本文へジャンプ

  • 「医療的ケア児」の就学、通学についての悩み、教えて下さい!(2017年5月特集)

    番組ディレクター
    記事ID:55972

    障害や病気のため、たんの吸引や経管栄養などの医療的なケアが必要な「医療的ケア児」。昨年4月の放送で取り上げた際には、保護者から悩みの声が多く寄せられました。
    今回は引き続き、医療的ケア児の就学や通学の課題について考える番組を5月に予定しています。

    文部科学省が平成27年に行った調査によると、看護師が学校にいない、または常駐ではないなどの理由で保護者が医療的ケア児の就学に付き添っているケースは、全国の公立小中学校で388件にのぼります。特別支援学校も含めると、その数は更に増えます。

    また、体制が整っていないため、そもそも希望する就学先に通えていないという声も聞こえてきます。

    医療的ケアが必要なお子さんを育てる保護者のみなさん
    教育や医療の現場でそうした子どもたちと接するみなさん
    今、子どもを学校で学ばせる上で、どんなことに困ったり悩んだりしていますか?

    保護者から・・・
    「学校側に看護師がたりないため、親の付き添いを求められている」
    「人工呼吸器の子どもは『訪問学級しか難しい』と言われ、友達と学ぶことができない」
    「通学バスに乗せてもらえず 学校に通えない」
    「学校や教育委員会と粘り強く交渉して、支援体制が整った」など、
    また、教育現場から・・・
    「看護師が少ない現状で、大人数の複雑なケアを求められる」
    「現場で声を上げても、なかなか“上”が体制を整えてくれない」
    「うちの地域では、こんな工夫がなされている」など

    みなさんの体験談、ご意見を募集します。

    番組スタッフより
    ▼2017年5月特集で募集中の他のカキコミは…
     【募集中】「発達障害」がある子どもの学校教育についての悩み、教えて下さい!
    ▼2016年4月特集のカキコミ
     「医療的ケア児」あなたの悩み・必要と思う支援 教えて下さい!(2016年4月特集)
    ▼放送番組
    『ハートネットTV』 シリーズ 障害のある子どもと学校
     2017年5月2日(火)放送 第1回 医療的ケア児
     2017年5月3日(水)放送 第2回 発達障害
    【お役立ち情報】障害者の家族
     「障害者の家族」に関する相談窓口などを紹介しています

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。 
    メールフォームを開く
    (別ウインドウ/PCサイト)
    投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年02月02日 17時27分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在119

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    安心して通える小学校に行かせてあげたい
    お花大好きさん / 滋賀県 / 30代 / 母親
    記事ID: 56580

    私の子どもは、気管狭窄という病気のため気管切開しており、狭窄の治療中のため囁き声になっていますが、他に障害がありません。
    今は公立のこども園に看護師さんの加配をつけてもらい元気に通園しています。年中さんです。お友達もできて一緒に遊んでいる姿を見て入園させてもらえて本当に良かったなぁと思っています。
    しかし今、小学校には看護師加配という制度がない、前例がないと言われ不安になっています。
    子供のためなので、吸引のために小学校へ行き待機や付き添いをする覚悟もしています。
    しかし、夫が単身赴任中で子供と二人暮らし、近くに頼れる親族がいない、生活のために在宅で仕事もしていて、子どもの治療のために複数の病院への病院通いもあり忙しく、毎日吸引のために小学校で待機することが、母である私にどのくらいの負担になるのかも心配です。小学校も看護師加配があればなぁと夢にみます。
    養護学校もありますが、肢体不自由でもなく、知的障害もないため当てはまらなく、普通小学校だと、医療ケアが必要なため障害児扱いになり、我が子が制度上の中途半端な位置にいることにも戸惑います。
    これから、市の方や、教育委員会の方たちにご相談をして、我が子が安心して通える小学校に行かせてあげたいと思っています。
    医療ケア児の就学についてハートネットTVで取り上げていただけること、とても嬉しいです。ありがとうございます。

