本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在406

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    母になりますnew
    らいらっくはーとさん / 北海道 / 30代 / 無職
    記事ID: 64085

    私は発達障害を持っています。
    そして、お腹の中に赤ちゃんがいます。
    子どもの頃から、いつかはお母さんになるんだと思っていました。
    ですが大人になって、働いて自立することは難しいとわかりました。
    病院で、発達障害があると診断され、どの仕事に就いても続かない、辛い日々。
    「私は仕事ができないし、誰にも理解されない。結婚は無理なのかもしれない。このまま居場所がないままで、ずっと一人だったらどうしよう」と焦りました。
    そんな時に今の彼と出会いました。発達障害のことを伝えると、受け止めようとしてくれ、私のことを真剣に考えてくれます。
    付き合って数年が経ち、妊娠。結婚する予定です。

    妊娠してから、今まで考えもしなかったことが見えてくるようになりました。
    「子どもを産み育てるって、想像以上に大変なんだ」ということです。
    私の、お母さんになりたい、という気持ちがどんなに甘かったか……命を授かることの重さを感じるようになりました。


    自分のことも上手くできないのに、赤ちゃんのお世話なんてできるのだろうか……。彼は仕事をしているから、昼間は私が赤ちゃんのことを守らなくちゃ……。

    子どもと二人きりの時、子どもに何か大変なことが起きたらどうしよう……私は発達障害のせいか、混乱しやすいし……。


    もし、同じ発達障害を持っているお母さんにお会いして、相談できたら、どんなに心強いでしょう。
    発達障害を持つお母さんを、私は知りません。インターネットで発達障害と子育てについて調べましたが、お母さんが発達障害、という情報は見付けられず、不安になるばかり。

    妊娠中は、障害のない人でも気持ちが不安定になりやすいと聞きます。
    どなたか発達障害をわかって下さる方が、偏見を持たず、親身に話を聞いて下さったら、少し楽になるのではないかと思います。


    投稿日時:2017年10月19日 18時18分

    コメントを書く

  • 提案

    大学からの合理的配慮についてnew
    アデリーさん / 東京都 / 理系大学生
    記事ID: 64078

    先ほど書き込んだ理系大学生ですが、今回は大学における合理的配慮についてお話ししたいと思います。

    発達障害者は障害者差別解消法という法律に基づいて、大学から合理的配慮を受けることができます。

    主治医の診断書を提出した上で配慮がされていなかった場合違法となるようです。

    しかし私立大学の場合、合理的配慮は努力義務であるようです。

    たとえ大学側…研究室の教授は障害者の生徒に対して合理的配慮をしなくとも法的に罰せられないということなのでしょうか?

    私は私立大学に通っていますが、私以外にも発達障害らしき生徒はやはり一定数いるように見えます。

    しかし、発達障害者に対して偏見を持っている年配の教授や大学の職員(スクールカウンセラー含む)が少なからず存在します。

    法的手段をとらないと配慮を受けるどころか不当な扱いを受けてしまうでしょう。


    私は結局、研究室から配慮を何も受けていなかったようです。

    教授はいつも私に対して長々と説明をしていたし、
    何よりも配慮をしてくれるはずだった院生の先輩が教授から何も聞かされていませんでした。
    (※うちの研究室の方針で、学部生に院生が1人ついて指導を行います。私の担当の先輩にもできる範囲で配慮をしてくださるよう、教授に頼んでいました。)

    お願いしていた配慮が「ワーキングメモリが弱いせいで人の話が最後まで聞けないことがあるから、手短に説明するか紙に書きながら説明してください。可能な限りで。」というものだったので配慮していたかしていないか境界が微妙ということもあるのですが…

