本文へジャンプ

  • 【募集中】精神疾患の親に育てられた経験のある方 体験談・メッセージをお寄せください(2017年4月「チエノバ」)

    番組ディレクター
    記事ID:56728

    「気分に波のある母親に毎日振り回された」
    「恥ずかしい、知られたくない、誰にも相談できない」
    「私のせいだ、私がもっと頑張らないと…」

    ここ数年、精神医療や福祉の現場で、「精神疾患の親に育てられた子ども」の存在に、少しずつ光が当たるようになってきました。
    そこで明らかになってきたのは、当事者が抱える壮絶な生活の実態と生きづらさです。親に病識がなく未受診だったり、周囲の大人から病気のことを説明してもらえないなど、理由の分からないまま混乱の日々を送っていたという人が少なくありません。「家族のことは誰にも話せない」「自分がなんとかしなくては」と抱え込み、「誰も助けてくれない」と絶望したり、「親を殺したい、でも見捨てられない」などの葛藤に苦しんだという声。さらには、大人になってからも、自己肯定感が持てない、対人関係の困難さなど、さまざまな生きづらさを抱えるケースが多いと言われています。
    しかし、こうした問題は、社会にほとんど知られていません。

    そこで“チエノバ”では、改めて、精神疾患のある親に育てられた当事者の声を募集し、番組で取り上げます。

    例えば
    ●子どもの頃、こんなことが辛かった、苦しかった、分からなかった
    ●大人になってから、こんなことで苦しんだ(苦しんでいる)
    ●周囲の大人にこんなふうに関わって欲しかった、こんなサポートがあれば良かったのに
    ●自分を救ってくれた出会いや経験、過去との向き合い方、今だから言えること
    ●渦中にいる子どもたちや同じ立場の人たちに「これだけは伝えたい」こと… など

    番組は、みなさんからのカキコミをもとに作ります。
    あなたの言葉が、こうした子どもたちがいることを世の中に知ってもらうことに繋がり、また、同じように苦しむ人たちにとっての力になるかもしれません。

    ぜひ、体験談・メッセージをお寄せください。お待ちしています。

    ※放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、引き続きご意見を募集します。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★放送予定

    WEB連動企画チエノバ 「精神疾患の親を持つ子ども」

    生放送 4月6日(木)夜8時/再放送 4月13日(木)昼1時5分

     
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらいという方、メールフォームもあります。

    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。


    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

    誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年03月01日 13時53分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在118

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • ありがとう

    このようなテーマを取り上げてくださること自体が貴重に感じ、また希望を感じました
    みちこさん / 東京都 / 30代 / 子ども
    記事ID: 57843

    番組を見て、コメントをはじめ全体的に共感でき、また、出演されていた夏苅さんの言葉に涙がとまりませんでした

    過去を冷凍保存してきたという表現、よく分かります
    私は今30代で、親と暮らしていたのは20歳までです
    一緒に暮らさなくなってから10年以上経ちますが
    親との日々の辛い気持ちは、頭の中にそのままにあります
    その時の辛い気持ちが薄れるという感覚はなく、
    思い出す時、その時の辛さのままの気持ちが私を覆います


    想像しにくい方に、聞いてみたいことがあります

    例えば、
    目の前に友人がいて、
    パッと見たらその人の体に、アザが複数あったとします
    どうしたの?と聞いたら

    1.親が感情的に暴れて叩かれた

    2.親が、病気ないし障害による気分の不安定さで、暴れて叩かれた

    と答えられた時
    1と2とで感じることは違いますか?

    思い切って親のことを話すと
    病気なんだから、本人もわざとじゃないだろうし、親本人だって辛いだろう
    悪くいうものじゃないという方向の善意のアドバイスをくださる方がいます

    でも、聞きたいです
    アザがあるその人が叩かれたという事実、アザがあるという事実は、1も2も同じですよね

    2だったら、仕方ないということで当人の辛さは減るのでしょうか

    暴力だけでなく
    言葉の暴力、そばにいる人が精神的に不安定
    というのは不安をもたらします
    それがどういった理由からでも

    夏苅さんが番組の最後に
    “仲間の皆さん”と呼びかけて下さったことがとても励みになりました
    番組に出てくださってありがとうございます

    投稿日時:2017年04月19日 09時19分

    コメントを書く

  • ありがとう

    ありがとう
    にょぷさん / 三重県 / 40代 / 母親
    記事ID: 57756

    番組見ました。夏刈先生の言葉、一つ一つが心に刺さり、涙なしでは見れませんでした。すぐに著者などアマゾンで注文しました。私も当事者として、大人になっても生きづらさは感じるけど、誰かの力になりたいと思いました。私と姉は実父から性的虐待を受け、母は鬱、姉と兄は躁鬱病、境界性パーソナル障害です。そんな姉や私も結婚し、2人の娘の母に。年老いて病気した両親、母は認知初期もあり私たち家族の側に来て、今は面倒みています。時間がかかり紆余曲折ありましたが、今は普通の親子のようです。

