本文へジャンプ

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在192

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    障がい者差別はもしかしたら。。。
    ひーみさん / 長野県 / 30代 / 障がい者当事者
    記事ID: 61904

    大多数の方が健常者が作っていると思っていますが、障がい者自身も作っているかもしれません。
    私の元友人は、事あるごとに、『私は障がい者だから』『難病だから』と聞いてもないのに、何回も言ってきます。障がいを思いきり前面に出し、助けてもらって当たり前と障がいを思いきり楯にして、自分の代名詞にしていました。普通・・・と言ったら違うかもしれませんが、私も当事者で、出来れば隠したいです。知られたくありません。なので、その友人とは、申し訳ないですが、一緒にいると生活のモチベーションが下がり、落ち込むので訳を話し、縁を切りました。
    障がいを分かってもらおうと、自分の取り扱い説明書みたいに説明するのはまだ分かりますが、障がいを思いきり楯にして代名詞みたいにするのはいかがなものでしょう・・・。
    もしかしたら、障がい者差別を作り出しているのは、障がい者自身であるケースもあるかもしれません。

    投稿日時:2017年08月17日 01時08分

    コメントを見る(現在2件)

  • 提案

    見ていて不快でした
    かがりんさん / 岩手県 / 10代 / 高校生
    記事ID: 61903

    少々過激で生意気なことを言いますがご了承くださいm(*_ _)m


    相模原事件は「知的障害者」の施設です。なのに番組のMCや障害者のゲストさんは「身体障害者」の話ばかり。
    まったく知的障害者について触れません。
    「体が動かなくても一生懸命生きている。」
    「生産性無いとか言うけど障害者達は私たちに笑顔や暖かさをくれる」とか...
    無意識に知的障害者を差別してるんですかね?
    障害者の話がテーマなら分かりますが今回のテーマは「相模原から1年経って」ということです。
    良いことを言っているつもりだったんでしょうが論点がズレています。
    まずあなた達が無意識に差別している事に気づいてください。
    そして「今自分が何をしているのかすら分からない重度の知的障害者は生きている意味があるのか。」というテーマにしっかり向き合ってください。
    それに向き合わないとまた相模原のような事件は無くならないと思います。

    投稿日時:2017年08月17日 00時56分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    わからない奴には言ってもわからない
    落花星の地底人さん /
    記事ID: 61889

    某サイトの知○袋に毎日質問している人物がいるのですが、たいてい飼っている猫の写真を付けて「かわいいですかニャ?」とか、まあ他愛のない質問(?)をするのです。ところがこの人物が植松聖の支持者で、これまでに「相模原障害者殺傷事件の犯人はよくやった!!」などと質問して24回削除されています。そんな人物が猫好きの善人ヅラしていることが許せなく、私は嫌がらせのような回答をしたり、はっきり「差別主義者め!」などと回答するのですが、私のその回答の後に、「お猫様には・・・」などと回答する常連がいます。一体どういう人間なのかとその人の別の回答を読むと、発達障害者に対する差別と偏見に満ち満ちた回答をしていてぞっとさせられました。世の中にはこういう人間もいるのですね。強い無力感に包まれました。
    日本社会は良くなりうるでしょうか?道のりはとても遠いと感じます。

    投稿日時:2017年08月16日 14時54分

    コメントを書く

  • その他

    考えていること
    サンさん / 京都府 / 20代 / 障害当事者、学生
    記事ID: 61823

    事件が起きた翌日、私が障害者であることを知る友人に事件について話をしたら、「障害者って生きてる意味があるのかな」と言われた。そのときは固まってしまい、うまく返事をできなかった。
    私は現在、大学で福祉を学んでいる。この一年で福祉や人権・権利について知識を増やし、今なら友人に言葉を返すことができると思う。
    けれど、頭での理解と、経験を通した感情は異なっている。
    そもそも、是非の余地なく当然であるはずの障害者が生きることについて、なぜ他者が議論するのか、他者に議論されなければならないのか、という怒りに近い疑問を持つと同時に、(変な表現だけれど)障害者として生きる私の日常は肯定されているとは感じられず、「障害者はいない方がいい」という思想を内面化してしまいそうになる。
    頭での理解と感情面での葛藤は、=理想と現実のギャップなのだと思う。不調のときは、健常者と障害者が対等・平等でなく、障害者として生きることが肯定されないのなら生きていたくないと、0か100かの価値観になってしまう。
    その度に、もう少し現実的な、障害の有無や能力の差異で差別されない社会に逃げることを考えたりしながら、あとの世代の(障害を持つ)人たちのためにも日本社会を変えたらいい、それに私の困難や苦悩は役に立つ、という考えに着地させ、毎回なんとかやり過ごしている。
    けれども、こういった葛藤や作業を、ひとりで抱えるのがしんどい。
    なぜ障害者はこんな苦悩を抱えなければならないのか。
    社会の問題を、障害者のみに背負わせないでほしい。

    投稿日時:2017年08月14日 14時49分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    人殺しは人殺し
    背番号2さん / 30代 /
    記事ID: 61756

    今回の相模原の事件はおかしな考えを持った障害者が犯した殺人事件で許されるものではないと思います。
    また、日々ニュースにあがる健常者が犯すおかしな考えで起こった殺人事件も同じように許されるものではないと思います。
    今回の事件で精神障害者が全般が危険だと考えるなら、健常者だって沢山殺人事件を犯しています。
    重大犯罪を犯す両者の割合は大体同じ位だと聞いたことがあります。
    残念なことに障害者も健常者と同じ様に悪い考えを持った悪い人もいるのは認めざるを得ません。
    けれど、健常者の事件も障害者の事件も一部の行き過ぎた人が起こしたことだと忘れないでほしいと思います。
    大切なのは障害者か健常者かではなく、人が犯す犯罪をどうすべきかではないでしょうか。
    障害者だろうが健常者だろうが悪いものは悪いし、良いものは良いのではないかと思います。
    障害者をどう考えるかではなく、犯罪者をどうすべきかではないでしょうか。

