自殺と向き合う - 生き心地のよい社会のために

シリーズ 20代の自殺

9月に放送した「20代の自殺」に寄せられたメッセージです

誰かに相談したくなったとき、聞いてくれる窓口があります。

  • フラワーカンパニーズの『深夜高速』、番組に出ていた彼らの想いがすべて入っています。救われるような歌ではないけれど、彼らにも聴いてほしいです。 昔の若者は、何者かになりたくて、でもなれなくて、その狭間での苦しみだったけど、今の若者は、ただ普通に生きることすら困難であることが、元若者としてどうしたら良いのかと考えてさせられました。

    ゆみやまさん
    2014年9月30日 22時44分
  • 私は30歳です。小さい頃から【死】をみじかに感じていました。嫌なことがあると結びつくのは【死】。逃げでもなんでもなく皆がそう思うもんだと思っていました。案の定、鬱病になり5年は遺書を書いたり首吊りなどを繰り返しました。しかし、今は寛解に向かい生きる意味なんて考えなくなりました。もちろん【死】も。灰色に見えていた景色が鮮やかな景色に見えたとき生きていてよかったと思います。

    ほのかさん
    2014年9月28日 13時20分
  • 大好きな人々と過ごしたり、会話したりすることで、共にあるんだということを実感する時。そういった強いつながりがなければ、今の世の中辛いことばかりなのではないかと思います。その意味で、そうしたつながりから切り離された人が再びつながりを作るきっかけになりうるNPO等の団体の活動は非常に重要だと思っています。

    ガイコシさん
    2014年9月28日 10時12分
  • ・自分の大好きな音楽(楽器演奏)をやっているとき・旅行しているとき・会社の人と楽しく会話しているときなど色々ありますが、最近はそういうことがあってもすぐに忘れてしまうのです。その場限りで終わってしまうのに嫌気が差してしまいました。

    344YMさん
    2014年9月27日 23時21分
  • 誰にも必要とされていないんじゃなくて、自分が誰も必要としてなかった(必要としていない態度を取っていた)、ことに気づいた時。今までの、誤解の世界で死ななくてよかったと思いました。相手に理解されていないんじゃなくて、相手を理解していない、ということに気づいてからだいぶ生きやすくなったように思います。

    はるさん
    2014年9月27日 07時10分
  • 生きる!と聞くと、空中に浮いた心を持つと思います。宇宙の話を聞くと、惑星に済みたいって思う時があります。いじめは、生きる自分も築いて飛び降り自殺する気持ちになる。生きる事は、地獄と天国です!僕は、地獄のように思えてなりません。生きるんだ活動場所を見付けたぞと祈ろう。
    自殺者が、翼を広げ高い世界へ。
    僕は詩を書きます。
    鷹のように、広い海を見よう!
    命の尊さを忘れないで、傷付いて生きる事は嫌いだ!
    見つめよう、原点を。苦痛の皮を捲れと叫べ。
    No't more change get to berive.

    後遺症さん
    2014年9月26日 18時36分
  • 生きる!と聞くと、空中に浮いた心を持つと思います。宇宙の話を聞くと、惑星に済みたいって思う時があります。いじめは、生きる自分も築いて飛び降り自殺する気持ちになる。生きる事は、地獄と天国です!僕は、地獄のように思えてなりません。

    後遺症さん
    2014年9月26日 18時30分
  • 青空の下を散歩したとき

    マダオさん
    2014年9月25日 01時45分
  • お日様にあたってぽかぽかしているとき、すごくあったかい気持ちになって。ただ、それだけなのにいきてて生きててよかったっておもいます。

    あかねさん
    2014年9月24日 21時57分
  • 10代には10代の20代には20代の理由があります。最近、震災で家族が死んだかもと思いました。自分はつまらない承認要求を捨てて家族を悲しませない努力をしなければいけないと感じ頑張ってます。いつか家族がみんな死んで誰もいなくなったら楽になりたいです。その時までは生きると決めたから1日を楽しめる努力を始めました。楽しいから生きるのではなく楽に楽しむ努力をしてるのです