    投稿日時:2017年04月14日 14時43分

    コメントを書く

  • ありがとう

    父の事を思い出した
    おげこさん / 大阪府 / 30代 / 母親
    記事ID: 57746

    私は10年前から仕事のストレスがきっかけでうつ病です。仕事を辞めて症状が落ち着いたので出産し、1歳の子どもがいます。自分の体調、日々の子育てで記憶が薄れがちでしたが、私の父はうつ病だったことを思い出しました。30年ほど前はうつ病の理解が周囲になく、母を含め親戚の理解もなく父も苦しかったと思います。病院には一度行ったのですが重い精神疾患の人を見てしまって治療を拒否してしまい、落ち着くのを待つしかありませんでした。私は中学生で誰にも相談できず、家庭の重苦しい雰囲気が辛かったです。生まれてきたくなかったとさえ思うこともありました。母を含め祖父母が、娘の私が父に仕事をしてと言えば立ち直るのではないか?お父さんに言いなさい、と言われた事は思い出すだけで涙が出てきます。父と母の関係が悪くなり、家庭内で孤立してる姿を見ると心配になって父の話し相手をするようにしたり、母の愚痴を聞いたり、家庭が壊れないように橋渡し的な役割を自らしていました。私がうつ病になってしんどさがわかり、父を支えられなかったことを悔いたこともありましたが番組を見て、子どもだから仕方がなかった、よく頑張っていたんだな、と肯定的に思えるようになりました。子どもには辛い思いをさせたくないので、寛解目指していきたいです。

    投稿日時:2017年04月14日 01時42分

    コメントを書く

  • その他

    番組を見ました
    ちぇりさん / 神奈川県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 57728

    機能不全家族の中で育ちました。
    小学生の頃、うつ病を抱える母が家に帰ったら自殺していないか毎日ドキドキしながら家に帰ったのを鮮明に思い出します。母親を追い詰めた父と祖父母から逃れるように家を出て、住まいを転々としました。感情を制御できなくなった母親から与えられた攻撃や否定の言葉に、心も身体も動くのをやめてしまったような時期もありました。学校では浮き沈みの激しくなった私から友達が離れていき居場所が無く辛かったですが、その一方で先生や理解ある友人がくれた優しい言葉を支えに葛藤を繰り返しながら何とかここまで進んできました。

    「家族が大切」、「お父さんお母さんが大好き」と口にする友人を見ると、複雑な気持ちになります。今でも母親には病気のことに関して私の責任を問うようなことを言われます。それも複雑です。
    でも、自分と同じような悩みを抱えながら今を生き抜く人、大切に付き合い続けていきたい愛しい人にも出会いました。自分の育ちについて葛藤することはこれからも続いていくと思います。その上で、諦めず、たまに休みながら自分の人生を切り開いていきたいと思っています。
    精神疾患そのものや、それを抱える親子への理解や支援が進むこと、そして同じような痛みを抱える人に僅かでも希望や優しさの光が差すことを望んでいます。

    投稿日時:2017年04月13日 13時55分

    コメントを書く

  • その他

    普通の生活が私には遠い
    オタンコナスさん / 愛知県 / 40代 / 母親であり父親の子供
    記事ID: 57727

    私が高校生のとき父親が鬱で1年間入院。普段は優しい父親が暴力暴言で1年間親戚にあずけられました。その間、元々養女だったこともあり、かなりの暴言で大嫌いでした。1年間1度も会わずなんでこんな家にもらわれたのかと思ってました。早く結婚して出ようとしたら23歳で旦那の暴力暴言で自分が鬱に。子供も二人いましたが自殺願望もあり自分で怖くなって自ら入院。3ヶ月間その後離婚。小さな子供抱えて大変でしたがやるしかなく、ヤンキーの娘で手がかかりかなり泣かされましたがそのおけげで心まで鍛えられたんですが身体がついていかず原因不明ストレス性?の全身脱毛症です。心が鍛えられてもやっぱり身体は悲鳴をあげてます。誰にも相談できる人はいません。普通って難しいですね。

