過去の放送2017年度

冬休み直前!勉強のお悩みズバッと解決SP

2017年11月13日(月) 放送

勉強のお悩み解決SP第2弾! 嫌いな科目への対処法、テスト見直しのポイント、色ペンを使ったノート整理術など、中高校生の悩みに3人の専門家がズバッと回答/みなととわっちのジャニーズJrコンビが、女子の妄想ワールドを古文で熱演!

秋の夜長。夜って不思議と悩み事や考えごとが多くなっちゃいませんか?
中高校生のお悩みと言えば、やっぱり勉強だよね。
そこで、みんなのお悩みをズバッと解決、悩めるゼミ生にとっておきの勉強法を伝授!
モヤモヤを吹き飛ばして、楽しく成績アップしちゃおう!

出演:パンサー、清水章弘(学習アドバイザー)、吉田たかよし(心療内科医)、石井てる美(東大出身芸人)

今回、ゼミ生の悩みを解決してくれるのは、「赤門の神」清水章弘先生、「カウンセリングの神」吉田たかよし先生、「学歴の女神」石井てる美先生の3人だよ。

ゆいの悩み “嫌いな科目に集中できない”

私の悩みは、嫌いな科目の勉強に集中できないことです。ずばり英語が嫌いなんです。どうしたらいいでしょう?

(ゆい)

嫌なことには15分程度しか集中できない

人間の脳は、嫌なことには15分程度しか集中できません。嫌いなことを無理に続けるとストレスホルモンが増えて、余計に嫌いになるという悪影響が出ます。でも、嫌いな科目でも、好きな科目の合間なら集中力が続きます。
そこで、おすすめなのが「15分ハイブリット勉強法」です。好きな科目の合間に15分以内で嫌いな科目を勉強し、それを繰り返す勉強法です。
(吉田たかよし先生)

スティックスナック勉強法がおすすめ

お菓子のスティックスナックを利用する勉強法です。
例えば、英単語を1個覚えたら1本食べる。すると、嫌いなことも少し楽しくなります。ただし、テストが終わったら太っていた、なんてことにならないように気をつけましょう。
(清水章弘先生)

携帯やスマホを隠す

嫌いな科目を勉強していると携帯やスマホなどに逃げてしまいますよね。なので、勉強中は電源を切って、手の届かないところに隠しましょう。1時間頑張ったら、自分へのご褒美で「見てもいい」といったルールを決めましょう。
(石井てる美先生)

携帯を隠すのは脳科学的に有効

勉強中にスマホの電源を切って隠しておくことは、医者の立場からもおすすめです。机にスマホを置いて見ることを我慢するだけではダメです。触っていなくても置いてあるだけで、脳が「いつでも操作ができる準備段階」になっているんです。
(吉田たかよし先生)

<嫌いな科目の勉強法>
  • 好きな科目の合間に行う(15分以内)
  • ご褒美があるとやる気UP
  • スマホは目の届かないところへ
<城島顧問からひと言>

科目の好き嫌いは絶対あると思うんやけど、高校には赤点があるし、中学校でも及第点を取らないといけない。そこだけはクリアしよう。
僕は高校のときは国語が好きやった。それはいまだに仕事に生きてる。好きなもんは伸ばしていって大学で専攻すればいい。自分の好きなものを生かすのが、自分らしさにつながると思う。

みなとの悩み “テストの見直しは必要?”

テストが終わって返却された後、見直しをしようと言われます。テストの見直しって必要なんですか?

(みなと)

デートでも復習は重要

例えば、デートのとき女の子の手をパッとつないだら、ちょっと嫌がられたとします。次に別の女の子とデートしたときに、また手をつなぎますか? テストの復習をしないことは、嫌がられることをずっと続けることと同じなんです。間違えをそのままにしていたら、一生わからないまま大人になってしまう。
間違えた問題は、ちゃんとチェックして、次はできるようにする。そうやって1つずつつぶしていくと、必ず学力は上がっていく。デートも同じです。どんどんいい男になっていくから、ちゃんと復習してください!
(石井てる美先生)

5W1Hを使って自分自身を見直す

おすすめは、5W1Hで反省する「5W1H反省法」です。 なぜ勉強するのか? 例えば、この大学に行きたいから、ライバルに負けたくないからなど、理由を探してみる。そして、どのように勉強するのか? 何をやるのか? ニューベンゼミで学んだ勉強法を生かしてみようなど、どんどん改善していくとよいと思います。
※5W1H:Why(なぜ?)、How(どのように?)、Who(誰と?)、What(何を?)、When(いつ?)、Where(どこで?)
(清水章弘先生)

<テストの見直しは重要!>
  • 自分の実力・苦手な傾向がわかる
  • 勉強法・志望校など自己分析もできる
  • デートと同じくらい復習が大事

さんごの悩み “授業がつまらない!”

