本文へジャンプ

  • 精神疾患の親に育てられた経験のある方 体験談・メッセージをお寄せください(2017年4月「チエノバ」)

    番組ディレクター
    記事ID:56728

    「気分に波のある母親に毎日振り回された」
    「恥ずかしい、知られたくない、誰にも相談できない」
    「私のせいだ、私がもっと頑張らないと…」

    ここ数年、精神医療や福祉の現場で、「精神疾患の親に育てられた子ども」の存在に、少しずつ光が当たるようになってきました。
    そこで明らかになってきたのは、当事者が抱える壮絶な生活の実態と生きづらさです。親に病識がなく未受診だったり、周囲の大人から病気のことを説明してもらえないなど、理由の分からないまま混乱の日々を送っていたという人が少なくありません。「家族のことは誰にも話せない」「自分がなんとかしなくては」と抱え込み、「誰も助けてくれない」と絶望したり、「親を殺したい、でも見捨てられない」などの葛藤に苦しんだという声。さらには、大人になってからも、自己肯定感が持てない、対人関係の困難さなど、さまざまな生きづらさを抱えるケースが多いと言われています。
    しかし、こうした問題は、社会にほとんど知られていません。

    そこで“チエノバ”では、改めて、精神疾患のある親に育てられた当事者の声を募集し、番組で取り上げます。

    例えば
    ●子どもの頃、こんなことが辛かった、苦しかった、分からなかった
    ●大人になってから、こんなことで苦しんだ(苦しんでいる)
    ●周囲の大人にこんなふうに関わって欲しかった、こんなサポートがあれば良かったのに
    ●自分を救ってくれた出会いや経験、過去との向き合い方、今だから言えること
    ●渦中にいる子どもたちや同じ立場の人たちに「これだけは伝えたい」こと… など

    番組は、みなさんからのカキコミをもとに作ります。
    あなたの言葉が、こうした子どもたちがいることを世の中に知ってもらうことに繋がり、また、同じように苦しむ人たちにとっての力になるかもしれません。

    ぜひ、体験談・メッセージをお寄せください。お待ちしています。

    ※放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、引き続きご意見を募集します。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組

    2017年4月6日放送  WEB連動企画チエノバ 「精神疾患の親を持つ子ども」

     
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらいという方、メールフォームもあります。

    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。


    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

    誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年03月01日 13時53分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在130

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • かなしい

    母を守るために
    キャンディさん / 20代 / 子ども
    記事ID: 59834

    父の二度の浮気により、(別れたと言ってその後も継続していた)母はうつ病になりました。だんだん家事をこなせなくなり、なんとか仕事へは行くものの、土日は寝たきりの母に、当時思春期だった私はだらしない母だ、ときつく当たり、病気を理解しようともしませんでした。うつ病により、突然浴びせられるひどい暴言、そして父への消えない不信感から「死にたい死にたい」と母から何度も聞かされ、その度に怒り、そして涙が止まりませんでした。母が自殺していないかな、とドキドキしながら帰宅していた毎日でした。大学に進学したことで、精神疾患について学ぶ機会もあり、母の病気や精神疾患への理解が少しずつできるようになってきました。昨年私は結婚し、父母と別居していますが、先日、ついに父が出て行ったことで母のうつ病がひどくなり、いつ自殺してもおかしくない、と感じた私は、実家へ帰り、ひたすら母の辛い思いを聞く、側にいる、メンタルクリニックへ一緒に行く、と言う日々を送っています。精神疾患をもつ人と話をしていると、言葉を選び、神経を使い、また、大好きな人が死にたいと感じている事実、そして全てを投げ出した父への怒りなど全てが辛いです。私自身の仕事、自分の生活との両立が難しく、体への異常も出てきましたが、何とか私がしっかりしなければ、と踏ん張っている所にこのサイトを見つけました。番組は見れていないのですが、皆さまの投稿に、「私だけではない」と感じ少しホッとしました。子どもはいくつになっても親から見れば子どもです。精神疾患をもつ親へ一生懸命関わる子どもへのサポートが、より広がれば今回の私のように少しでも前向きになれる人が増えるのでは、と思います。

    投稿日時:2017年06月17日 16時29分

    コメントを書く

  • 悩み

    割り切れないこと
    鞠さん / 熊本県 / 20代 / こども
    記事ID: 59809

    私の母は私が5歳の頃から統合失調症。自分が生まれてからだったことでどこかで「自分のせい。生まれてこなければよかったんだ」と思っていた。というのも、母の入院中に電話をかけたとき、「あんたなんか嫌いや。私の子じゃない」と言われたからである。
    それから数年し、祖父が自殺した。自分は周りを不幸にしてきたんだ…償いをしなければ…という思いもあり、今は精神科看護師をしている。いろいろ勉強して本当は自分のせいではないとわかっていても受け入れることができない。何に対しても自罰的で嫌なことも飲み込んでしまう癖がついていて、子供の頃からの考えは割り切ることができない。

    投稿日時:2017年06月17日 00時33分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    取り上げて
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 59546