    投稿日時:2017年02月23日 02時51分

    コメントを書く

  • 悩み

    就学を前にして
    じゅのままさん / 東京都 / 30代 / 母親
    記事ID: 56574

    1人の1つの人生において、保育園から就学へ移行するのに、大きく体制が異なることに困惑しています。

    13トリソミーという染色体異常で生まれ、重度の障害と医療的ケアを継続して生活しています。
    なんとか認可保育園に入園し、ヘルパーさんの介助により母の付き添い無しで通えました。娘はこれにより大きな成長を遂げてくれたので、本当に本当に感謝しています。

    でも4月からの特別支援学校入学では、送迎バスに乗れず付き添いを求められ、ひとり親のため仕事はどうするか、生活できるのか。貧困により娘の経験を制限することにならないか。
    またこれまで友だちの中で育ってきた娘に、親子という狭い社会に後戻りさせるようで辛いです。

    そして、自家用車送迎は吸引や発作のある娘には非常に危険を伴います。現在、ヘルパーに同乗してもらうため、移動支援において車の利用を区に懇願しています。またいざとなったら、乗り合わせてママ達で輪番自主送迎が出来ないか検討しています。

    法律に医療的ケア児と明記されたので、早く現場の環境をアップデートしてもらいたいものです。

    投稿日時:2017年02月22日 23時47分

    コメントを書く

  • その他

    就学
    金太郎さん / 40代 / 母
    記事ID: 56556

    重複障害の男の子です。気管切開しており、知的遅れと歩行が安定していないのと、聴覚障害があります。手話を身につけており、聾学校を見学。聾学校の幼稚部は、自分で歩けないと入れないと言われてました。区立幼稚園は、医療行為があっても自分で歩けなくても受け入れてくれました。吸引がほとんど必要ないと話すと、「急変の心配がないなら、付き添い必要ありません」とも言われました。軽々と受け入れるところと、そうでないところの差が大きく、それぞれの教育委員会の姿勢の差なんでしょうか?都の教育委員会は、聾学校の重複クラスの設置数を決めており、重複クラスに入りたい子供が居ても、定員いっぱいだと入れない状況。一つの学校に、1年から6年全部で1〜2クラス程度。「来年度はもう、うちの学校は重複クラスいっぱい」といわれたところもあります。重複クラスの設置数が少なく、設置数増加の希望をだしても教育委員会がうんと言わないようです。人件費などがネックなのでしょうか?他県の聾学校は、気管切開でも、すんなりと受け入れてくれるとの話を聞きました。が、他からの情報だと、その学校は気管切開があると、「危ないから」という理由で行事等の参加を制限したりしていたらしいです。神奈川の一部では、特別支援学校でも、教師が講習を受けて吸引ができるようにしているので、医療行為がある子供でも初日から付添いはせずに済みバスで通学。毎日付添いする、母への負担は大きいものです。シングルマザーの人であれば、付添いをすることで仕事ができなくなり死活問題。ニーズに合わせて変えていく自治体もあれば、変わらない自治体もある。特に、都には失望しました。高い医療を受けれる自治体の一つであるのにもかかわらず、医療で生きることのできた、医療行為を必要とする子供たちの行く場所がかなり限られており、かつ家族の負担は軽減される傾向にはない。

    投稿日時:2017年02月21日 23時00分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    付き添いなしで通学しています!!
    みえのままさん / 熊本県 / 40代 / 母親
    記事ID: 56554

    支援学校に在籍する脳性麻痺の娘がいます。気管切開と胃ろう、痙攣発作もあります。毎日、送迎こそしていますが付き添いなしで通学しています。学校には看護師さんが常駐です。