    投稿日時:2017年04月13日 13時49分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    うつ病です。
    ぺんぎん大好きさん / 神奈川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 57726

    私は、2人の子どもを持つ母親です。
    そして、私自身が、うつ病で心療内科へ通院しています。
    なので、今回のTVの放送をみて、自分の2人の子どももつらい思いをしているのかなと、とても心配と不安になりました。
    思いだしてみると、私自身が子どもだったころ、親の顔色ばかりをうかがって、いい子を演じていました。
    そして今、自分の子どもたちがそうならないといいなあという心配がとても強いです。
    うつ病の事は、夫・義両親・両親・必要に応じて子どもたちの先生などには話しています。
    子どもたちには、病名はつげてはいませんが、体調が悪いということを伝えて、通院していること、日によって体調に波があること、その日の体調などを伝えています。
    学校行事や習い事の送迎が出来ない日もあるので、きっと子どもたちは
    なんとなくわかっているんじゃないかと思います。
    今は、診療内科を受診し、投薬を受け、カウンセラーにカウンセリングをしてもらいながら育児をしています。
    私がうつ病でも、長女は中学受験に合格し、今月から第一志望校の私立中学校へ入学しました。
    小学2年生の長男は、何にでも積極的で素直で甘えん坊でがんばりやです。
    同じ悩みを持つ親御さんもたくさんいると思います。
    うつ病でも夫や親せきに助けてもらいながら、子育てをがんばって
    いけると信じてがんばっています。
    きっと、大丈夫ですよね!
    無理しないで、ゆっくり体調と向き合いながら子育てしていきたいですね。

    投稿日時:2017年04月13日 13時39分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    わたしはわたし
    雪のきらりさん / 北海道 / 30代 / 家族三人がうつの家で育った
    記事ID: 57725

    私がまだ小学生の時から、父が精神病で入退院を繰り返し自殺未遂、事の重大さがわからない幼い年でも不安を感じていました。私が思春期になる頃には、母が更年期障害からうつ病に、父は自殺、翌年に姉もうつ病で自殺。長くうつを患った母は今年自殺して他界しました。家族三人うつの姿をみて、恐ろしい病だと思います。
    そのような家族のもとで育ったわたしですがいたって健康です。なぜ何も影響がなかったのか、人生をふりかえると、家にはあまりいなくて、近所の祖父母宅、児童館、友達の家、社会人になってからは会社の人達など、積極的に周りと関わっていたからかもしれません。もちろん病気がちだった父や母、姉から愛情をもらわなかったわけではありません、おそらく苦しいなかでも精一杯愛してくれた事は心にあります。私もできるかぎり家族と関わってきました。でもやはり幼い頃から、うつという苦しい病気と向き合う家族に必要以上の無理はさせたくないと思い、家族に甘えるという経験は少なかったかもしれません。
    次々と家族が他界し、その度に後悔しましたが、わたしはわたしの人生を、一期一会の人生をしっかり生きようと胸に刻んできました。人生を客観的にみる事もできるようになったと思います。

    一番辛かったのは、周りにどう思われるかと悩んでいた思春期の頃です。そのときの自分に会えたら言ってあげたいです『あなたを、その経験を理解してくれる人は必ずいる、そのままあなたはあなたの道を信じて行けばいいよ』と。いまもまだ母が他界したばかりで心が痛みますし、うつ病の家族と過ごした経験、自殺で家族をなくしたことはつらいものだけれど、それだけ人に優しくなれると思っています。長くなりすみません。
    どうかうつに苦しむ人が、その家族が、ひとりでも救われるように祈っています。

    投稿日時:2017年04月13日 13時06分

    コメントを書く

  • エール

    お母さん、ありがとう。
    ナンシーさん / 海外 / 40代 / 子ども
    記事ID: 57693

    まだ、精神分裂病という疾患名だった頃、世の中の偏見の中、私の母親は女手一つで幼い私を育ててくれました。
    休みなく夜遅くまで働き、一人で晩酌をし、煙草をふかし、薬を飲み虚ろで物悲しい母親の表情を今でも鮮明に思い出します。
    当時は精神科の先生のことも信用できず、もちろん相談できる場はなく、毎日のように図書館に通い母親の病について幼い私でも何とかできないかと、調べ続け…
    時が流れ気づけば医療福祉の従事者になっていました。
    どうしようもなく苦しい事も多々ありました。けれども、母親はやはり母親で私にとっては、かけがえのない母親です。
    そんな母親がいてくれたおかげで、生涯通しての勉強は大切だということを知りました。
    どんな状況であっても、他の誰かと比べることなく、自分を大切にし、自分を信じ、夢と希望を持てば、前に進むことはできると思います。
    あの時は、目の前の母親の為に本を読んでいましたが、今は一人でも多くの同じ悩みや不安を持つ方の為に本を読み続けています。
    皆さん、人生を諦めないで希望を持ってくださいね。
    何度でも挑戦はできます。