    マルさん
    2014年9月24日 21時28分

誰かに相談したくなったとき、聞いてくれる窓口があります。

  • 自分を人として本気で認めてくれる、自分は生きていていい、自分が誰かの役に立っている、要するに、【死ぬことを考えている場合じゃない】とわかった時です。本当は、何か自分を守りたいんじゃないですか?誰かに何か知ってほしいんじゃないですか?本当は望んでいることがあってだれかと一緒に頑張りたいのでは?それは命を捨ててでもできないものなんですか?本当に死ななきゃいけませんか?

    @2668さん
    2014年9月24日 21時13分
  • 私も今とても苦しい現実の中にいますが、自分の場合、『生きていていいんだよ』って自分の心に言葉がけをすることで、気持ちが楽になります。どうして生きてていいのか?とか深く考える必要はなくて、根拠なんて考えなくても(ホントはちゃんと根拠はあるけどそれが分からなくても)、生きていていいんだよって思うと少し気持ちが楽になります。すごく辛い状況にいても、この言葉を何度も思い出すようにしています。

    オリオンさん
    2014年9月24日 20時44分
  • 生きているって、修行だと思う。試されているんだと思ってしまう。負けたくないけど、逃げ出したい。みんなそうだと思ってたけど

    ma~さん
    2014年9月24日 20時29分
  • 熱帯魚にエサをやってるとき。

    たまごさんさん
    2014年9月24日 20時18分
  • 自殺に失敗した時。本当に生きててよかった。あの時死んでたらと思うと恐ろしい。二度と自殺したくない。でも「自殺しません」と約束出来ない。自分の意志で決められないから。

    ハナコさん
    2014年9月24日 00時48分
  • 今回の放送で、女の方の発言に怒りを覚えました。自殺するのはいけないことだけど、自殺をする人の気持ちをやはり健常者なのでしょうね。考えていない発言でしたので怒りを覚えました。私は去年惜しくも自殺してしまいましたが、今生きています。良かったなと思ってるんですよ!もう一度生きれて。私には心の病。躁うつ病があります。それもあったのですが、ひどいです。

    ちひさん
    2014年9月23日 22時00分
  • 空も海も青い、青は愛の色だと気付いたとき。愛はきっといつでもそばにある。苦しいときほど鮮やかで遠くて憎いけど、それでもいつも見上げれば青。それだけで、生きていて良かったのだと思う。

    むいさん
    2014年9月23日 05時26分
  • 「自然な自分」が認められたとき、だろうか。かつては夢物語だと考えていたが、今ではこんな自分を認めて愛してくれる人達が現れた。わたくしはうつが寛解し復学したという経歴があるが、自傷は続き摂食障害になり…と結局「形を変えているだけ」で根本の解決にはならなかった。社会に戻る・学校に行けるようになるだけではなく、自分のありたいように生きて、そして自然にできた強い関係に支えられてようやく幸せだと感じた。

    Tsukkoさん
    2014年9月21日 16時45分
  • 私が「生きててよかった」というより「死ななくてよかった」と思えるのは専門学校で新しい友人ができたり、興味ある講演会やフォーラムに行ったり、たまには映画館に行ったりといったことが嬉しかったり楽しかったりするからなのかもしれない。自傷痕を隠しながらの生活で今でも他人の目を気にしますが、生きているから勉強も外出もできるんだなぁ、なんて思ったりもします。

    ゆきうさぎさん
    2014年9月20日 22時53分
  • 本題から少しずれるかもしれませんが(長いスパンの話なので)私は長年(親からの虐待や偏った教育のせいと思われますが)無力感や無価値感と共に生きてきました。が、「これまで表に出していなかった自分の能力」を人と分かち合える場、活かせる場に出会い、人生が変わりました。無力感や無価値感は吹っ飛び「生きてて良かった」と言うか「私、これからも生きて行くやん!当たり前やん!」という心境に。

    Lunaさん
    2014年9月19日 15時22分

誰かに相談したくなったとき、聞いてくれる窓口があります。

  • 見上げたら青空が広がってたとき。きれいな夕焼け空を見たとき。誰かと心から笑えたとき。誰かに必要とされてる、受け入れられてると思ったとき。ご飯がおいしいとき^-^!

