晴れ、ときどきファーム!

BSプレミアム 毎週金曜 午後11時00分~11時29分

これまでの放送

pic

 

2017年1月27日(金) 乾燥の冬!お茶の油“ティーオイル”でうるおいを

女性にとって冬の乾燥は肌の大敵。そこで今回は、肌に潤いを与えてくれる良質な植物油のお役立ち情報をたっぷり紹介します。V6長野博さんたちが注目したのが、里山に植えられていたお茶の木。実からとれるティーオイルは、オリーブ油をしのぐほどオレイン酸たっぷり。乾燥しがちな肌に潤いを与え、料理に使えばアンチエイジング効果も。ヘルシーな油としておすすめのティーオイル、コスメや料理での活用法をお見逃しなく!

恋する野菜 家庭菜園にも!大切な土のケア“天地返し”

スコップなどで畑の土を掘り起こし、深いところの土を天日にさらす“天地返し”。
この作業をすることで、微生物の働きが活発に。土が柔らかくなって野菜の育ちがよくなります。
連作障害を避けるためにも大切な作業です。
家庭菜園では3年くらいおきに天地返しをして、土をリフレッシュさせましょう。
日々の地道なケアが、豊かな実りにつながります。

バックナンバー

やってみる お茶の油“ティーオイル”でうるおいを

お茶の木の種からオイルが搾れるってご存じでしたか?
お茶の木はツバキ科の樹木。あまり知られていませんが、秋になると実をつけます。
以前お世話になったごぼう農家の吉野禎男さんがお茶の木を育てていたことから、その種をいただき、“ティーオイル”をつくることに。
今回は家庭用の油しぼり器を使い、生のままの種と、弱火で15分から煎りした種の2種類を搾りました。
種は焙煎すると油が出やすくなり風味もアップ。ナッツのような香ばしさを感じるまろやかな口当たりです。
ティーオイルの主成分は「オレイン酸」。その含有率はなんと80~85%!
さらにはカテキンとビタミンEも豊富で抗酸化作用もあり美容効果も高いといいます。
そんなティーオイルの活用法は料理だけじゃない!今回はクリームのような“バーム”をつくりました。
ティーオイル20gとミツロウ3gを一緒に湯せんにかけてよく混ぜ、容器に移してあら熱をとれば、“ティーオイル・バーム”の完成。肌や髪にうるおいを与えてくれる万能バームです。
また、油をとるだけでなく種からお茶の木を育ててみることに。
種を発芽させて苗を育てる“実生栽培”(みしょうさいばい)という方法です。
腐葉土を混ぜた土(1:1の割合)に、発芽率を上げるためひと晩水につけておいた種をまきます。
日当たりの良い場所におき、土の表面が乾いたら水をやります。うまくいけば、ひと月ほどで発芽。
15cm位になったら畑に移植します。花が咲くまで4~5年、葉を安定して摘み取れるようになるまでは8年くらいかかりますが、ファーム産の日本茶、わくわくしますね。

バックナンバー

畑のごほうび

レシピ ティーオイルでいただく!冬野菜のサラダ

番組で紹介した簡単アイデア料理のレシピをチェック!

レシピ一覧

レシピを見る

畑のごほうび

レシピ ティーオイルたっぷり!ザーサイと豚バラ肉の炒めもの

番組で紹介した簡単アイデア料理のレシピをチェック!

レシピ一覧

レシピを見る

畑のごほうび

レシピ 魚介のうま味たっぷり大根鍋

番組で紹介した簡単アイデア料理のレシピをチェック!

レシピ一覧

レシピを見る