    就学前は娘を預けるところは全くありませんでした。医療ケア児に対応できる保育園はなく、病院併設の施設であっても近くには預けるところはありませんでした。

    付き添いなしで通学できることを大変ありがたく思っています。
    「できれば通学バスに乗せたい」とも思いますが・・・そこは贅沢な悩みかもしれません。

    先生と看護師さん、親との連携がとれていて安心して通学することができます。

    熊本は、他県と比べて体制が整っていると思います。
    全国へ広がればいいなぁと思います。

    投稿日時:2017年02月21日 22時14分

    コメントを書く

  • 悩み

    障害児の就学問題って本当に大変です!
    おもちさん / 大分県 / 30代 / 母親
    記事ID: 56542

    私の息子(年長)は腸に障害があり、夕方から朝にかけて在宅中心静脈栄養の点滴、また、人工肛門での排便を行っています。

    人工肛門からの便破棄の処理は医療行為ではないようですが、先生方が便破棄を手伝うのは衛生面で問題があるとのことで、最寄りの幼稚園では入園を断られました。

    現在は隣の団地のこども園にて、理解のある先生方の元、園生活を過ごすことができています。便破棄の処理が、まだ本人一人では難しいため、先生方が手伝って下さっています。現在のこども園では、看護師さんもいるため、私も安心して預けていられます。

    私たちの住む地域では、息子のケースでは、看護師のいる特別支援学校には入学できません。小学校は、特別支援級(病弱)の申請をしていますが、前例があまりなく、普通学級での入学になるかもしれません。小学校では、保健の先生も、看護師の免許を持っていない方がほとんどのようで、驚きました。県外で、同病のお子さんに、看護師の支援員がついたというニュースを聞き、うらやましい限りです。

    医療行為が必要な子供を持つ親の負担はなかなか大変ですので、子供と少し離れて、息を着ける時間が少しでも持てると、母子ともに本当に助かると思います。私たちの住む地域にも、ぜひ、看護師の支援員さんが来ること、教育の現場でも理解が深まり、環境や制度が整うことを願いたいです。

    投稿日時:2017年02月21日 13時30分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    前例がないからこそ。
    ななままさん / 北海道 / 40代 / 母親
    記事ID: 56513

    私の息子は気管切開と経管栄養をしています。現在は姉兄が通う小学校の特別支援級に通ってます。1年生です。
    私の住む町は小さな町で、医療行為が必要な子供は息子しかいません。その為、赤ちゃんの頃から前例が無い事だらけ、でも前例がないからこそ動いてくれたのが町でした。おかげで、保育園も看護師をつけてくれて3年間通う事が出来ました。小学校は、最初の1学期は付き添いが必要でしたが、現在は看護師がついてくれてます。これも息子1人の為に町が動いてくれて今があるという事。本当に感謝でいっぱいです。こんな小さな町でも1人の子供の為に頑張ってくれてます。付き添いも経験して思う事感じる事たくさんあります。医療行為が必要な子供はどんどん増えると思います。だからこそ、行政の力が必要。そして、これからも息子は前例をつくって、微力ですが小さな町から発信していければと思います。

    投稿日時:2017年02月20日 12時02分

    コメントを書く

  • 提案

    そもそも通学が無理
    とこさん / 茨城県 / 30代 / 母親
    記事ID: 56509

    気管切開していて吸引が頻回な子供を、自家用車で移動させることが不可能なんです。
    運転手の他に痰の吸引ができる人が同乗していないと。
    毎日2回の送迎に運転手、もしくは痰の吸引ができる人を雇えると思いますか?
    そんなこと子供の状況を一目見れば分かるはずなのに、
    【通学バスは利用できない】と言うルールをおかしいと思わないことが疑問です。

    投稿日時:2017年02月20日 00時36分

    コメントを書く

  • 悩み

    色々な経験をさせてあげたい
    オレンジさん / 東京都 / 30代 / 母親
    記事ID: 56482

    脳性麻痺で、特別支援学校に通う子どもがいます。医療的ケアは胃ろうです。もともと医療的ケアはありませんでしたが1年半前に病気で手術をし、その直後は腸ろうへの24時間注入のポンプを付けていました。スクールバスには乗れず車での送迎をしていました。その後の手術で胃ろうになったので、現在はスクールバスには乗れていますが校外学習(社会科見学や移動教室)は注入をするため付き添いになります。学校内での注入は先生がしてくれますが、一歩外へ出ると授業の一環であっても先生にはしてもらえません。移動教室になると宿泊ですが、下の子がいるので付き添いするのは難しく参加させてあげられるか悩んでいます。付き添いが必要だと本人は元気でも親が体調悪ければ参加させられない事があったり、貴重な経験をさせてあげられないことが残念でなりません。
    また夏休みなどの長期休みになればお友達と遊びに行く事などもちろん出来ないので放課後デイサービスなど利用しますが医療的ケア対応のところは非常に少なくすぐに埋まってしまいます。一日中介護しなけらばならない日が何日も続き、お出かけにも連れていってあげたいですが心身ともに疲れ果ててしまっている現状です。

