本文へジャンプ

(3/26 お知らせ)
「福祉ポータル ハートネット」をご利用いただき、ありがとうございます。
ポータルサイトは、新年度よりデザインや構成の全面的な見直しを行います。

「カキコミ板」については、現在のホームページからの投稿は3/28(水)まで、
またホームページでの公開は3/29(木)までとなります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 脇見恐怖症について

    さき
    記事ID:32245

    あまり世間に取り扱われていない脇見恐怖症を取り上げていただきたいです。
    脇見恐怖症とは視界に人(重度になると物)が入ると、その対象物に視線がいってしまう症状です。たとえその人を見ようと思わなくとも、自然とみてしまいます。それにより相手に不快な思いを与えてしまい、罪悪感を抱きます。
    例えば私の場合、道を歩いているとすれ違う人を否応なしに見てしまうため、申し訳なくて始終下を向いています。
    この病気に苦しむ方は大勢いらっしゃいます。また、自身が自覚していないだけで実は脇見恐怖症だったということも多いです。まだまだ認知度が低いため、大勢の方々に病気の存在を知っていただきたいと思うのです。

    番組スタッフより
    2016年2月に、“視線の恐怖”についての番組を制作します。
    こちらの“脇見恐怖”に寄せられたご意見も参考にいたしますが、“他者視線恐怖”や、“自己視線恐怖”などのカキコミも募集しております。
    詳しくはこちらのカキコミ板をご覧ください。⇒【2016年2月】“視線の恐怖”について、カキコミを募集しています

    投稿日時:2013年09月16日 22時58分

  • 提案

    認知行動療法をぜひ受診してください
    bqさん / 千葉県 / 30代 / 父親・会社員
    記事ID: 68676

    私は37歳の男性会社員ですが、16歳(高校一年生)のころから脇見恐怖症と付き合って、なんでこんなに生きづらいのだろうと悩みながら生きてきました。

    訳あって昨年から今年にかけて一年間ほど認知行動療法を受診し、信念・自動思考の分析と行動実験によってかなり思い違いをしていたことにやっと気がつかされました。

    同じ悩みを持たれる方はループしている迷路をずっとぐるぐると巡っている感じかと思います。ぜひ認知行動療法を受診してください。自分の恥と思っていることに対峙したり、行動実験中は不安に暴露しますので、たいへんきついですが、耐えてがんばる価値は必ずあります。

    投稿日時:2018年03月08日 13時42分

    コメントを見る(現在2件)

  • 相談

    職場で…
    エムエムさん / 岩手県 / 30代 / 母親
    記事ID: 68239

    違う職場で同じいじめに3回合いました。アイツ見てくると言われて、自分が相手数人からジーッと見られて周りを見れなくされました。今の職場でも、1にの女性から見られたとか、なんで見てくるか分からないなど言われて、それを聞いた社員から、私を見ながら笑ったり、仕事中ジーッと見てきたりされてます。これを見てもしかしたら自分が脇見恐怖症なのかな?と思いました。職場以外では見てくるとか言われた事はないんですが…。自分ではジーッと見たりしてるつもりは無いんですが、チラッと見る程度はありますが。
    3回も短期間に同じいじめをされると、脇見恐怖症なのかと。
    治したいです。仕事にも行きたくない日々です。

    投稿日時:2018年02月27日 00時24分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    人生を終わらせたい
    しずくさん /
    記事ID: 68149

    脇見恐怖症の症状は人によって違います。私の症状は、周りを意識しすぎた為に周辺視野が強化され周辺視野と中心視野の強度が同じになってしまい、周辺視野で実際に人を見てしまい、見てるなどの悪口を言われるというものです。周辺視野が見えすぎるため、視野が広くなったように感じ、周りに人がいようがいまいが、黒目が動いていようがいまいが常に脇見状態です。視野に人が入るだけでその人のことを見ていることになってしまい、わざと見てると思われ散々悪口を言われてきました。目の焦点が無くなってしまったような感覚で、一点を集中的に見ることができなくなってしまいました。

    薬も飲み心療内科にも通いカウンセリングも受けましたが効果が無く、眼科に行っても異常無しでした。

    毎日死にたい思いを抱えながら生きています。周辺視野が強化されてしまったので、治療するとしたら周辺視野を「退化」させることになるのでしょうが、どうやったらいいのでしょう。年を取れば老化で視野が狭くなるかもしれませんがそれまで待てません。今は目を寄り目にするようにしたり、一点を集中的に見る練習をしていますが、なかなか効果がありません。

    こんなに辛いのに、明らかに視覚の異常なのに、なぜこの病気は認知されていないのでしょうか。もし私が死んだら、脇見恐怖症のせいで死にますと書き残して死んだら、少しはこの病気を世間に認めてもらえるのでしょうか。それとも世間はそれでもこの病気を無視し続けるのでしょうか。

    周りに理解者もおらず、職場では見てるとブーイングの嵐、夢中になれる趣味も無く四六時中脇見恐怖症のことを考え続け、生きる希望も失ってしまいました。今は生きる気力もありません。ただ人生を終わらせることを考えています。