    お母さん、ありがとう。
    お父さん、ありがとう。

    投稿日時:2017年04月12日 14時17分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    チエノバを見て思ったこと
    かなさん /
    記事ID: 57686

    6日の放送拝見しました
    夏苅先生の体験談を知り 私は夏苅先生が言われた、マスコミの人に「なぜ子供の頃、誰かに助けを求めなかったのかと聞かれた」という言葉に 聞いた瞬間、怒りがわきました。 と、言うのも 私は世間で病気に理解がなかった 時代に若い年で脳腫瘍で手術して、見た目で分かりにくいこともあり、その当時、よく知人などから 言葉で冷やかされたり、バカにするひどいことをたくさん言われたからです。 ところがここ、何年かは 脳の病人や、医療従事者、障害者を 感動ネタにした番組(去年知った言葉の感動ポルノの内容) がやたらと多いと思います。 私は最近はほとんど見ていないので内容は詳しく知りませんが、マスコミ制作者の方々、病人などを上から目線で見ているんじゃないですかと 私個人としては思います
    夏苅先生を前にして聞いたなら、子供時代が大体何十年前かは想像できただろうと思います。 その質問をしたマスコミの人は その時代背景も考えて、またその時代背景がわからなかったのであれば、調べて把握しておくべきだっとおもいます
    体の病気でも、2~30年以前は、人に言うのもためらう時代だったのに また、私のように人にいったことで、からかいや見下すネタにされたりもすることもある 等ということが 想像できなかったのかと思いました
    しかも、統合失調症は昔は精神分裂病と言われていました 聞くだけでおどろおどろしく感じます。 それに事件を犯した犯人が精神疾患だった場合、名前を言わなかった代わりに、精神科に通院していた、また入院していたと必ず言っていました こういうニュースを聞いて、たくさんの精神疾患の本人、家族も 嫌な気持ちになっていたということを想像してもらえていたんだろうかと改めて考えました

    投稿日時:2017年04月11日 22時57分

    コメントを書く

  • かなしい

    対立はかなしい
    かたつむりさん / こども
    記事ID: 57661

    放送、掲示板やTwitterなどをみてなんだか複雑な気持ちになりました。
    番組では、わたしと同じように苦しい日々を送った方の声が全国放送で届けられ、多くの人が一人ぼっちで不安や苦しい経験と向き合っていることを知ってもらえることは励みになるのです。
    一方、精神疾患の当事者の方、精神疾患のある親の立場の方が「救いがない」とか、「悲しくなった」とか、親の立場にも目を向けて欲しいとか、そういう負の感情を抱いてしまったということに複雑な思いになりました。
    お母さん、お父さんが悪いのではないのです、すべては病気によって引き起こされる苦悩なのです。
    親を否定したいわけではないし、病気によって振り回された経験は親子関係を複雑にさせますが、病気が憎くて仕方ありませんが、親は親、お母さんはどんなお母さんであっても、わたしにとってたった1人のお母さんなのです。
    わたしも病気の母のもとに生まれ、心がバラバラになるほどの経験をしましたが、夏苅先生のように、多くの人の助けによって少しずつ心を回復させ、自分の道を我が足で歩いています。
    親は親、私は私、と自分の問題と家族の問題を切り離して考えられるようになってから、うんと生きているのが楽になりました。
    精神疾患の親の元に生まれ、確かに苦労や悲しい思いはしましたが、それでも1人の人として生きていけます。
    精神疾患の当事者と養育されている子どもとの被害感情、加害感情のぶつかり合いは悲しいです。
    対立では、いつまでたっても苦しいだけです。
    精神疾患を持ち子どもを育てることが問題なのではありません。
    病気がコントロールされないこと、コントロールされるよう手を打たないこと、病気を隠すこと、他者の手を借りることを拒否すること……こういった態度や行動が子どもにとって大きな負の影響を与えるように思いました。

    投稿日時:2017年04月10日 21時06分

    コメントを書く

現在のカキコミ118件中