授業がつまらないことに悩んでいます。授業の中でも、わかる内容とわからない内容があります。わかる内容は、言われなくてもわかる。逆に、わからない内容は、わからなさすぎて、何を言っているのかわからない。どうしていいかもわからなくて、つまらないとなってしまいます。

(さんご)

仮想ツッコミ勉強法をやってみる

漫才にはボケとツッコミがありますよね。これを生かしたのが「仮想ツッコミ勉強法」です。
例えば、「信長が比叡山(ひえいざん)を焼き討ちにしました」といった話があったとき、頭の中で「なんでぇ?こわい~」などツッコミを入れましょう。授業を一方的に受けるのではなく、自分の頭の中で反応することが大切です。反応することで脳が能動的に働きます。つまらないときは「え〜つまんないよ〜」などと、しっかり反応しておくと、そのことが記憶に残るんです。
(吉田たかよし先生)

<授業をおもしろく感じる方法>
  • ただ聞くだけでなく能動的に参加する
<城島顧問からひと言>

授業がつまらないってことは、先生のことばをスルーしてるってことだよね。今はそうかもしれんけど、それに慣れてしまって、雲の流れとか、空の色とか、誰もが見過ごしてしまうことをスルーしてしまうような大人にならんといて欲しい。受けとめるような大人になって欲しい。

ふなっきの悩み “ノートが上手くまとめられない”

色ペンをたくさん使ってノートをまとめようとすると、逆にゴチャゴチャして自分が何を書いているのかわからなくなることがあります。また、授業のときは先生が教えてくれる要点をしっかり書こうとして、先生の話を聞き逃してしまいます。

(ふなっき)

ノートはぜいたくに使う

ノートは、とにかくぜいたくに余白を作って、いろいろ書き込むといいんです。
例えば、数学の場合は、詰めて書かずに、大問1個につき見開き2ページをぜいたくに使います。余白ができても、次の問題は次のページに書きます。節約しようなんて全く考えなくていいんです。
(石井てる美先生)

色ペンは自分のルールをつくる

例えば、古文のノートの場合、原文は黒ペン、訳はシャーペン、品詞はオレンジ、解説は青ペンで書くなど、ルールをつくりましょう。ルールにしたがって、自分がわかるように書き込めばいいんです。
(石井てる美先生)

わからないところはすぐに解消する

先生の解説に追いつけなくなった場合は、授業が終わったらすぐに、友だちや先生に確認しましょう。わからないことをためていくと、どんどん面倒になったり、忘れてしまいます。授業ごとに、1つずつ解消していくようにすると大丈夫です。
(石井てる美先生)

文字を小さく書く

ノートを書くスピードを上げるコツがあります。女の子は意外と文字を大きく書きますが、小さく書くだけでスピードが上がるんです。
メモは小さめに書いてみましょう。
(清水章弘先生)

<見やすいノートの取り方>
  • 余白は大きく取る
  • 色分けはルールを決めて
  • メモの文字は小さく書く

おうしろうの悩み “短時間で覚えられる暗記法は?”

暗記科目がすごく苦手です。短時間で覚えられる暗記法を教えてください!

(おうしろう)

視覚的イメージで覚える

例えば、地理の知識をすぐに覚えられる方法があります。
世界地図に大きく「3」という数字を書きます。ロシアからスタートして、カナダ、アメリカ、中国、ブラジル、オーストラリア、インドを線で結んでいくと「3」になります。

これは、世界の国の面積ランキングなんです。
このように視覚的なイメージで覚えるとよいと思います。
(石井てる美先生)

体を動かしながら覚える

頭だけで丸暗記するとき、脳は側頭葉を使います。体を動しながら暗記すると、頭頂葉や大脳基底核など、いろいろなところを使うのでよく覚えられます。
体を動しながら覚えることがすごく大事です。試験場で頭が真っ白になって緊張しても、記憶がよみがえりやすいというデータが出ているんです。
(吉田たかよし先生)

<効果的な暗記法>
  • ジャスチャーを加えると効率UP

おうしろうの悩み “おすすめの夜食を教えて!”

秋なのでお腹が空いて、いっぱいご飯が食べたいです。先生おすすめの夜食メニューを教えてください!

(おうしろう)

夜食は消化にいい食べ物を

私は、いつもバナナやうどんを食べるようにしています。理由はシンプルで消化にいいからです。油物など消化に悪いものを食べると疲れがたまってしまいます。次の日、授業中に寝てしまったってこともありえるので、消化にいい食べ物がおすすめです。
(清水章弘先生)

玄米おむすびと玉ねぎスープがおすすめ

バナナやうどんもいいのですが、血糖値が上がりすぎることがあります。そういう点でおすすめなのが、玄米おむすびと玉ねぎスープです。
玄米は、白米よりも血糖値の変化が緩やかなので勉強におすすめです。玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分は、脳に作用して集中力をアップさせます。
(吉田たかよし先生)

ニューベン動画クラブ

受験に役立つ勉強のポイントが楽しい動画で学べちゃう「ニューベン動画クラブ」。
胸キュンしながら古文を学べちゃう「古文彼氏」をご紹介! 今回は、女子ゼミ生の妄想ワールドから生まれた「古文方言彼氏」だよ。

出演:わっち(和田優希)、みなと(松井 奏)
※今回のニューベン動画はHPでの公開はありません