    投稿日時:2018年02月25日 22時52分

    コメントを見る(現在2件)

  • エール

    絶対に治ります
    福太郎さん / 福岡県 / 20代 / 学生
    記事ID: 68069

    きっかけとしましては専門学校の授業中に斜め前の女子生徒が頻繁に周りを見渡しており、急に視線を向けられ反応してしまったことです。
    最初はその方向だけに過剰に反応していたものが、気づいたら横や斜め後ろ...あらゆる方向に意識が飛んでしまって仲の良い人間にも発症するようになりました。

    まず、「視線」についてですが、どんなに意識してようがこちらが先に見ているということはありません。相手がこちらに視線を向けてきた時に反応して「眼球のみ」が動いています。カウンターみたいなものですかね。
    1番やってはいけないのが「見ないようにする」「意識しないようにする」ことです。結果的にこれがカウンターの引き金になってるということを頭に入れておいて欲しいです。
    まず「人が視界に入っているのは当たり前の状態」なのですが、脇見恐怖症になるとそれが「異常」に感じてしまい、どうにかして見ないようにとして姿勢がおかしくなったり体の変なところに力が入ったりすると思います。
    その状態こそが脇見を生み出している根元だということに気付いて頂きたい。
    私もしっかり顔を上げて授業を聞いたり、横を向いて物を取ったりする中で最初は苦労しましたが、「見ないようにする」「意識しないようにする」のではなく、「視界に人が入るのは当たり前」「脇見がでてしまったらしょうがない。それで見ないように意識したら逆に悪化してしまう」という認識をもって生活していたところ、症状はかなり改善されました。

    ただ、すぐに治るものではないですし、治っていく過程で脇見は頻繁に起こります。最初は動悸や全身の強張りが酷かったのですが、徐々に動悸がなくなる→強張りがなくなってくる→眼球が移動しないようになるといった段階を踏んでいくことで治ります。

    長文すぎて色々端折りましたが必ず治る病気ですので、何かあればご質問お待ちしております。

    投稿日時:2018年02月23日 16時30分

    コメントを見る(現在1件)

  • 悩み

    高校一年生
    西崎さん / 東京都 / 10代 / 学生
    記事ID: 67920

    目線のやり場 例えば電車、すれ違い、脇に人が入る。こういったsituationの時に絶対見ちゃいけない!って、思って一点集中するんだけどなんか一瞬チラって見られてる気がします。
    多分人が視界に入るとものすごく意識しちゃってます。
    でも人と話す時は全く問題なく目を見て話せてます。(話している時は目を見るのが当然だからっていう固定観念があるからだと思う。 )
    もう死にたい。

    本当にこれさえなければ本当に幸せなのに。

    PostScript
    現在は通訳に向けて英語と国語を勉強しています。自分で言うのもなんなのですが、やる気は気持ち悪いほどあります。高一ですが英検準一級を取得しました笑
    こんなクソみたいな癖なければ変われると思います。

    長文と自慢申し訳ございません。

    投稿日時:2018年02月20日 22時39分

  • かなしい

    ごく普通1日を送りたい、ただそれだけなのに…
    Lisaさん / 20代 /
    記事ID: 67630

    高校生の頃、とある精神病から脇見恐怖症になりました。

    前を向いて歩く事も、電車に乗る事も、本やスマホで文章を読む事も、映画を観る事も、仕事をしている時も、家族や友達・不特定多数の人々と飲食をする時も。どれも誰もが当たり前のように過ごす1日の出来事にすぎません。
    でも、脇見恐怖症に悩まされている私は、これらのごく普通のなんて事ない時間を平常心を保って過ごす事が出来ません。
    常に「脇見しているんじゃないか」「脇見してしまいそう」「誰かに見られているんじゃないか」という不安と恐怖にかられ、目はキョロキョロし首は不自然に人を避けた方向に傾き、体は緊張で強張り、症状が出れば手で顔を隠され、舌打ち・咳払い・深い溜息など大袈裟に煙たがられます。その反応から周りの人が気づき、一斉にこちらを見てきます。その度に、死にたくなる程恥ずかしく、惨めな気分を味わいます。

    仲良くなりたい子ややりたい事など、この症状のせいで多くのチャンスを見送ってきました。それはまだ構いません。でも友達とご飯食べながら楽しい時間を過ごしたり、横並びで歩幅合わせて歩いたり、同じソファで寛ぎながらテレビを見たり、それぐらいは楽しみたい…
    なんで私なんだろう、生きた心地がしません。