    2017・6・7、19時~民放でSH被告の事で「ありえない事件の首謀者」として取り上げられていました。
    SH被告自身の生い立ちが関係しているとはいえ、子供に対しての虐待・周囲へ「子供を亡くした悲劇の母親」を演じて嘘をつく、状況はどうであれTVに出ることによって自身に注目が集まる集めるなど何処か精神疾患が疑われる要素があるように思いました。
    この精神疾患は本人自身が悪いと思うことが出来ない・わからない・気づかない・周りも知らないということで済ましてよいものでしょうか。
    犯罪にも結び付き、子供への虐待にもつながり、介護する側への精神的負担も大きく、すておいてよいものでしょうか。
    治療法がないのも知っています。
    性格が関係しているとはいえ「ミュンヒハウゼン症候群」も立派な精神疾患なんです、病気です。
    そして介護施設にもっと精神科医・心療内科医の先生方に関わってもらいたいんです、私ももっと知識を取り入れるよう努力しますので施設の方にも「あの人は認知症やから」というのではなく情報の共有と精神疾患いついての知識を得てもらいたいんです。
    知ることによって対処法が共有できて家族や介護職員も振り回されずにすむ・言葉の暴力減、離職率減にもつながるのではないかと思われます。
    対処法は教育されていると思われますが介護者も人間です。
    教育されているから、プロやからで済ませてよいのでしょうか。

    投稿日時:2017年06月08日 07時30分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    取り上げて「ミュンヒハウゼン症候群」
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 59513

    肩こりがあまりにも酷いので個人でやられている整体院に初めていったところ、そこの施術師さんのお母さんも姑と一緒で自分勝手・自己本位の人で自分達では見ることができずに和田山の方の病院で7年間看てもらったそうです。
    姑と同じ精神疾患を持った人を介護されたを方を初めて知りました。
    施術師の方に言わせると姑ほど酷くはなかったそうですがやはり困られたそうです。
    私が住んでいる近所の方に姑の事を話すと「精神病?」とわかっていただけたのですが息子である主人はというと判ってはいるけど「認めたくない」ようで、現実として受け止めないと今後、施設から「退所してください」と言われたらどうするつもりなのか、また私におしつけるつもりなのか、不安でいっぱいです。

    投稿日時:2017年06月07日 08時47分

    コメントを書く

  • かなしい

    番組が見たかったです
    まゆねこさん / 大阪府 / 30代 / 子供
    記事ID: 59462

    私も物心がついた時から父が覚醒剤、アルコールに依存し仕事が続かず、家族に暴力をふるう中で、母が一生懸命働いて育ててくれました。
    耐えきれなくなった母が何度か自殺未遂をしたりする中で、良い子でいなければならない、でも甘えたいという葛藤が日々ありました。
    私は元気で明るい子を演じていました。とにかく両親の仲を取り持ちみんなが明るく暮らせる家にしようと必死で心を砕いてきました。
    その苦労も報われる事なく、母がうつ病、父がアルコール依存と診断され離婚。共依存がしっかり根付いていたので離婚できただけで奇跡といった関係でしたが、両親の離婚後の私はもぬけの殻になり、ここ10年ほど 鬱やパニック障害に悩み通院をしています。
    結婚もしましたがうまくいかず現在別居。何とか生活をしていかなければなりませんが、人間関係が苦手でとてもしんどく現在は在宅ワークをできるようITやデザイン関係の勉強と仕事を両立しながら何とか生きてます。
    今でも自分の存在価値が分からず、両親は私を産んでよかったと思ってくれているだろうか?生まれてきてくれてありがとうと抱きしめてもらいたいという感情に押しつぶされそうになり、情緒不安定になる事がたくさんあります。
    ただ、両親は両親できっと精一杯やってくれたんだろうなと思います。憎しみと感謝というアンバランスな感情で日々生きてます。

    投稿日時:2017年06月05日 23時53分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    おとなの手助けがほしい
    かいどうさん / 東京都 / 50代 / 子ども&支援者
    記事ID: 59198

    私は統合失調症の母とアルコール問題(とおそらく発達障害)の父を持って育ちました。

    母が陽性症状が激化して入院したのは私が10歳の時でした。入院に至るまで、妄想の中に過ごし家事ができない母に、10歳の私は学校から帰ると、ご飯を炊き卵焼きを作って食べさせていました。また、そのことになんの疑問ももっていませんでした。
    症状がひどくなり三ヶ月の入院を経て家に戻ってきた母は、別人のように「普通の人」になっていて、私は心の底から喜びました。しかし、母の退院と同時に父は家を出て、私は姉とともに母と三人の生活になりました。収入はなく、父から姉が受け取る月数万円で生活する日々が続きました。

    その後、母は怠薬から再入院となり、思春期を迎えた私は「普通ではない母」を心の底から憎み、「自分だけはこの生活から這い出してみせる」と強く考え、奨学金を得ながら大学院まで進むことができました。
    大人になってからは、母の置かれた状況がむしろ哀れでならず、十分な収入がないままに引き取るという失敗もしました。
    今は母は介護施設におり、私は自分の人生だけを考えれば良い生活になっています。
    一方、姉はいわゆるアダルト・チルドレンの不全感を抱えた人生を送っています。

