集の出題傾向や対策を参考にして受験までの勉強計画を立てました。
東京大学の英語の場合、すごく多くの問題が出題される傾向にありました。いかに早く正確に解けるかがポイントになるんです。多くの英文を読み解く必要があるので、長文を速く読む対策をしました。参考書も重要単語の例文が長文になっているようなものを使っていました。
数学の出題傾向には、基礎的な問題が多いことが書かれていたので、難しい問題ではなく基礎問題を重点的に繰り返し解く勉強をしました。
網島将人さん(東京大学文科2類に合格)

受験直前に始めて過去問を見て、「もう手遅れ・・・」なんてことにならないように、きちんとチェックしておこう!

とっておきのテクニック 定期テスト分析法

定期テストの問題と、教科書や副教材の内容を照らし合わせてみよう。 テストの問題がどこから出題されているか分析すると、テストを作った先生の出題傾向が見えてくるんだ。 例えば「副教材から問題が出ることが多い」などがわかるんだって。テストは先生からのメッセージなので、きちんとキャッチすれば成績アップにつながるよ。

1学期の定期テストを分析して、2学期は成績アップしよう!

第3問 難しい問題は…あきらめる

正解は「〇」。やってもいい勉強法なんだ。

もちろん、難しくても自力で解こうと挑む姿勢は大切。でも、学力を上げるための勉強としては、わからないところで時間を使い過ぎるのはもったいないんだ。
特に受験生にとって2学期は追い込みの時期なので、わからない問題にいつまでも時間をかける余裕なんてない。ずっと悩むのではなくて、早めにスパッとあきらめることも大事なんだって。

5分~10分考えてもわからなければ、解答を見て、復習していこう!

とっておきのテクニック △×管理勉強法

大事なのは、わからない問題をあきらめた後。「わからない」には2種類あるんだ。

解答を見ると理解できる
問題の解答を見て理解できたら、問題に「△」をつけよう。
問題を解くための基礎は身についているはず。類似問題を自力で解けるようになるまで繰り返えそう。
解答を見てもわからない
解答を見てもよくわからない場合は、問題に「×」をつけよう。
この問題を解く基礎ができていないので、わかる単元まで戻って復習しよう。

わからない問題がでてきたら、自分の理解度をチェックするのが大事なんだ。

第4問 勉強が終わったらササッと片付けて寝ちゃう

正解は「×」。やってはいけない勉強法なんだ。

夜勉強が終わったら、ノートや参考書は片付けずそのまま寝る。そして翌朝、出しっぱなしのノートや参考書を1分ずつ眺める。そうすると効果的に復習できるんだって。

とっておきのテクニック 1日15分勉強法

その日に習った範囲の教科書やノートを眺めて勉強しよう。
夜は10分(5教科を2分ずつ)、朝は5分(5教科を1分ずつ)、合計15分でOK。

ポイントは、夜勉強したらすぐ寝ること。寝ている間に記憶が整理されるんだって。
教科書やノートは開いたまま寝て、朝起きてすぐに1分ずつ眺めよう。

とっておきのテクニック 1分間サンドイッチ

15分の勉強でも長いよ!と思うキミにおススメなのが、この勉強法。授業の前後で1分勉強するだけなんだ。

  • 授業の前に、1分勉強(前回のノートなどを眺める)
  • 授業の後に、1分勉強(今回のノートなどを眺める)
ニューベン動画クラブ

受験に役立つ勉強のポイントが楽しい動画で学べちゃう「ニューベン動画クラブ」。
今回は、理科のややこしい法則を実験で学んじゃう「実録! 任侠(にんきょう)理科物語」をご紹介!
是非、チェックしてみよう!

出演:ペンギンズ