    少なくとも、うちの教授は初めから私に快適に研究を進められる環境を提供する気は全くなかったようです。ただハラスメントを受けただけのようです。

    私立大学でも法的に配慮を貰えるようになって欲しいなと思います。

    投稿日時:2017年10月19日 14時59分

    コメントを書く

  • その他

    後期から研究室を変えていただきましたnew
    アデリーさん / 東京都 / 理系大学生
    記事ID: 64074

    以前、研究室の教授から大学院進学を妨害され無理矢理就職させられそうになったという書き込みをした者です。

    結局、他大学の大学院に進学できることになりました。

    また、私が教授から受けたハラスメントがあまりにも酷かったため、後期から研究室を変えていただくことができました。無事卒業できるよう頑張りたいと思います。

    しかし、私はそれでもまだ恵まれている方だと知りました。

    どうやら私以外にも大学側から不当な扱いを受け、退学を余儀なくされる人たちがたくさんいるようなのです。

    他大学でも生徒が発達障害だと分かった途端、何の配慮もしないまま実質自主退学をするように勧告するというケースが何件も存在するようです。
    発達障害に対して理解がないのは教授だったり年配のスクールカウンセラーだったり様々なようです。

    また、うちの大学の他学科でも私と同様に、発達障害?の生徒が院進学を希望しているにも関わらず強引に就職へ誘導して、挙げ句の果てには教授の言う通りにしなかったため必修を落とされ、その生徒は留年してしまったという事件があったそうです。

    話を聞く限り、日本の大学の教授やスクールカウンセラーはまだまだ発達障害に対して理解が足りないのだろうと思いました。

    障害の理解と配慮を求めた結果、将来を潰されてしまう人たちが沢山存在するという状況を、多くの人に知って欲しいです。

    投稿日時:2017年10月19日 12時44分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    怒りしかない。new
    BENTAKAさん /
    記事ID: 64036

    選挙期間中で僕の心は辛いです。聴覚過敏なので選挙カーの声も耳を変に刺激するように聞こえて辛く、辛いと言っても僕の身になった気持ちになってくれる人はいないです。

    ただ選挙カーでも音の必要性を説明されるのは耐え難い事です。
    説明を聞くと、これが現実だなと肌で強く感じて、恐怖心が強く残ります。「お前がおかしいんだ」と言われるみたいで、なぜそんな言われ方をされても、ただじっと耐えなければならないのか、僕はどうしてこんな情けなく生きているのか、もはや直接口で言えないからこうやってカキコミ板を使って書いていますよ。
    自分だけで抱えても辛いですし、言ってしまっても分かったりしてもらえないから、板挟み?八方ふさがりと考える方が合っていると思います。

    投稿日時:2017年10月18日 09時30分

    コメントを見る(現在1件)new

  • エール

    ひとりじゃないからね
    母は強しさん / 石川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 64011

    小さい頃から何かがおかしい普通とは違う。
    子供ながらに自分自身と家族の人生にずっと疑問を抱いていました。
    幼少期は失敗が多くただ「私はバカだから自分が悪い」と自分を責め、人生に挫折する事が多く生きる意味など見いだせないまま幸せなど無縁だと思っていました。     
    大人になり未婚で妊娠した時、
    お腹の中の子供がどんどん大きくなり何もかもが不安な毎日でした。
    一人でずっと悩んできました。
    今のままでは絶対ダメだ。とにかく一生懸命に子育てしないと子供が不幸になる。ガムシャラに一心不乱に子育てしてきました。
    子供は三人授かり未婚だった夫とも数年前に戸籍上の夫婦となり一つづつできる事を積み重ねて来たこの20年。
    子供が成人し、「発達障害」を知りました。
    この4年間、私は発達障害だったのかどうか専門家に話を聞いたり、突然舞い込む不運な出来事や生きずらさに随分なやみました。
    自問自答しながら、やっと私、子供、親、姉妹、発達障害の特性を持っているんだ。と受けいれる事が出来ました。
    私は、どの程度の発達障害がわかりませんが、これまで頑張って来た自分をちゃんと褒めてあげようと思います。
    そして、これから苦労して生きて行かなければならぬ、子供たちや親族、を少しでもフォローできる大人の一人でありたい。
    同じ考えを持った大人が一人でも多く、発達障害で生き辛い優しい人達に出会える事を願うばかりです。

    投稿日時:2017年10月17日 18時15分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    障害を知ってるのなら
    不安子さん / 大阪府 / 20代 / 広汎性発達障害とうつ状態併発当事者
    記事ID: 63998

