本文へジャンプ

  • 【募集中】精神科病院での「身体拘束」について、みなさんのお考えや体験談などお寄せ下さい(2017年9月放送“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:61259

    「暴れてもいないのにいきなり拘束されて、怖かった」
    「身体の自由を全て奪われ、トイレもおむつ。人間の尊厳を失った気がした」
    「母が認知症で病院に入院した時、拘束されケアを受けていた。不安だけど任せるしかなかった」

    ご自分が、あるいは家族が精神科病院に入院した時、手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束をされ、不安な経験をしたことはありませんか?

    厚生労働省の調査によると、精神科病院で身体拘束を受けた人は、2014年には1万人を超えました。ここ10年で2倍近く増加しています。しかし、「精神科病院に入院していたことをしられたくない」「話しても全部病気のせいにされる」「誰も助けてくれない」など、その経験を誰にも話せず、ひとり苦しみを抱えたままの人も多く、その実態はなかなか伝わってきませんでした。
    そこで今回、“チエノバ”では、精神科病院に入院、身体拘束をされた経験のある当事者やその周囲の方々の声を募集し、番組で取り上げます。

    皆さんとともに、日本の精神科医療や身体拘束のあり方について考えていきたいと思います。
    ぜひ、体験談・メッセージをお寄せください。

    番組スタッフより
    ★投稿されたカキコミは、一部を番組内でご紹介させていただく場合があります。その場合は投稿名でのご紹介となります。

    ★放送予定
    WEB連動企画“チエノバ”「精神科病院の“身体拘束”を考える」
    【生放送】9月7日(木)夜8時
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を
    再放送 9月14日(木)昼1時5分 ※放送日時が変更する場合があります

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
      メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
      ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。
      誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年07月28日 20時10分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在191

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    病院を選ぶことの困難さnew
    病院の選び方さん / 熊本県 / 20代 / 適応障害をもつ聾者
    記事ID: 64054

    突然、心の病を患った人は「私をこの病院に連れて行ってくれ!」を家族等に頼む事は難しい
    ドナーカードやヘルプカードのような事前の意思表示が必要です
    突然、心の病を患った人を見かけたら、家族等が適当に病院を選択しているのではないでしょうか?
    家族等が心の病を患った人抜きにその人の事を決めていませんか?
    「私達抜きに私達の事を決めないで下さい」という言葉を忘れていませんか?
    病院は命に関わるので、病院の選び方は慎重にして下さい
    病院の選び方によって、人生が左右する

    投稿日時:2017年10月18日 20時14分

    コメントを見る(現在1件)new

  • 提案

    わたしがこのトピックを読んで疑問に感じること
    mamo さん /
    記事ID: 63987

     わたしがこのトピックを読んで最近疑問に感じることがあります。
     日本の精神科医療には身体拘束や長期にわたる入院、向精神薬を沢山服用させるなど問題が多いのは事実です。しかし、このトピックに投稿される方のなかには精神科に掛かっている方も少なくないと思います。その方々は現在、どの様にして精神科病院や精神科医と係わっているのでしょうか。信用出来る精神科医に掛かってないのでしょうか。また、精神科は信用出来ないので精神科への通院はしてないのでしょうか。精神科医に頼らないと生きてゆけない人もいると思うのですが、どうでしょうか。
     わたしは日本の全ての精神科が信用出来ないということはないと思ってます。わたしも精神科を受診してますが、主治医はいろんな面で信用してます。でないと、わたしの病の治療は出来ませし、これから先も不安です。わたしは今の主治医はわたしのことを考えて診察してくれてると思ってます。
     精神科に通院している者として疑問に感じるのですがどうでしょうか。
     

    投稿日時:2017年10月16日 20時40分

    コメントを見る(現在4件)new

  • その他

    世の中には・・・
    諦めないさん / 熊本県 / 20代 / 適応障害を持つ聾者
    記事ID: 63971

    世の中には理不尽な事が多い
    精神科病院での身体拘束問題は謝罪するだけで済ませる話ではない
    時代に合わせた法律を作る
    永遠に法律が変わらないと、どうなるか分からない
    一人ひとりに他人を思いやる心があればいいけど、なかなか難しい

    投稿日時:2017年10月16日 14時13分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    日本全体の問題の縮図
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 63938