    投稿日時:2018年02月13日 23時22分

  • エール

    一緒に頑張りましょう
    ハリネズミさん /
    記事ID: 67510

    私が視線恐怖症を発症したのは中学一年生になってすぐの時です。死ぬことばかりを考えていたとき、なんとなく部活に入りました。集団スポーツなので、人の視線は免れられず、最初は恐怖の連続でしたが、徐々に、人を見る、人に見られる、という恐怖も気づかないうちに薄れていきました。授業中も、徐々に顔を上げることができるようになり、中1の終わりまでに、それまで出来なかったことがほぼできるようになりました。自分の中に、自信がついたのでしょう。私は、今までと大きく考え方が変わり、意外と人は自分のことを見ていないと思えるようになりました。視線恐怖症で悩んでた時は、人が常に自分のことを見ていると思っていて、なかなかトラウマから逃れられませんでした。あの時の自分に、人は自分のことはそんなに見ていないといいきかせても、多分トラウマが勝って、変われないと思います。私の場合、部活のせいというか、おかげというか、強制的に、人に見られる、人を見る、という状況におかれて、それが結果的に、恐怖の緩和、自分への自信につながっていったのだと思います。
    そんな私は今高校二年生ですが、脇見恐怖症だけ、微妙に治っていません。ただ、中一のときは、人の脚など体の部位が視界に入ってくるだけで、恐怖を感じていましたが、今は、人の顔以外なら視界に入ってきても大丈夫です。それだけでも、私の中では大きく成長した点だとは思います。他人の顔が視界に入ってきても、他人は自分のことを見ていないし、自分の視線は他人に不快を与えていない、と強い気持ちをもって、脇見恐怖も完治させたいです。
    私は、大学へ進学したら、自分の体験を生かして、視線恐怖症になにか役立てるような研究をしたいと思います。視線恐怖症で悩んでいる方、とても苦しいと思いますが、絶対に負けないでください。視線恐怖症は必ず直せます。一緒に頑張りましょう。

    投稿日時:2018年02月11日 02時40分

  • エール

    以前そうでした。
    みふゆさん / 長野県 / 40代 /
    記事ID: 66979

    対人恐怖症、パニック障害、脇見恐怖症、身体のゾクゾクなど30年ほど続いていました。
    ネットが無い頃だったので、誰に相談しても「気のせい」とか、「自意識過剰」と言われるので、相談も出来なかったです。学生時代も社会人になっても、地獄でした。
    脇見恐怖症は、接客のお仕事をしはじめてから出ました。仕事先の方をジッと見てしまい、「は?何ですか?」とか、かんに障ったのか裏手に呼び出され、仕事の内容などを烈火のごとく怒られました。
    その時は本当に悲しかったのですが、ジッと見てしまったという自覚が無く、その後も何度か他の方にめちゃめちゃ怒られました。
    体調があまり良くない時は、たまに見つめてしまいますが、「ごめんなさい、考え事をしていて、そちらを見つめてしまいました」(本当に何か考えてフリーズしている)と言うようにしたり、学生の時もそうでしたが、接客の時に、周りのお客様にものすごく意識をはらっていて、何か望む事はないか、こう言ったら相手にうまく伝わるか、と、意識が他者が中心になっていて、自分がどうしたいか、自分の意識がどこにも無い状態になっていた事に気づきました。認知行動療法の本や、心理カウンセラーさんが書かれた本を読み、徐々に改善していきました。
    出来事のとらえかたで、だいぶ改善できます。本、おすすめです。

    投稿日時:2018年01月29日 09時55分

    コメントを見る(現在3件)

  • ムカムカ

    謎の病気
    ひかりさん / 石川県 / 10代 / 子ども
    記事ID: 66933

    小5の半ばくらいから脇見恐怖症にかかりました。
    目つきが悪いコンプレックスから目を大きく開いた時に、バキッという小さな音がしました。それから隣の人になぜか意識がいって
    その人はずっと落ち着かない様子でした。足を異常に動かしたり、
    見つめてきたり、とにかく視界に入ってしまいます。
    中1の今でも、見たくないのに意識のコントロールができず
    周りの人に意識がいき、黒板もまともに見られません。
    目に違和感がある時だけ、意識すると周りの人が顔を隠したり触ったりします。なぜ私が見ていると勘違いされるのですか?
    授業も部活も集会も委員会も友達といるときも…
    毎日生きる辛さに泣いてしまいます。
    嫌でも悩んでしまう自分にイライラして、ため息が出てしまいます…

    投稿日時:2018年01月27日 20時40分

  • 提案

    脇見恐怖症の人に見られる側の意見
    てんてんさん / 30代 /
    記事ID: 66668

    職場の受付に座っている際
    こちらをずーーーーーーっと
    凝視してくる男性がおります。

    あまりにも長時間立ち止まって
    見られるので、本当に気になって、怖くなってしまいます。

    調べると脇見恐怖症の方なのかも
    しれないと思っておりますが、
    そういう方から見られている
    場合、見られる側の人間は
    どうするのがそういう障害を
    もった方に失礼ではないのでしょうか。


    見返すとすぐに目をそらされるので、見られていても見返さない方が良いのでしょうか。


    見られる側も恐怖や、緊張、ストレスがもちろん半端ではないので
    お教えください。

    投稿日時:2018年01月22日 20時33分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ166件中