    ろくおさん
    2014年9月18日 20時30分
  • 人を幸せにできた時。本を読んだり、ピアノを弾いたり、友だちと一緒にいる時。素敵な人に出会った時。

    hanaさん
    2014年9月18日 16時45分
  • 私は10数年間、心の病気と戦っている。病状ゆえ通信制の高校に入学し、平日 、リハビリとしてデイケアに通った。将来を考えると、どうしても大学で福祉と心理を学びたくて、執念で勉強を頑張り、大学に合格できた。デイケアも卒業できた。人より4年遅れで入学したけど、同年代と触れ合って、講義や部活で色々な体験ができる毎日 、本当に楽しくて、「生きててよかった」「ここにいていいんだ」そう思える毎日

    chocoさん
    2014年9月18日 14時31分
  • 私は10数年間、心の病気と戦っている。病状ゆえ通信制の高校に入学し、平日 、リハビリとしてデイケアに通った。将来を考えると、どうしても大学で福祉と心理を学びたくて、執念で勉強を頑張り、大学に合格できた。デイケアも卒業できた。人より4年遅れで入学したけど、同年代と触れ合えて、講義や部活で色々な体験ができる毎日 、本当に楽しくて、「生きててよかった」「ここにいていいんだ」そう思える毎日 った。

    chocoさん
    2014年9月18日 14時28分
  • この番組をみて1人じゃないって思ったとき。ちょっと生きたい気持ちが膨らんだ。綺麗な景色をみたときおいしいものを食べたとき生きてて良かったと思う今は楽しい事より辛いことの方が多い。毎日 日 れる。涙もでる。孤独感に苛まれる。でも生きてれば時間が流れ仲間に出逢えたりもっと楽しい体験が出きるかもしれないと未来にちょっとだけ期待してる自分もいる

    そらさん
    2014年9月18日 03時22分
  • 私は37歳女性です。自殺といより、生きることを辞めたいと今まで何度も考えました、20代でほんとうにこんなに同じことを考えている人がたくさんいることを知り、番組中は涙が止まりませんでした。みんなそれぞれおもうこと感じることなかなか前に進めないと思って、苦しんでいる人もたくさんいるでしょう。きっと生きてるだけで、小さい一歩。そう思います。

    ガーベラさん
    2014年9月17日 23時12分
  • 美術館に行ってきれいなものに触れた時。世界にまだ自分の知らない美しいものがあり、これからも見れるかもしれないことは慰みになります。

    みどりさん
    2014年9月17日 22時08分
  • いいDr.に出会えて境界性人格障害のカウンセリングを受ける機会が会ったこと。今までずっと鬱や統合失調症と誤診されていて辛かったです。

    れんさん
    2014年9月17日 13時38分
  • 色々あり18歳で結婚し今は3人のパパです。学もあまりなく、馬鹿にされ、心の病は常につきまといました。今、振り返って思います。日 の教育が悪いと。自分の生きている意味。自分が生まれてきた意味。まずこれを知ることが大切だと思います。私の場合は生んでくれた親が親がいた証として私を生んでくれた。そして親の意思を引き継ぎ、次の命にまた繋げていく。感謝と使命を理解することが大切だと思います。

    ぽんたさん
    2014年9月17日 13時35分
  • 職場は心を開いて話せる場ではない。でも、こんな鬱屈したぼやきを温かく受けとめてくれる人 ー 以前の職場の先輩や、大学の(年下の)先輩や同期、大学の先生 ー そんな人達が居るってことが支えになっています。つい昨日 改めて感じました。

    島のこえびさん
    2014年9月17日 13時27分

誰かに相談したくなったとき、聞いてくれる窓口があります。

トップページへもどる