    いま、私が社会に求めるのは、親の面倒を見る小学生を作ってはいけない、ということです。私の場合、助けてくれる「おとな」が誰もいませんでした。そのことが、私と姉の人生にマイナスの意味で大きく影響しています。
    昨今、入院すれば精神保健福祉士の方がついてくれる仕組みになっていますが、子どもたちへの支援についても配慮して頂けたら、私たちのような不全感を抱えた人生を送る子どもたちが減ると思うのですが・・・

    投稿日時:2017年05月30日 17時24分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    母が精神疾患
    やあままさん / 兵庫県 / 40代 / 娘
    記事ID: 59085

    録画を見つつカキコミしています。

    母が精神疾患で、振り回されてきた40年でした。突然のヒステリーや思い込み…など、自分は母に嫌われていると疑わずに育ってきました。
    でも、主人と出会ったことで離人感が無くなり、母との付き合いを止めた瞬間から幻聴が消えました。
    自分自身も精神疾患にかかっていたのかもしれないということに、離人感や幻聴が消えたことで初めて気づきました。
    気づいてしまったら、もう怖くて二度と母に関わりたくありません。自分が病気になったら、私の子供たちが辛い思いをしてしまうから。私が何より知ってることです。
    私の選択は、回りからは理解されません。でも、主人だけはそれで良いよと言ってくれているので、胸はって生きていこうと思います。
    どうか、精神疾患を持つ人のお子さんたちも、自分の人生を歩んでください。

    投稿日時:2017年05月27日 17時24分

    コメントを書く

  • かなしい

    それでも親にはなる。
    またんごさん / 東京都 / 30代 /
    記事ID: 58550

    今は亡き母は双極性障害でした。
    私が物心つく前から発症し、たびたび発狂。「実家に帰る」と泣きながら連れ回されたり、祖母が見ている前での意味不明な言動もありました。
    そうこうする内に、私が中学一年の時に入院。その後7年間、一時帰宅以外に帰ってくることもなく、父親も帰ってこず、高校一年で祖母の家に行くまで、4歳違いの兄と二人暮らしをしていました。
    祖母の家に母が帰ってきた時は、これまでのフラストレーションを母にぶつけるようになりました。家に居ても投薬で動けず、動けるときには買い物依存をする状態に嫌悪し、毎日「死ね」と罵っていました。
    母親が自殺をしたのは、私が全盲の息子を産んで半年経った頃でした。
    意気消沈している私の前で無責任に泣いていた母が、献身的に介護していた祖母の目の前で飛び降りたと知って、無責任さに腹が立ちました。

    今は息子と娘、うつ病の夫と暮らしています。夫が病気の苦しみや投薬のことをつぶさに語ってくれることで、漸く母の苦しみが分かってきて、自分こそが無責任であったと反省する日々を送っています。

    投稿日時:2017年05月19日 21時50分

    コメントを書く

  • 悩み

    両親が精神疾患
    えだまめさん / 20代 /
    記事ID: 58221

    現在、母が統合失調症父がアルコール中毒です。三人兄弟の末っ子ですが将来自分も精神病にならないかとても心配です。兄と姉も一緒に住んで居ます。父が自営業の息子で仕事が無いと言い訳にして給料もろくに持って来ずお酒も隠れて飲んでいます。なので、母の通院にも行けず大変です。毎朝毎朝喧嘩で起こされ爆睡出来ず辛いです。一人暮らししてた方がマシです。将来がとても色々な事に心配です。

    投稿日時:2017年05月09日 13時12分

    コメントを書く

  • その他

    相談者がいない苦しみ
    モモンガさん / 新潟県 / 30代 / 子ども
    記事ID: 58216

    母親が統合失調症です。
    ハッキリとその病名を父から教わったのは私が高校生の時でした。
    それまで母が何故そんなに理不尽に怒るのか、ヒステリックになるのか情報が少な過ぎて多々不安な日々を送っていました。

    統合失調症の主な症状の幻聴や、幻覚に陥ってる母はあまり記憶にはありません。
    けれども他の母親とは違う私の母親の何とも説明しがたい有様。
    今でも母親の何が嫌だったのか?と説明するとなると難しいです。
    なので母親の問題を吐き出せなくて苦しかったです。
    父にはひたすら病気だから勘弁してやってな。と言われ私の心のモヤモヤはずっと晴れませんでした。

    精神疾患がある、親の子どもにスポットが浴びるのがこんなにも遅いのが不思議でした。
    と同時にとても有り難いことだと感じました。
    とにかく誰かと共感して吐き出したいんです。
    同じ環境でないと分からないので。

    これからももっと苦しい気持ちを皆さんと共感して少しでも心をほぐせあえたら、と思います。

    投稿日時:2017年05月09日 01時18分

    コメントを書く

現在のカキコミ130件中