    投稿日時:2017年02月18日 15時50分

    コメントを書く

  • 悩み

    制度上の問題をどう解決するか
    まんまるさん / 教育
    記事ID: 56475

    医療的ケアの必要な児童生徒が、現在、全校の4分の1在籍する特別支援学校に勤務している教員です。
    医療的ケアを行うために看護師が配置され、教育上の医療的な負担が少なくなっている反面、はっきりとした数で示されている訳ではないですが、教員数が減らされています。都道府県によって教員数の計算は運用が異なるようなのですが、法律上標準とされている定数から計算すると、ほぼ看護師一人につき、教員が一人減らされている計算になります。このまま医療的ケアが必要なお子さんが増えて、必要な看護師数が増えたら、どんどん教員が減っていってしまいます。学校は、障害のあるお子さんが安全に安心して過ごせる場であることはもっともですが、それだけではなく、教育を受けていただく場です。予算の関係などから都道府県ごとの裁量になっているところは止むを得ない面がありますが、標準に近づけるように考えてもらえないものかと悩むところです。
    また、本県でも医療的ケアの必要なお子さんのスクールバス利用はできません。本校では医療的ケアだけでなく、発作などの健康面でのリスクをもつお子さんについても規定をもって対応しています。万が一の危険性ではありますが現場の職員として、安心安全が保障できないこと、子供達に負担をかけるようなことをする訳にはいかないことを理解していただきたいです。それを解決できるのは、やはり制度改善をして、バスの中での安全が保たれる体制の実現が必要かと思います。それでまた教員が減らされるのでは意味ないですが…。予算の少ない自治体にとって、ハードルが高いことなので、どうやって全体のバランスをとっていくのか、考えながら進めていかないと、どこかにしわ寄せがくるようなことになるので、 注意が必要かと思います。

    投稿日時:2017年02月18日 09時49分

    コメントを書く

  • その他

    付き添いなしで、学校や学童保育に通いたい
    はーとさん / 大阪府 / 母親
    記事ID: 56472

    うちの子は気管切開していますが、知的や発達に問題はなく元気に走り回っています。
    大人になれば自分でケアできると思いますが、子供の間は付き添い者(保護者や看護師等)がケアを行ってあげる必要があります。
    親は共働きで、保育園に専属の看護師さんを付けて頂くことになりましたが、卒園後は、地域の小学校に看護師さんを配置して頂いた上、通うことを希望しています。
    市が看護師さんを募集しても、給料もそれほど高くなく、とても責任のある仕事ですので、応募がなかなかないようです。
    現状では、保育園や小学校等への看護師配置の可否が、看護師さん個人の使命感や責任感に頼っている状態と言えると思います。また、看護師さんに辞められてしまうと、親は仕事を続けられるのか、非常に不安定です。
    国や地方、病院、看護師協会等の関係機関が連携して、もっと組織的に看護師配置のシステム作りをしてほしいと思います。
    また、小学校入学後、親が就労し続ける為には、放課後も子供の医療的ケアを行ってもらう必要があります。
    市が実施している放課後学童保育へ入所し、小学校と同じく、放課後も地域のお友達と一緒に過ごすことを希望しています。学童保育へも看護師さんの配置が必要ですので、市に要望しているところです。
    大阪府豊中市や千葉県流山市のように、看護師配置の上、医療的ケア児の受け入れ実績のある学童保育もあります。
    障害者差別解消法において、障がいのある人から求めがあれば、役所は合理的配慮を行う法的義務がありますし、厚生労働省は学童保育で障害児受入強化推進事業を実施しているようですので、医療的ケア児の学童保育への入所についても、早く体制を整えて欲しいと思います。

    投稿日時:2017年02月18日 03時27分

    コメントを書く

現在のカキコミ119件中