    自分の体験や思い「だけ」でなく、国際情勢・国際感覚、日本の異常な数字と実態、身体拘束のリスクや死亡・悪化・後遺症・トラウマなどの深刻な結果、被害者・遺族・寄り添う家族らの悲痛な訴え、看護師・家族ら関係者の苦悩などなど、「事実」に基づいてよく考えてみていただきたい、と再三お願いしてまいりました。そして、互いに違う立場・体験・意見などを尊重し合い、日本の精神科医療をよくして行こうという共通の目標に向かって、今後どのようにして行けばよいか、一緒に話し合っていきましょうと再三お願いしてまいりました。
    しかし最近、他のサイトで多くの人たちが、番組やこの掲示板を見て面白がって不謹慎なことを書いて流したり、自分の体験や見聞「だけ」に基づく自分の意見「だけ」を通そうとしたり、完全に他人事として「評論」したり「批判」したり、精神科患者や家族へのヘイトスピーチまがいのことを書いて流したりしているのを見ました。(もちろん、中には真面目な意見もありますが)
    こんな世の中で、自殺したくなったり、暴れたくなったりして、どこがおかしいのか、それを身体拘束して抑え付けることが本当に「治療」なのかと問いたいです。まして、暴れてもいないし自殺しようとしてもいないのに「いつ暴れ出すか、いつ自殺するか、わからないから、拘束は必要だ」しかも「人手が足りないから付き添えない」など、あまりにも理不尽・無慈悲です。カキコミする看護師のほとんどは、自分たちは危険にさらされている、大変なのだ、努力している、ちゃんとしている、好きでしているのではない、理解しろ、待遇を改善しろと主張するばかりで、患者や家族・遺族をディスる人たちも多いです。
    本当に日本人やめたいです。
    身体拘束を特殊な問題としてではなく、日本全体の問題の縮図として、全体を見直すきっかけとして考えていくべきであると思います。

    投稿日時:2017年10月14日 21時41分

    コメントを書く

  • 提案

    生の声
    はなこさん / 30代 /
    記事ID: 63855

    入院体験、拘束体験の生の声を熱くお聞かせ下さりありがとうございます。

    特に複数の証言が集まる事は貴重なことだと思います。

    私を筆頭に、
    『知らない』無知無関心が多くの惨い現実を蔓延させ、
    『光をあてない』事が腐敗を根深くし、
    『完璧主義』に舵を切る事が、返って多くの諦めや怠惰を生む気がしています。

    身体拘束体験者もそうでない人も、各々自身の許す範囲で出来る事、したい事があるのではないでしょうか?

    直接の権限を持つ医師や直接携わる看護師も、
    教育や風潮、権力や思い込みなど『何かの力を無条件に肯定しなくても良い』事に気付き、
    自分の奥底の本音に今ひとたび、耳を傾けてみても良いのではないでしょうか。


    投稿日時:2017年10月11日 23時52分

    コメントを書く

  • 提案

    取り押さえと関係あるかも
    ゼロに目指してさん / 熊本県 / 20代 / 適応障害を持つろう者
    記事ID: 63848

    もし、あなたが医師か看護師になったら、数人の患者に何をしてあげられるの?
    悪いことをしたら、力ずく取り押さえられるので、身体的にも精神的にも苦しいから、死ぬかもしれない
    力ずく取り押さえないで、危害を加えられたり逃げられたりしたら、もっと厄介です
    自分を守る為、抵抗しても、力ずく取り押さえられる
    精神科病院での身体拘束は取り押さえと似ていると思う

    投稿日時:2017年10月11日 20時56分

    コメントを見る(現在2件)

  • 提案

    精神科って、何をする所ですか?
    ナギヒロさん /
    記事ID: 63837

    「精神科とは、心に悩みのある人を助ける場所」

    僕はそんな風に思ってました。
    でも実際に通院してみて、多くの違和感を持ちました。

    「なぜ君はちゃんと薬を飲まないんだ!」
    「副作用?変な噂を信用してるんだな、君は」
    ・・・など、僕が精神科で言われた言葉です。


    売上至上主義の精神科医は、保険点数を稼ぐため、
    薬の種類や量を出来る限り多くする方針を持ち、
    多くの患者を薬漬けにしています。

    その結果、
    少し休養すれば治っていたはずの人たちが、
    精神病患者として病名がつけられ、
    大量な向精神薬で脳内を薬漬けにされ、
    副作用との戦いの療養生活が始まっているのです。

    精神科に行ったせいで酷くなる人が多数いる事も知りました。
    それは患者の思いより、
    医師、看護師などの思いを優先させたからだと思います。

    多くの薬を与えて、精神科医が儲ける。
    多くの患者を抱えての売り上げ確保。
    危険人物を預かる事もあるけれど、身体拘束すれば良い。
    厄介な人がいれば・・・身体拘束。

    精神科って、何をする所ですか?