    私は、生活補助員として有料老人ホームで働いてます。業務内容は、午前清掃業務、午後特浴の補助、特浴の清掃です。ここに入ったのは七月からですが一回9月で解雇されかけたのですが、私が無理矢理行きたいと言って今月10日から再スタートしてます。が職員と上手くいかないです。就労移行から行ったので、会社じだい障害のことを知ってるはずですが、全く理解出来てない人もいます。それがきついです。
    この前出勤した際に、あるスタッフに睨まれました。それを長に連絡したらあなたの誤解やと返信来ました。誤解なんかしてないんですとずっときついです。
    ちゃんと障害を理解してよってずっと思ってます。理解してるて言いながら全くそんな気配もないです。

    投稿日時:2017年10月16日 23時16分

    コメントを見る(現在1件)

  • 悩み

    就労移行支援の話
    生駒市民さん / 奈良県 / 20代 / 当事者
    記事ID: 63976

    ASD当事者で、今は就労移行支援施設に通っています。最近とある訓練生の暴言に困っています。私に対しても他の人に対してもすぐに暴言を吐き、悪口をいっぱい言っています。そのうえよく切れて雰囲気を悪くします。私は傷つきやすいので自他問わず悪口や暴言を言われると精神的にしんどくなりますし、辛いです。段々しんどくてその人の顔を見るのも嫌になってきました・・・・・・。

    投稿日時:2017年10月16日 17時33分

    コメントを書く

  • 悩み

    次こそは上手く行きますように
    いちかさん / 本人
    記事ID: 63963

    ADD疑いのある29歳女性です。
    三ヶ月前、事務職として就職しました。
    しかし、ミスを繰り返し、そのミスの報告が遅れたりなどあり、同僚に呆れられ、なじられ、先日上司より配置・職種転換を告げられました。
    職種は介護職になるようです。
    今回のことをきっかけに、発達障害を疑い、検査を受けています。
    これからどうなるか分かりませんが、しっかり反省し、報告・連絡・相談を欠かさず、頑張りたいと思っています。
    しかし、左遷のようになるので、周りの目が厳しいかも知れません。

    投稿日時:2017年10月16日 12時38分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    障害は隠さなきゃいけないの?
    たうりんさん / 山形県 / 40代 / 本人
    記事ID: 63949

    嘘をつくことができず就職面接で
    「数を数えるのが苦手」と言ったら不採用でした。
    そりゃ銀行で数も数えられない奴は
    雇わないだろうと言われそうですが
    デスクワークしかできないし
    隠して入社して後からバレたらクビ確定だろうし。
    どうするのが正解なのでしょうか。

    投稿日時:2017年10月15日 15時14分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    無理矢理「普通」にしないで
    あぶくさん / 東京都 / 30代 / 当事者
    記事ID: 63941

    31歳の主婦です。最近になって病院で、ADHDと自閉症スペクトラムを合併していると診断されました。
    でも「自分は他の人と何かが違う」という違和感や生きづらさはずっと感じてきました。
    それが発達障害なのでは?と思ったのは大学に入ってからです。授業で発達障害の話になって「これは私のことを言っているのか(笑)」と思ってしまうくらい当てはまりました。21歳くらいだったと思います。

    この間10年。どうして何も出来なかったか。
    両親が強く反対したからです。
    私は一刻も早くはっきりさせて、そうであるなら何かしらの療法や支援を受けて、出きる限り生きづらさを解消したかった。仕事も上手くいかずに死にたくなる日々もそれで解消したかった。
    でも話をしたら、父親には「そんなに頭がおかしい認定がほしいのか」と怒鳴られ、母親には「今更わざわざ障害者になろうとしないで。根性なしなだけなのに」と泣かれました。それで長らく、悪いことをするような気持ちがして受けられなかったのです。

    けど発達障害は生まれつきのものです。診断されなかったから障害がなくなるわけではありません。無理矢理「普通」、定型発達の人として扱われるのはとても苦しいことです。もしご家族や周りの人が診断を受けたい、支援を受けたいと言っても妨害しないであげてほしいと思います。「障害」があってもその人がその人であることに変わりはないのですから。

    投稿日時:2017年10月15日 02時58分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ406件中