    投稿日時:2017年08月10日 19時51分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    障がい者にもプロはいます!!
    おりおんまるさん / 愛知県 / 20代 / 本人
    記事ID: 61735

    私は自閉症ですが、先月の生放送をみて、「頼むから障がい者は全て消えてほしい」と、きっぱり何の躊躇もなく意見を送る人がいて、物凄く不愉快になりました。確かに、こんな私でも同じ境遇の
    成人の方が公共の場で騒いだりしていれば少々苛立ちますが、そこまでの考えには至りません。むしろ自分の心に自制を求めます。それに、スポーツ界や芸能界にも障がいや持病を持っている方は何人もいます。しかもそれは日本だけではなく、アメリカ等の外国にもいます。あの発言は、そんな人達の存在を否定する事にも繋がるんですよ!それを持ってしてもあんな残酷な事を言えるんですか!?私からしたら、ああいう事を普通に堂々と言う人の方が怖いです!

    投稿日時:2017年08月09日 23時10分

    コメントを見る(現在1件)

  • ムカムカ

    疑問
    ユカさん / 東京都 / 20代 /
    記事ID: 61731

    障害者は生きていると周りが不幸になるとか訳のわからない事を言ったり、行動を起こし人を傷つけたり余りにも想像力がなくて悲しくなる。人ごとだと思って生きてる人にも同じことを思う。
    今のままで障害者にならなくても年老いて手足が動き病気もせず介護や治療を受けず人の手を借りずに健康でいれる人が、その中にどれくらいいるんだろう。


    投稿日時:2017年08月09日 22時29分

    コメントを書く

  • その他

    決めつける
    yellowさん / 東京都 / 20代 / 施設職員
    記事ID: 61657

    わたしは障がい者支援の仕事をしています。

    生きる価値なんて他人が決めるものではない、損得で人の命の価値が決まるものではない、そんなふうに心から思うけれど、そんな理屈じゃ納得できない人が社会にはたくさんいるということ、今回の件で知りました。

    どの考えが正しいとか間違いとか、なにを基準に言えたものかと思いますが、決めつけてしまうことって、すごく怖いですね。
    それ以上なにも生まれなくなってしまうから。
    自分を振り返って思います。

    大きなことはできないけれど、まずは身近なところから、少しずつ、輪を広げていくような。そんなきっかけになれたらいいな。そんなふうに改めて思いましたし、それが、わたしがこの仕事を続ける意味の一つでもあると感じました。

    ぐるぐるぐるぐると自問自答を繰り返して、なかなか答えは出ませんが、小学生の時に習った、金子みすゞさんの「みんなちがってみんないい」、あんな気持ちを大切にしたいです。

    投稿日時:2017年08月08日 07時53分

    コメントを書く

  • かなしい

    複雑です。
    Yさん / 群馬県 / 20代 /
    記事ID: 61575

    事件があってから1年が経ち、少しずつですが、この事件のことを考えられるようになりました。
    自分は、社会人になって初めて就職したのが、やまゆり園と同じような障がい者の入所施設でした。

    施設の中では、残念というか、自分には理解できないことが沢山ありました。
    利用者さんの前や、利用者さんに聞こえるところでも職員同士で怒りが飛び交うことがあったり、
    職員と利用者さんの間でも、疑問に思うような怒りの場面が見られました。

    そんな職場の中にいて、自分が精神的におかしくなってしまい、辞めざるを得なくなりました。

    思い出すのがつらい体験となりました。自分自身が虐待のある家で育ちました。
    それでも援助職に就いて、偉いねって言って欲しかった。
    親に認められたかった。

    容疑者が、やまゆり園の職員になった経緯が報道されていて、それが本当なら、自分と重なるところがあり、複雑な気持ちになりました。

    確かに、入所施設の仕事は余裕のないのが現実かもしれませんが、それが利用者さん達に向かうのは違います。
    違うと私は思います。

    相模原事件のことは、この1年、感じないように考えないように、心を麻痺させていました。
    今でも考えるのはつらいです。
    被害に遭ってしまった人達のこと、利用者さん、ご家族、職員の人達の心の傷を思うと、本当につらいです。

    投稿日時:2017年08月06日 17時36分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    生産性と命の価値
    たまさん / 岐阜県 / 40代 / 一児の母
    記事ID: 61561

    障がい者は、生産性がない。
    お金がかかるばっかりで迷惑だ。だから、生きるに値しない。

    そんな論理が通るなら、
    毎年、億単位で稼ぐ人が、
    「君の数百万程度の年収なんて、たかが知れている。
    多くの公共サービスは、私たちのような高額納税者に支えられて、成り立っているのだよ。ありがたいと思い、私に日々、感謝しろ。
    君は一体、いくら納税しているんだい?
    世の中に、いくら、貢献しているんだい?
    君のような、ちっぽけな生産性なんて、いくらでも替わりはいるし、君が生きていたって、この世の中で、大した価値がない。
    本音を言おう。
    君には死んでもらおう。私は君のいろいろなところが苦手なんだ。
    君の、肌の色、髪の毛の色、話す言葉、私には、なじみがないし、気持ち悪い。見るだけで、不愉快なんだ。
    私は、君より稼いでいるし、世の中の多くのサービスに貢献し、君を支えているのだから、君が価値があるかないか、生きるか死ぬかは、私が決めてもいいはずだ。」
    そういわれてたら、
    その通りです、というのでしょうか。

    投稿日時:2017年08月05日 23時23分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ192件中