    投稿日時:2017年10月11日 10時49分

    コメントを見る(現在2件)

  • 呼びかけ

    閉鎖病棟 保護室 人体拘束
    いぬすきさん / 富山県 / 20代 / 成人
    記事ID: 63836

    入院していた期間の出来事です。私は統合失調症で救急車で運ばれ家から近いどの総合病院も大学病院も精神科病棟があいていなくて個人病院に医療保護入院になりました。すぐに保護室に入れられました。何が何だか分からずに恐怖と殺風景な部屋に対して孤独を感じた事を覚えています。そこで仲良くなった入院患者さんがいて、その方は水中毒でした。なのでか分かりませんが私は保護室にいる間水分を一日500mlの飲料しか与えられませんでした。水中毒を危険視してされた行為なのかもしれませんが、私はトイレの水を飲んでしまいたいくらい喉がカラカラでした。ちょうど真冬で暖房が物凄いくらい効いていて結局私はトイレの便器の水を飲んでしまいました。とても屈辱的だったことを今でも鮮明に覚えています。けれど看護婦さんに飲み物を下さいとどれだけ頼んでもたったのそれだけしか貰えませんでした。そのおかげでお茶下さい、お願いだからと頼んでも貰えることはできませんでした。血液検査もなく…鼻血も止まらなかった時がありそれは何が原因かは不明です。血液検査は薬の濃度を調べるために必須なはずです。感じたこと精神患者は人間ではないのでしょうか?医師や看護師はそんなに偉いのでしょうか。かつ自己の知識に酔いしれて過信し、流れ作業的的に患者さんと接して良いのでしょうか?私はその個人病院に退院してからセカンドオピニオンしてから今は病状がとても安定するようになりました。更に認知症患者の方もいたのですが、個室に鍵をかけて閉じ込められていたことも。知的障害者の方も拘束されていて。人体拘束は根本的な治療にならない!眠らすだけの筋肉注射も大反対です!

    投稿日時:2017年10月11日 09時01分

    コメントを見る(現在3件)

  • かなしい

    私たちの罪
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 63773

    先日、グループホームの世話人を務める友人に、この掲示板が消える前に一度見てくださいとお願いしました。数日後、彼女は入院すれば良くなると思って多くの利用者さんたちを入院させてきた自分を責めていました。私は、入院すれば良くなるのが当然ですから、そう思って入院させたことは当然です、と言いましたが、彼女はやはり心を痛めていました。彼女は、在宅の患者さんはひどく具合が悪くなって入院させてくださいと言っても、ベッドが空いていないからと拒否されることが多いのに、グループホームの利用者さんは大して具合悪くなくてもすんなり入院できるのを不思議に思っていた、と言いました。

    投稿日時:2017年10月07日 21時27分

    コメントを書く

  • その他

    精神科に入院経験をすれば凄惨な現実を目にします。
    人としてどうかと。さん /
    記事ID: 63674

    精神科は入口をきれいにみせ、入院病棟は人間としての生活をさせてもらいません。
    拘束されて具合が悪いから助けてといっても
    ナースも人数不足で大変だから
    と助けてはくれません。
    病室にはナースコールすらありません。病人は放置です。


    勤務態度を注意すると反省の色なく
    患者の心理状態の問題や症状の問題になり、申し送りでは
    患者の容体が悪くナースに暴言を吐く
    などという内容が医師に伝わっており、どうなってんだ?精神科病棟っていう職場は?!と思いました。

    追い出したい患者に対して嘘の申し送りなんて日常茶飯事。
    ナースが暴言を吐いて患者がPTSDになるなんて当たり前の状態です。

    医師も患者を大事に思っていないのか、病室には顔を出しませんし、ナースがそのような対応をしていても見て見ぬふりです。

    自分の大事な人がそんな対応をされて平気なのかと疑問に思います。

    ぜひ、医療者にも何か月間か同じ経験をしてもらって、どのような心理状態になるのか経験にしてから、仕事に従事していただきたいと思います。

    投稿日時:2017年10月04日 10時40分

    コメントを見る(現在5件)

現在のカキコミ191件中